スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
記事がひとつ消えている件について(笑)

昨夜UP致しました記事ですが、いったん地下に沈めました。
別に問題発生した訳じゃないんですが。 ちょっと考え中ということで。


心配してくださった方すみません。 私は元気ですんでご安心を(笑)




コメントくださってた方にはごめんなさいです。 このままお返事出来ないかも(汗)
でもどちらもきちんと読ませて頂いて、管理人としての責任は果たしましたつもりです。
いや、ちゃんとレスしろよ!!と思われた方はメルフォより直メしてやってください。
少し時間はかかるかもしれませんが、必ずお返事送らせて頂きますんで。

―― あ、戴いたコメントは誹謗中傷の類では無いので。 大丈夫ですよMさん(私信)
いつも心配ばかりさせてしまってごめんなさい。 そして、ありがとうございますです。




うーんと。 このブログの過去について、ちょっと書いてみたいと思います。

面白い話でも明るい話でもないので、ご興味無い方はこの先読まれない方が良いかと。
当ブログの、前身ブログの頃からの歴史と、ブログに対する私自身の考え方について。




先ず、当ブログの前身に当たるブログはふたつ有りまして。
「表」 と呼んでいた観劇感想ブログと、 「裏」 と呼んでいたヅカ関連毒吐き用(爆)
因みに 「表」 は未だココに残ってますのでよろしければご参考?までに。
「裏」 は完全閉鎖してしまったので今は無いです。 綺麗サッパリ削除致しました。
そして、このブログに移ってきました。 開設当初の1ヶ月間はパスワードで鍵をかけて。

何故このブログがパス制だったのか、 「裏」 に来てくださってた方々はご存知な筈ですが
始まりは “非公開コメント” だったので総てを把握されてる方は少ないかもしれない。
あの時戴いたコメントの内容については、ここに曝すようなことは出来ませんので
詳しくお話し出来ない部分も有るんですけど。 出来る範囲でご説明させて頂きますね。


キッカケは、 「裏」 に書かせて頂いた、宙組 『コパカバーナ』 の感想記事でした。
これも今改めて詳しく書くとまた後が恐い気がするので(爆)漠然としか語れないんですが
私はあまり良い感想が持てなくて、ネガティヴな方向で記事を書いてしまったんですね。
私自身は、宙組のかしちゃんや、かしるいや、新生宙組や、宙コパを否定したりとか
そんなつもりは毛頭無かったんですけど。 言葉ってのは難しいもんなんですよ(言い訳)
これから先、宙組にあまり食指が動かないかも、という類のことを書いたのは事実で
その書き方も悪かったんだと思います。 記事を読まれた方から、熱い反論を戴きまして。

反論は非公開で戴いたので、その内容をここに詳しく記載することは出来ないんですが。
星組版をDVDで見て私が大好きだと思った某役を 「嫌いだ」 と連発された方がいて、
もう1人の方からは、新生宙組を否定するようなことは書かないで欲しいと言われ、
心底厭になったと言うか、面倒臭いなと思ってしまったんですよ。 ブログ運営するのが。
それで 「裏」 を閉鎖し、 「表」 も閉めて、パスワード制でこのブログを開設しました。


厭だったのは、反論されたそのこと自体ではなく、その時に言われた内容です。


私には私なりの “運営ポリシー” みたいなものがあって、それは貫いていたつもりでした。
毒や暴言は 「表」 では絶対に吐かず、入り口に警告を付けた 「裏」 にのみ書いて
書く時も必ず 「○○ファンは読まないで」 「この作品がお好きな方は立ち入り禁止です」 と
記事の頭に更に警告文を付け、内容部分は折り、クリックしないと読めないようにして。
毒入りの記事を読むかどうかは読み手さんの判断に任せるという姿勢を貫いていました。
半分は、読み手さんがうっかり読みたくもない記事を目にする可能性を避けるため。
もう半分は保身のため、でしたが。 記事を読む際の取捨選択は読み手さんの責任という。

けれど、その反論を戴いた時、私のポリシーとは真っ向から対立することを言われました。
警告しようが記事隠そうが、オープンな場所に置いている以上、そんな対策は無意味だと。
誰もが読めるということを常に自覚して記事を書いて欲しいと。 そんな風に言われました。


困ってしまった。 だってそれじゃ、何も書けないと思ったから。

何が暴言か、何が言って良いことで、何がいけないことなのか。
そんなのは人によって違って当たり前だから。 何も書くなと言われた気がして。


だから私は、毒を吐きたい時には、自分に出来得る限りで気を遣っていたつもりでしたが
それも無意味と切り捨てられ、こういうことは書くな、ああいうことは書くなと言われ。


私が私自身のポリシーを貫けないのなら、ブログを続けていくことは出来ないな、と。
そう思ったから閉鎖に踏み切りました。 話し合っても解り合えないもんだと思った(笑)


それでもこっそりブログを再開したのは、やっぱり書くことが、ヅカが大好きだからで
そして、開設の際にはパスワードを付けて。 検索等からは来られないようにして
前身ブログからもリンクせず、お問い合わせくださった方にのみ、パスを送りました。
誰も知らないような場所でずっとひっそりと続けていくつもりだった。
今だから言いますけど、解禁する気も無かったです。 二度と地上には出るまいと。

白状しますが。 開設後1ヶ月にして解禁したのは、雪組さんの感想を書くためでした。
『堕天使の涙/タランテラ!』 があまりに不評と、コム担な友人様からお聞きして
色んなブログ巡ってみたらほんとに不評で(笑)中には駄作駄作と騒いでる方もいて
駄作と言いながら何度も観てる方を見つけた時には本っっ当に腹が立ちました。
で、自分が表立って綺麗な(※絶賛、の意に有らず)感想書いてやるぞ!!なんて
そんな厚かましいこと考えて解禁したんです。 とっても我侭な理由で申し訳無い(苦笑)


解禁したら、初めましてな方からもコメントやメール戴いたりして。
すっごく嬉しかったし、楽しかったです。 検索語をチェックする楽しみも知り(笑)
……でもその反面、また、パス制の時には無縁だった恐さも感じてます。
今のところ我がサイトは幸運なことに、苦情や中傷は戴いてないんですけど
私のお友達なブロガーさんで、拍手ボタンやらメルフォやらから
どう考えても不当な中傷としか思えない攻撃を受けてらっしゃる方がふたりもいる。
そのこと自体もすごく腹立たしいし、次は自分の番かもと思う恐さも有ります。

―― 本音を言うと、パス制にしていた頃が、ちょっと懐かしかったりもする(笑)

そんな訳で今、少し真剣に考えています。 今後このブログをどう運営していくか。
あのねー最近毒吐きたくって仕方無いんですよ(爆) 禁欲生活、限界間近。
でもね。 警告文付けて、記事折って隠して、自分なりに最大限の気を遣っても
そういう私の考えと相容れない方は絶対にいるもんだって、厭ってくらいに知ってるから。
私としては、私と考え方が合わない方には、ここに来てくださらなくて良いと思うし
他にたくさん有る、もっと素敵なブログさんに行かれたらどうかと思うんですけどね(笑)
現実はそうもいかないらしくて。 嫌いなブログに通われる、奇特な方もいるようですし。




ひとつだけ、○年間ブログ運営してきた者として、言わせて頂きたいんですけど。


管理人と読み手さんて、全然違うものなんですよ。 両方経験された方はお解りでしょうが。
読み手さんには、ブログを選ぶ権利、記事を選んで読む権利が有ります。
また、ブログを読み続けるのも自由なら、二度と読まないのも自由です。
けれど管理人は自分のブログから離れられません。 コメント戴けば全部読みます。
……この違いが伝わるかなあ。 私が 「裏」 を閉鎖した理由のひとつなんだけど。

読み手さんは、たとえば目の前に自分の好きな作品を貶した記事がひとつ有るとして
それを読むことも出来るし、読まないことも出来るんです。 選択の権利が有る。
けれど、読み手さんが、自分の嫌いな作品を絶賛しているブログを発見したとして
そこの管理人さんに 「そんな駄作、大嫌い!」 とコメント or メールを送ったとすると。
管理人は、それを読まざるを得ないんですよ。 選択権は基本的にありません。
(勿論、ブログの数だけ管理人がいるので華麗にスルーされる方もいるでしょうけど)


それから、これもブログによりますけれど、非公開でコメントを送る機能が有る場合。
投稿される読み手さん側は、自分のHNやコメント内容を非公開にすることが出来ます。
けれど管理人には出来ません。 公開するという責任を負ってレスをする訳です。
……だからどうって話では無く(笑)それが良いとか、悪いとかは思わないんですよ。
ただ、その違いを管理人側と読み手側がお互いに理解しておくだけでも
ブログ内におけるトラブルってのは大分減るんじゃないかと私は思うんです。

哀しいのは、非公開コメントにしろ、拍手ボタンにしろ、悪用する方がいるということ。
恥ずかしいからとか、そういう愛らしい理由で使われる方が多いんですけど
反面、自分の素性を隠して管理人に攻撃するために使われる方も、どうしてもいる。
そして、そういう一部の方が、一部とはいえ確実にいるという事実のために
私のよーにトラブル経験のある臆病者は、過剰に反応してびびってしまったりする。




当ブログの名前を改めて見ると、皮肉なネーミングだったなぁなんて思います(苦笑)


でも、これこそ情けない話ですけど、 selfish に振舞う度胸なんて私には無いですよ。
どんなに言葉を尽くしても、それが悪意としか受け取られないことは有りますし
それに、警告文を付けて、記事を折って隠して、どんな対策を講じたって、
何をしてもここがオープンなことには変わり無い、それは確かに事実であって
そして、何かが起こった時には気遣いもポリシーも、みんな 「無意味」 なんですから。




話が飛び飛びで、自分でも何を言いたくて書き出したのか、段々解らなくなってきた(爆)


言いたかったのは、

昨晩UPした記事を消したのは、過去のトラブルを思い出したからだということと、
今のところは中傷も攻撃もされてないのでご安心ください、という私信(爆)と、
それから今後、このブログをパス制に戻すか真剣に検討中です、ということ。 でした。

……なんか、またしてもあんまり通じていなさそうな記事ですね。 申し訳無い(汗)




ブログの今後につきましては年が明けてから決めたいと思います。
今はまだ1日20枚のノルマ続行中なので(何やってんだ自分)(つか増えてるし)
その辺がひと段落するまでは何もする気になれません。 気が回らない。


……あ。 雪組さんのサヨナラショーについては、年内には何か書きたいです(希望)




スポンサーサイト
【2006/12/29 00:11】 | 戯言。 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<あ、そうだ。 | ホーム | 常にマイナー街道爆走中。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/29 20:38】 | #[ 編集] | page top↑

>Rさん。

はい、こんばんは。 コメントありがとうございます♪
そして、再度のご訪問、感謝感激の至りです。

例の記事は、削除と言うか、地下に沈めただけなのですが
要は表示をオフにする状態なので同じよーなものですね(笑)
今回の記事はご理解頂けたみたいで良かったです。
沈めた記事は、今にして思えばかなりテンパった頭で書いたので
自分で見直した時には意味解ったんですけども(そりゃそうだろう)
客観的には解りにくい記事だったかも、ですね。 すみませんでした。

で、沈めた記事ですが、リベンジ編をUPしてみました(爆)
また解らないところありましたら是非とも教えてやってくださいませ。

ところで、Rさんの周辺では、 『堕天使』 好評だったそうで!!
嬉しい情報ありがとうございます(笑) ちょっと安心致しました。
私はアイタタな雪組ファンなので、やっぱり良い感想が嬉しいです♪

【2006/12/29 23:40】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
トマさん、こんばんは。
改訂版、力作ですね。トマさんの伝えたいこと、よくわかりました。そして、共感できます。

私もネットを見ていて思うことがあります。
それは、ネットで誰かを叩くというのは、天に向かって唾することだと。そして、声だかに言われていることが、みんなが思っていることとは限らないということと。あと、ネットでどんなことを言われようと、そのジェンヌさん自身から発せられる言葉や態度から伝わってくることのほうが強いということと。


【2006/12/30 21:09】 URL | R #ukrlKbNk[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/31 00:03】 | #[ 編集] | page top↑

>Rさん。

こんばんは。 再度のコメントありがとうございます。
今回は一発で理解して頂けたみたいで、とっても嬉しいです。
またテンパった文になっていたらばどうしようかと(笑)

そうですね。 どれも、仰るとおりだと思います。
ネットって顔が見えない世界なので、表情などのカバーが外れるぶん
どうしても感情が剥き出しになりがちなのが恐いところで。
無責任に人に迎合せず、自分を信じていくしかないですよね。
でも、自分の意見を “絶対” なのだと過信しすぎてもいけない。

むずかしいものですね。

普段、これでも気をつけているつもりではあるんですけど
自分の言葉が誰かを傷つけること無いよう、願ってやみません。
悪意が無くとも誰かと衝突してしまうことは有るので。

顔が見えない相手にも、思いやりを忘れずにいたいですよね。




>Kさん。

先日はコメントレスが遅くなってしまって申し訳無い(汗)
いつもご訪問本当にありがとうございます♪

いや、実のところ私、ものすっっごくワガママですよ(苦笑)
お客様にはよく過大評価して頂くので、しばしば恐縮なんですけど
いつでもワガママに、自分の主義を貫いているだけの話で
……それを曲げられないからトラブル招いてしまうのかもですが(爆)

でも、そうですね、私もブログは日記のようなものと考えてるので
日記に愚痴るくらい好きにさせてくれって思うこともあります(苦笑)
今のところは、ありがたいことに、反論も非難も受けること無く
好き放題に書かせて頂いていて、しあわせだな~って思ってるのですが。

うん、そういう訳なので、私は結構大丈夫なんです(笑)
世の中には何万というブログが存在してると思うんですけど
私ほどお客様に恵まれてる管理人、なかなかいないと思う(断言)
……ってくらいしあわせです今は。 皆様のおかげです♪

あ、DVD、カット無しなんですね。 良かった!!(諸手万歳)
私はまだ買っていないのですよ。 マイ楽以降、キャトレ行ってないので。
年が明けたらお財布握り締めて、久々に劇場に行きたいです(笑)

【2006/12/31 00:52】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/92-0e34a789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。