スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
可愛いひと。

Messiahさんにて素敵トウコあすか記事が有るとお聞きしたので
急いで行って参りましたらば、期待以上にドツボでした。

そんな訳で思う存分、トウコ様×あすかちゃん語り。
(間にチマチマと他組トプコンビさん達の話もまじえつつ)




あすかちゃん、可愛すぎるんですけど。


てゆーかトウコあすかコンビの、 “コンビの在り方” みたいなのが
何から何まで自分的に直球ドツボで困りますっっ!!(嬉しい悲鳴)
も~~っっ君達は組むべくして組んだベストコンビなんだよ、きっと!!
まだこの目で確認していないうちからこんな騒いでる私も阿呆ですが、
でもでもこんなにツボ揃いなの、ちょっと久しぶりだったから!!


そんな訳で、以下、サンケイさんのあすかちゃん記事から抜粋しつつ、
私的にツボな “コンビの在り方” について、自己満足的に語ってみます。




       *       *       *       




  ●「密かに夢見ていたけれど、あり得ないと思っていましたから」


「密かに夢見ていた」 !  「密かに夢見ていた」っっ !!

……も~~っっなんて可愛いんだ、あすかめ!!(大興奮)(落ち着け)

先ずはこの一言でしょう。 だって、密かに夢見ていた、ですよ?
密かに夢見ていたけれど、あり得ないと思っていましたから、ですよ???
そんな乙女ちっく発言をポロッと零しちゃうあすかちゃん萌え☆(黙れ)


私、コンビにしろ組にしろ、愛情だけでなく愛着持って見ていたい人間なので。
タカラヅカにいる生徒さん達は皆大好きだから、皆に愛情有るんですけど
愛着はそれなりの年数 or 回数を見て、積み上げていくものだと思うんです。

私の初恋ジェンヌであるぶんさんが、まひると組んだ時の新生コンビ対談で
「かなり前に、ぶんちゃんには紺野まひるって子が似合うと思うよって言われた」
という発言しててかなり萌えたんですが(笑)どうも私、そーゆーの好きらしくて。
なんて言うんだろう。 ふたりの間に “縁” を感じるエピソード、て言うか。
トウコあすかに関して語るなら、実は星コパDVD見た時から、私は勝手に
あすかちゃん、トウコ様と組めば良いのにな~~なんて漠然と考えていたので。
このふたりが組むと聞いた時には、そりゃもう信じらんないくらいに嬉しかったです。
(ってオマエの話かよ!)(そうですスミマセン)(だってだって嬉しかったのよ)


……あ。 要は、密かに夢見てたのは私もだ、って話ですね(自爆)





  ●「女性として尊敬できますね」


で、上記の 「夢見ていた」 発言に続けてトウコ様を語るあすかちゃん。
これがもう、あすかちゃんて語彙が豊富ですね、て感じに形容詞の嵐。
何? あすかちゃんたら早々と張り切って 旦那様自慢??? (違)
舞台が素晴らしいのは勿論、冷静で優しくて面白くて、なんて色々言われてますが
私的にとってもツボだったのは、その締めとして言われた、この言葉。↓

「女性として尊敬できますね」

こーゆーの、すっごい好きなんです。 相手役さんを女性として尊敬する。
だって、いっくら舞台上は男女でも、オフじゃ女性同士なワケじゃないですか。
役柄抜きなのに男女ぽく振る舞われるとちょっと嘘臭い気がして苦手なんで(苦笑)
むしろ、女性として、或いは人間として、相手役さんのこういうところが好き。
……って風に言ってくれる方が好きなんですよ。 直球に響いてくるんで。
たぶん私が、オフの男役さんに “男役らしさ” は求めないからだと思うんですが。

過去に覚えている限りでは、となみ、まーちゃん辺りが似たような発言してたかな。
女性同士で男女(しかも親密な)を演じる時、どんなにその役に没頭したって
同性同士である以上、どうしたって “男女の絆を作る限界” が有ると思うので。
そういう時それを補って見せられるのって、人間同士の絆だろうなって思うんです。


舞台上のあやねちゃん→オサさんがあんだけ自然とラブラブに見えるのも、
あやねちゃんが “役柄として” “男役の” 春野寿美礼さんに惚れる以前に
組子として、後輩として、オサさんを尊敬してるのが有るからだろうなと思います。
あやねちゃんも事有る毎に 「心から尊敬しているオサさん」 て言ってますよね。
(それを臆面も無く何度でも口に出すあやねちゃんが好きだー!!)(ハイハイ)





  ●「安蘭さんが漫画を贈ってくださったんです」


あのね、コレは 「漫画をくれた」 ってのがポイントなんじゃないんですよ。
(漫画がポイントじゃ餌付けみたいだもんな…)(言葉を慎みましょう<自分)

「安蘭さんが “こんな感じでどう!?” って、漫画を贈ってくださった」 の、
“こんな感じでどう!?” の部分が、私的にはドツボなポイントなんですよ!!


相手役さんに、ある程度干渉してくれる男役さんが好きみたいです。 私。


過去の例(※私の知ってる限り)で言うと、先ずは 『Practical Joke』 の時に
ダンちゃんに 「そんな女性は好きになりません」 って駄目出ししたマミさんとか。
ポート撮影時、くらりんのお洋服を一からコーディネートしちゃったリカさんとか。
ハナちゃんにいつか着せるべくワンピースを衝動買いしちゃったタカコさんとか。

男役さんが男性になりきって愛を表現するのって、すんごい難しいと思うんですけど。
そりゃ男性には女性的な部分も有るし、女性には男性的な部分も有るものだから
そういう、自分の中の男性的な部分を掘り起こして演技しているんじゃないかな、と。
だからその為に、自分の相手役を、自分の好みにより近づく方向へと矯正する。
……ってのは積極的にやってくれて良いと思うんですよ。 リアリティも増す筈だし。


ついでに。 ふたりで役作りしてますってお話を聞くとほんわかしますねー(笑)





  ●「その星組に戻れて、ホントにうれしいです」


あすかちゃんは星コパのお稽古集合日、わずか1時間で馴染んでくつろいでしまい
この組にいたい、ここが居場所だ、そんな風に思えてしまったのだそうな。
だから星組に 「行く」 「異動する」 のでは無く 「戻る」 という言葉を選んでいる。

…………本っっ当に、かっわええ……!!(身震い)(感動)

もしも私が星担だったら。 こんなこと言われたら号泣しますってば!!
たった一度の出演で、こんなにも想い入れてくれてさ。 熱く語ってくれて。
私は言わずと知れた雪担ですが、 「歌劇」 の 『堕天使』 座談会で
ひろみちゃんが 「すっかり雪組に馴染んじゃって…」 とか言ってくれてて
めちゃくちゃ嬉しかったもん!! あーもー、ひろみちゃん大好き!!
(あ、今、なんで自分がひろみちゃんに激甘なのか解った)(私って現金…)


それにしても、あすかちゃんの、 「ここが居場所だ」 という言葉
それから確か今月号の 「歌劇」 で言っていた 「組子に戻れるのが喜び」
……専科に異動になった時の不安さが、ひしひしと伝わってきますです(ほろり)
きっと心細かったんだろうなあ、あすかちゃん。 突然に所属組が無くなって。
満を持してのトプ娘役さん内定。 ほんとうにほんとうに良かったね。




       *       *       *       




思えば、じゅりぴょんが卒業してしまい、あやねちゃんが抜擢された時。
あすかちゃんはもうトプさんにはなれないんじゃないかと思いました。
娘役さんの人事は男役さんほど順当にはいかないから。 旬だって長くないし。
男役さんの人事に、実はかなり左右されると思うんですよね。 娘役さんは。
私はじゅりぴょんがトプさんになったら相手役はあすかちゃんだろうと思っていたし
オサさんとは合うと思ってなかったけど(爆)組む可能性は有るだろな、と。
だからその両方の可能性が消えた時、あすかちゃんのチャンスも失われた気がした。


日生劇場で 『Ernast in Love』 を観た時は、ほんとうに、悔しかった。
コンビを組む為に生まれてきたんじゃないかって思えるくらいに
そんなにも似合っているふたりが、どうして並んで真ん中に立てないのだろう。
それがただただ惜しくて、悔しくて、哀しくて寂しくてならなかった。

『洛陽のパレルモ』 を観た時は、ゆみこちゃんとのコンビに思いの外ときめいた。
あすかちゃんて、結構、誰とでも合うのかも。 そんな風にも思ったりした。
私の中で、じゅりぴょんとのコンビはさすがに超えなかったけれど、
何よりもあすかちゃんに、少しでも早く、絶対にトプさんになって欲しいと思った。


そして、今年の8月。 発売日に買ってきた星コパのDVDを見て。
これだッッ!! …と思ったのですよ実は。 トウコ様と、あすかちゃんに。
お稽古場からもう対等に肩を並べて、楽しそうに演技してる、あすかちゃんに。
こんな伸び伸びお芝居してるあすかちゃん、久々に見たような気がして。

……もしかしたら、タニあすか見た後だから余計にそう見えたのかも、だけど。
(タニあすか好きな方ゴメンナサイ!!)(でもあの2人は限り無く微妙だった…)


まだきちんと組んでるふたりを観てもいないのに、何言うか、て感じなんですが。


組むべくして組んだのかもな、って思ってしまうんですよね。 ついつい。
トウコ様は誰にでも上手く合わせられるひとで、あすかちゃんも割とそうだけど、
でも私は、凄く個人的な意見なんですが、トウコ様がトプさんになる時には
相手役さんは若手抜擢とかじゃなく “出来る娘” が良いなとなんとなく思ってて。
全ては私の勝手な主観なんですけど、トウコ様ってお姉さん肌な印象があって
あんまり若手の子と組むと頑張りすぎちゃうかなーって、そんな気がしてたので。

『雨に唄えば』 のトウコ×ウメも、 『龍星』 のトウコ×みなみも好きだったけど。
でも、なんとなーく、もっともっとトウコ様、やりたい放題でも良いのになと。
そんな訳なので星コパのDVD見た時には、あすかちゃん好きな視点としては勿論、
トウコ様好きな視点としても、あすかちゃんは理想のお相手かも!! と思ってみたり。


……っていう話を、夏では無く、何で今更のよーにしているのかと言うと、
『コパカバーナ』 は続演モノなので。 星組ばっか持ち上げるとアレかなと…。
特にあすかちゃんは両方に出てらしただけに、話題に出しにくかったんです。
もう時効と思って言いますがタニあすかはナシ判定でしたゴメンナサイ(深々)




そんな訳で年明け観劇の 『ヘイズ・コード』 が今から死ぬほど楽しみです。
期待しすぎると自爆しやすいので落ち着けよ自分、とは思うんですけど
でも期待しまくって行って、その上を突っ走られたオサあやねの前例も有るので
今回ばかりは素直に楽しみにしておいても良いかな、と。 ふふふふふ(恐)


なんにせよ、 “コンビの在り方” としては私的に超理想的なふたりです。
これからこのふたりの記事とかインタビューとか読めるのがすっごい楽しみー☆




最後に。 サンケイさんのあすかちゃん記事、いちばん下に載せてくれている
トウコ様とあすかちゃんの並びがあまりに馴染みまくっていて素敵です!!
コンビ組み立てとは思えない距離感。 ナチュラルに美男美女ですわー(ほれぼれ)

個人的には、トウコ様の 「美人だろ? 俺の女」 的な笑みが堪りません(絶賛)

私ねー娘役さんにニコニコ優しく微笑んでくれる男役さんは大好きなんですけど
それよりずっとときめき感じるのが、こーゆー自信満々な顔なの(笑)
「これ俺の女」 な自信と余裕でもって相手役抱き寄せてんのとか最高です!!
自信って何よりもひとを輝かせるよなと思うんで。 亭主関白万歳主義(意味不明)
だからこそ男役さんはより格好良く、娘役さんはより可愛く見えると思うのです。


解りやすい例を出すなら、アレですね。 雪ばらのラスト。 天国の場面。
コムカル様を迎えにくるアンドレ、私は計4人(※含むDVD)拝見しましたが
ぶっちゃけ、ときめいたのは1人だけでしたわよ。 誰とは言いませんけども。
(言わなくてもバレてると思うし)(だからこそ言いません)(半ば意地です)

あと、オサあやねも私的にはこんな感じです。 亭主関白万歳主義(笑)
オサさんはあやねちゃんにベタ惚れで、甘々で、デレデレしてる(失礼)けれど、
「あやねは俺の女だから」 な自信満々っぷりが時々見える気がするんですよ。
そーゆーのが、妙な生々しさと言うか(爆)リアリティを感じさせて好きなんです。



それにしても、トウコ様の横にいるあすかちゃん、ふんわりした顔してるなあ。



あすかちゃんて正統派でありながら少しの鋭さを持ってる気がしていたけれど。
もしかしたらそれがイイ感じに取れて、丸くなってきたかもしれないな。
だとしたら個人的には良い変化に思える。 正統派に鋭さは、要らない気がするから。

ふんわり微笑んでるあすかちゃんはひたすらに可愛くて、見惚れてしまったよ。

今まであすかちゃんのことは美人だとか達者だとか、色々言ってきたけども。
“可愛い” をこんなに連発したのは初めてかもしれない。 でも可愛いんだもん(笑)
ほんとうに、うっかりトウコ様を羨みたくなるくらい、今のあすかちゃんが可愛い。




スポンサーサイト
【2006/12/10 18:20】 | ヅカ系戯言(その他)。 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<帝国劇場より帰宅中。 | ホーム | 近状報告のような。>>
コメント
コムバンハ!
うちのブログにわざわざコメ残してくださってありがとうございます・・!コメレスしたんで見てあげてください(ペコリ)

わたしより詳しくあすか嬢について語っていただきありがとうございますー
楽しく共感しながら読ませていただきました☆

ええと、まずあすかさんと組む男役さんの話です。
とうこちゃんと組むまでじゅりあすの次に評判が良かったのがゆみあすなんですよー☆実はパレルモ以前からちょこちょこ組んでます。がっつり組んでるのはバウの「NAKED CITY」なんですが、これおすすめですねー。わたし実はゆみあすが大好物なのでビデオをちゃんと持ってます(笑)
ショーではレビュー誕生の中詰めとかエンターザレビューのフィナーレのデュエットとか組んでます。

わたし基本的にじゅりちゃん・とうこちゃん・ゆみちゃんて何かカテゴリーが同じな気がするんですよね。何がとは上手く言えないんですけど何か似ている気がして。ちゃんと説明できるようにまた考えておきますね(苦笑)

自信満々にとうこちゃんができるのはあすかたんを信頼してくれてるからこそですよねー。
春野さんもそうですよ。春野さんだいすきですからねー桜乃さんのことが(爆)
波長が合う、ってことが実はトップコンビにとってはかなり大切なのかもなーと考えさせられる今日この頃です。

でもコムまーはコムたんが自由に突っ走ってるのにまーちゃんがひたむきに着いていくのがすきですー(笑)でもちゃんとコムちゃんはまーちゃんを信頼してくれているってわかるからいいんですよねー☆
あーコムまー本当すきです(笑顔)
【2006/12/11 00:33】 URL | おりん #-[ 編集] | page top↑

>おりんさん。

レスが大変遅くなってしまい申し訳無いですー!!
本当にすみません。 こんな丁寧な長文戴いておきながら…!(自分を強打)

ゆみあすは私も大大大好きです☆(はぁと)
っつっても私は 『パレルモ』 くらいしか拝見していないのですが。
『NAKED CITY』 は本当に素敵なゆみあす作品だったそうで
私は未見なんですよ。 無理してでも観に行くべきだった…!!(悔)
じゅりあすはもう、伝説ですよね(真顔)(大真面目)
私の中ではトウコあすかとは別枠で、不動の伝説として成り立ってるので
あすかちゃん、じゅりぴょんを忘れちゃったのっ? 寂しいーーっっ!!
…とかいう感覚は私の中では無いらしいです(現金)(つか節操ナシ?)
すみません。 つくづく都合の良いオンナだと自分でも思いますです。

でもじゅりぴょん・トウコ様・ゆみちゃんが同カテゴリーに入るというのは
なんとなく解りますよ! 関西トリオですね!!(んな簡単な)(嘘ですゴメンナサイ)
…いや、でも本当に “なんとなく” なら解る気がするんですよ。
私も今度きちんと説明出来るように考えておきますね。 感覚人間で申し訳無い。

そうですね、波長が合うのが大事…その通りかもしれません。
コムまーは波長が合うと言うより、ふたりの目指すコンビ像が合うと言うか
お互いに同じ方向をきちんと向いているんだな、と思うようになりました。
コムまー好きと言って頂けると嬉しいです…私も大好きです!!(便乗)(こら)


【2006/12/15 23:11】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/80-030e6985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。