スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ただ、ありがとうという気持ちで。

チカたんへの感謝状。 兼、祝辞のような感じ。


ほんとうは年明けて、落ち着いてから書こうと思ってたのですが
……書きたくなったら我慢出来ない性質なんですよ(爆)




「裏」 ブログを閉鎖する前、確か、雪ばら東宝楽の前後?頃に
どうして自分がミズコム苦手なのかを真剣に検討したことがありました。

……私、雪ばらミズドレverには食指動かなかったんですよねー(苦笑)

ムラに遠征して観た時から。 面白いけど、萌えもトキメキも無くて
全ツ 『銀の狼』 は自分的大ヒットだったのになんでだろー? と思って
考えて考えて、今のところ、私の中でミズコムは同性判定なんだろうな、と。
ミズコムと言うよりコムチカな感じ(笑) 男同士の方が、しっくりくる。
(けど中日レコラのタブーは大好きなんですよ何でか)(自分でも不思議)



でも、当時はその辺の理由が自分でもよく解っていなかったから。
――― 「裏」 で、けっこーキッツイ記事書いていた覚えが有る(苦笑)



舞台上の絡みは好きだけどトークだとコムちゃんがミズに冷たいからヤダとか、
コム担視点でならミズコム大丈夫だけどミズ担視点だと好きくないとか、
この先ミズコムトークして欲しくない、とまで書いた覚えがありますよ(苦笑)
今だから笑って話せるけれど。 でも今思うと、本っっ当にヒドイこと色々書いていた。
ミズドレに対する評価も低かったなー。 東宝版なんて薄いとか書いたし(爆)

でも。 こんな私に対して、チカたんのファンな方々は怒って反論するでもなく。

単に、放っとかれただけかもしれないんですけど(笑) でも上記の記事書いた時、
(トーク映像見て、ミズコムトークはもうして欲しくないとか書いた時ね)
「コムさんとチカさんは仲悪いわけじゃないから全然大丈夫ですよ!」
むしろ私を心配したメールを送ってくださった方がいらっしゃいましたね。
いらん心配をおかけして本当に申し訳なかったです。 ……と、同時に
あの時の私は未だ “雪のチカたん” に見慣れていなくて、頭が凝り固まってたので
意固地なお返事メールをしてしまったような気もしています。 ごめんなさい(私信)



因みに。 その記事をUPしていた 「裏」 はもう削除してしまったので
記事のバックアップを探してきました(笑) その一部を公開させて頂きます↓




トークショーとかの情報収集すると。 結構落ち込むんですよ、私。
コムちって本当にミズに容赦無いですよね(苦笑)
まぁ言いたい放題出来るってことはそれだけ親密なんだろうから
愛のある毒舌なら、ある程度は許容範囲ですよ。 むしろネタですよ。

うん、ある程度までならね!(笑顔)

私ね~~ミズ大好きなんですよ。 単品で愛しちゃってるの(笑)
雪に来るより前、宙組で孤軍奮闘してる時から大好きだったんです。
でもって私は結構アイタタなミズファンでございますので、
あんまりボロクソに言われてると、哀しくなるんですわ。 これでも。

     (中略)

なんちゅーか、前々からこっそり思ってたことなんですが、
ミズファンの方で 「コムちゃんも好き!」 て人、結構多い気がするけど
それって全面的にミズさんのお陰なんじゃないかと。

ミズが見るからに 「コムさん好き好き♪」 ビーム大放出だから
(※↑変な意味でじゃないですよ、念の為)
ファンの方もそれに引っ張られてるのが多分に有るんじゃないかなぁと。

     (中略)

ミズファンの方がコムちもセットで好きだと言ってくれるのは
その9割9分9厘が、ミズさんのお陰じゃないかという気がするので
ミズを好き放題にイジり倒してるアサミヒカル様は
良くも悪くもとっても度胸がお有りになることと思うのです(笑)





……この記事に書かせて頂いたこと、今でも変わらず、考えていたりします。

チカたんファンの方には、コムチカ好きってひとが多い気がするんです。
勿論、一概にこうだとは決めつけられないし、統計取ったわけでも無いし(笑)
今でも宙組のチカちゃんが好き、タカミズ最高!!て方もいるでしょうが。
ただ私がたまたま、そういうチカたんファンの方をお見かけする機会が多いので
ミズ担さんはコムちゃんを大事にしてくれてるよな~~って印象が有る。 勝手に。


とあるコム担様から聞いたお話で。 その方のご友人である、ミズ担様が
「雪組のナウオン見てるとコムちゃんがチカちゃんによく話を振ってくれて嬉しい」
そんな風に言ってくださったらしくて。 それ聞いた時、私の方こそ嬉しかった。
やっぱりね、雪組ファンとして、雪組を誉められて嬉しくない訳が無いっすよ(笑)
因みにそのミズ担様は、決して宙組の頃のナウオンが嫌だったと言われたんじゃなくて
……ただ、ホラ、当時の宙組はどーしてもタカハナ永遠の絆(笑)が有りましたので
真ん中ふたりがプロ意識を強く持って、ふたりで組子を引っ張ってく組だったから。
(そしてそれこそが当時の宙の魅力だったと思う)(常に安心して観てられる組だった)

それから、私がよく足を運ぶ先がたまたま、なのかもしれないんですけども、
ミズ担様のブログに行くと、サイドバーなんかにある “好きな生徒さん” の欄に
チカたんの名前とコムちゃんの名前が並んでいるのをよく見かけるので。
先日ついに迎えてしまいましたコムちゃんの卒業も、心から惜しんでくださったり
本当にね、あったかい記事をよく見つけるんですよ。 雪組さんに対しての。
もうひとつ。 妙に覚えているのが、ムラへのダテンシ遠征、確か3回目のとき。
隣りの席のミズ担様(休憩中の会話に耳傾けてると誰担かすぐ解りますよね)(爆)が
『タランテラ!』 のフィナーレ、大階段上りながら、客席を振り返るコムちゃんに
すごくたくさん、割れるような拍手してくださって、それに泣かされたこともあった(笑)



上に載せました記事の一部を、もう一度引っ張らせて頂きますが。

「ミズファンの方がコムちもセットで好きだと言ってくれるのは
 その9割9分9厘が、ミズさんのお陰じゃないかという気がするので」


……これねー。 書いた当時も今も、ほんとうに切実に思ってるんです。
チカたんがところ構わずコムちゃんにラブビーム(違)送っててくれてたから
コムちゃんがどんなに邪険にしても(爆)それで反感買うことも無く。



私はチカたんのお茶会に、ずうっと前から一度行ってみたいと狙ってて、
でも未だ目標達成ならずのままなんですが(雪ばらでトライするも定員オーバー)
『スサノオ』 のお茶会映像を戴きまして(多謝)拝見したことがあるんです。

凄いのホント。 チカたんてば、コムちゃんの話ばっか(大笑)

楽屋でのエピソードから頭の小ささ(笑)まで、熱く語りまくってくださいまして
イヤ、これコムちゃんのお茶会じゃないから、キミのお茶会だから!!みたいな(爆)
トークコーナーのみならずプレゼントコーナーでまでコムちゃんの名前出てたし。
雪組の楽屋についてもすごく楽しそうに話してくれてたし。 嬉しいやら楽しいやら。


チカたんが正式に雪っ子さんになってからは、コム→チカ邪険度が増したと言うか
コムちゃんがあからさまにかしちゃん贔屓になった気がしていたんだけれど
(当たり前ですが私の主観なので信じすぎてはいけません)(私にはこう見えたってだけ)
それはまあ、コムちゃんなりに組内のバランス取ろうとした結果かな、と思うんですが
コムちゃんがあからさまにかしちゃんに甘かったり、可愛がったりしていてもね、
チカたんは変わらなかったよなぁと。 その間に入ることも、離れることも選ばずに。

ずうっと、同じ距離でもって、コムちゃんを見ていてくれたのかな、って
そう思ったのはコムチカパリツアーの映像(これも戴きもの)(……)見た時かな。

VO5トークショーの時と、全く変わらない距離感のふたりが、そこにいた。
少なくとも私には、そんな風に見えた。 ごく自然に肩を並べて歩いているふたり。
コムちゃんはチカたんに甘えたり戯れたりして見せるわけでもなく、自然体で
そんなコムちゃんから目を離さないチカたんは特出していた頃と変わり無く見えて。


表面的にしか物事見られなかった、余裕の無かった頃には、気づかなかったけど
ファンの前で邪険に出来るなんて相当親密だよな。 ふつうに考えて。
だってメリット無いもんよ(笑) 逆に、仲良し♪な演出なら、する可能性有るけど
何十人、何百人に見られているトークで面と向かって笑いながら毒吐ける(爆)なんて
仮にも(え?)大人ふたりなんだし、ふつーの親密さくらいじゃ考えられない気が。

そうそう。 VO5トークショーの映像見た感想記事にも書いた覚えがあるけど、
チカたん、コムちゃんに対して、ときどきタメ口で話しかけることがある。
そういやこのふたり、歳近いんだったなーなんて。 それ聞いてて思い出したり。



私は、今はもう、コムファン名乗れないんだけども(まだ拘ってる)

でもね。 元コムファンとして、それから、雪組のファンとして、
今だから素直に言えるけど(爆)チカたんには感謝の気持ちでいっぱいなんです。




チカたんと、それから、コムちゃんの代の雪組を大事にしてくれたミズ担様にも。
誰が悪いわけでも無いんだけれど、ここ最近の雪組は色々とゴタゴタしてて
チカたんも色んな場所で色んなことを言われてしまったのを、知っているからこそ。

それでもコムちゃんについてきて支えてくれた、チカたんに。
それでもコムちゃんを大事にし、雪組を好きと言ってくれたミズ担様に。

本当に、ただただ、ありがとうございましたの気持ちでいっぱいです。
……それから、これからもよろしくお願い致します、の気持ちも同じくらい。




私も、チカたんが宙組の頃から(花組の頃からでなくて申し訳無いんですが)(笑)
チカたんがいつかセンターに立つ日が来ることをずっと楽しみにしていたので。
だいすきな雪組の中で、だいすきなチカたんが、どんな色を見せていってくれるのか
寂しさよりも、不安よりも、今は楽しみに思う気持ちが何よりも勝っています。


そんな訳で、遅くなりましたが、

水夏希さん、トップ就任、おめでとうございます。


コムちゃんからもらったバトンをチカたんがまた誰かに渡してくれる日が来るまで
チカたんと一緒に進化していくのであろう雪組を、見ていきたいと思います。
雪組が、客席のコムちゃんを悔しがらせるような組へと成長していくことを信じて。




スポンサーサイト
【2006/12/31 00:08】 | ヅカ系戯言(その他)。 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<2006年総括、及び2007年の観劇予定。 | ホーム | 放った弾の向かう先。(※改訂版)>>
コメント
トマさん、こんばんは。

「裏」読ませていただいたこと、あります。今知りました。
この記事を読んだ記憶が。(笑)
作品名で検索か、贔屓名で検索でこれまでブログを読んでいたので、次につながっていなかったのですね。当時共感した覚えがあります。

トマさんの揚げられたキーセンテンス、そうだと私も思います。

今回は、MYお気に入りに入れて、頻繁にこさせてもらってます。来年もトマさんの記事、読ませていただくのが楽しみです。
【2006/12/31 20:02】 URL | R #ukrlKbNk[ 編集] | page top↑

>Rさん。

こんばんは。 コメントありがとうございました。
「裏」 もご存知だったそうで。 嬉しいやら恥ずかしいやら、申し訳無いやらですが(汗)
贔屓名で検索……どなたで検索されたんでしょう(どきどき)
どこのブログもそうだろうなとは思うんですけども、
時々、私がろくに語ってないような検索語で来られてしまう方もいて
すっごく申し訳無い気持ちになったりもするので、ドキドキなのですよー。

共感して頂けたみたいで、とっても嬉しいです。
こう考えてるの私くらいしかいなかったらどうしようかと思った(苦笑)

お気に入り登録して頂けてるなんて光栄です!!
今年はほんとうにありがとうございました。
来年もよろしければ遊びに来てやってください。 大歓迎でございます♪


【2006/12/31 23:14】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
トマさん、はじめまして。
小紫あんこと申します。
ちかちゃんが雪組に特出したとき、
あみちゃんやはまこさんだけではなく、コムちゃんはじめ雪組の皆さんが温かくちかちゃんを迎えてくださったのが、
ファンとしてとてもうれしく思っていました。
ありがとうございます。
ブログに書いてると、結構ドキドキですよね(笑)

真剣に水夏希を語ってくださってうれしかったです。
ありがとうございます。

【2007/01/04 00:01】 URL | 小紫あんこ #zRNZUI6g[ 編集] | page top↑

>小柴あんこさん。

こちらこそ、初めまして。
ご訪問&お初のコメント、本当にありがとうございます!!

私の方こそ、チカたんファンの方には、雪ファンとして感謝の気持ちでいっぱいです。
(私のファンとしての立ち位置って解りにくいんですけどね)(すみません)
どうもありがとうございました。
チカたんが最後までコムちゃんをしっかり支えてくださり、凄く嬉しかったです。

これからチカたんの雪組が、どんな組になっていくのか
となみとのコンビがどんな感じになるのか(実はめちゃ楽しみです)
今後も力入れて見守りつつ、熱く語って行きたいと思ってます(笑)

……そう、ブログに書いていると、結構ドキドキなんですけどね(苦笑)

よろしければこれからも、遊びに来て頂けたら嬉しいです♪



追伸。

URLありがとうございました。 私も 『燃えよ剣』 読みました(笑)


【2007/01/05 22:39】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/95-aa38c82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。