スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
書き逃してきたことを色々。@雪組 『堕天使の涙』 感想。

東宝観劇3回目(5日昼)の感想。 覚えている限りで。


思ったまんま・感じたまんまにつらつらと書き連ねてるだけなので
まとまりはあんまり無い感じです。 読み流し程度にどうぞ。




話が飛び飛びになるのも申し訳無いのでプチ目次を。↓

・エミール@コマちゃんは何者か。
・本日のサリエル@テル。
・本日のニーナ@舞咲。
・実花たんチェック。
・わんこちゃん(=白帆凛くん)のこと。
・本日のコムまー。




       *       *       *       




   ●エミール@コマちゃんは何者か。


東宝3回目、通算12回目の観劇にして初めて気づきまして
むしろ今までなんで気にならなかったのかな、という話なんですが。

エミール@コマちゃんて、何してるひとなんでしょーか。

出番は主にハマコ・いっぽ君・おっきー・せしるとの団体行動ですが。
アンリ@ハマコは脚本家、エドモン@いっぽ君は作曲家、
オーギュスト@おっきーは舞台装置担当で、シャルル@せしるは衣装係。
……エミール@コマちゃんは一体何をしているんだろう(ぼそ)


エドモンが作曲家なのは勿論、アンリやオーギュストにだって
それぞれがどんなお仕事をしているのかすぐに解る台詞や振りが有る。
エミールは彼らと一緒にいるのに、何をしてるのか解らない。
エドモンが作曲に行き詰まっている横でアンリが脚本を叩いたり、
オーギュストが紙にぐしゃぐしゃ書きをしたりしている時、エミールは、

………… 煙草をふかしている んですが(小笑)

私が見落としているだけなのかな。 彼が何者なのか、本当に解らない。
キャラクタの立ち位置が謎と言えばカミ―ユ@アミたんも微妙なんですけど、
彼女はエミールとは違って、仕事場には出て来ないから。 社交の場だけ。
エミールはアンリ達と一緒に仕事場にいるのに、彼一人何をしてるのか解らない。


もしかして、もしかしなくともただのパトロン? とか思う今日この頃(爆)


しっかしあのメンバーの中で台詞もろくに無いのに、埋もれないのが心底凄い。
コマちゃんは私が、入団当初から目をつけた初めての方ですが(だって可愛いから)
当初の期待とは全然違う方向に育ちつつある辺りに更なる期待が高まります。

……あ、要はコマちゃんが大好きなんだというお話です。 それだけ(笑)





   ●本日のサリエル@テル。


本日の、と言うか、東上してからの、と言った方が正しいんですけど。

パリの街角で、ルシファー@コムさんが娼婦に声をかけられて
これ見よがしに別の娼婦の肩を抱いて去っていく場面で、
サリエル@テルがニヤリ笑いをしなくなりました!!(淋)

なんかねー、客席の方向いて、どこかに想いを馳せるようになりました。
毎回あの鬼畜ニヤリ笑いを楽しみにしてたのになあ(悔)(まちがった楽しみ方)
それにしても、そんな小芝居が入るようになったにもかかわらず、
サリエルのキャラクタが未だにいまいち不明なのはテルの持ち味なのか何なのか。


せっかく想いを馳せてる顔してるのに、何考えてんのかさっぱり解んない(笑)


……そんなテルが大好きです。 それでこそテル(テルに何を期待してるんだ俺)





   ●本日のニーナ@舞咲。


ルシファー様@コムさんに 「貴女は男の憧れ」 と評されて
「本当っ?」 と答える調子は大人しくなってきちゃったのですが、

イヴェット@さゆちゃんイジメは明らかに やり過ぎの一途 です(大笑)

倒れ方とか、あからさま過ぎ!! 解りやす過ぎて素敵!!(※誉めてます)
何て言うか舞咲嬢は本っっ当に舞台演劇向きだなと思う私です。
舞咲が倒れる瞬間はきっと立見席から初見してもわざとなんだと解ると思う。


雪組からアミたんがいなくなったらどうしよう、と真剣に思ってたのですが
舞咲がいる以上アクの強い娘役には決して困らないことを実感してます(現在進行形)
歌えるし踊れるし可愛いし芝居濃いし、組にひとりいると嬉しい人材ですよね。

……舞咲って呼び方も何なので、今後は ヒメたん とでも呼ばせて頂こうかと(真顔)





   ●実花たんチェック。


……を、実はしているんですけどね。 ムラ遠征時から。 書いてなかったけど。

実花たんのお芝居はやり過ぎずにナチュラルなので個人的には大好きです。
今回は、バレリーナのひとりと、それからパリの街の女を演じています。
街の女役では台詞が有ります。 教会に運ばれたリリス@まーちゃんの噂話で
「罪深い生活をしてきた報いだよ!!」 とバッサリ一言(笑) 素敵です。
バレリーナ役は台詞無しですが、チマチマ登場しては小芝居されておりますよ。

―――― 以上、実はご贔屓娘役さんな愛原実花ちゃんの宣伝でした(爆)


娘役さんと言えば。 私、いつも言うてますが娘役さん溺愛主義なので
公演毎自分なりにチェックしてるんですけど今回も俺好みの娘発見です!!
5日にやっとパンフ買ったので(遅)ようやく名前が解ったのですが、

愛加あゆちゃん でした。 ……新公でイヴェット演った子でしょーか?

仮装舞踏会で、黒いドレス姿につけ耳付けてるのを見てひとめぼれしました(笑)
イイ感じにぽちゃっとしてて、丸顔で、ちょっぴり童顔でかわいーんですよう♪





   ●わんこちゃん(=白帆凛くん)のこと。


白帆凛くんのことを、密かに “わんこちゃん” と呼んで愛でております(笑)


“わんこちゃん” の由来は雪ばらDVDです。 凛くんは衛兵隊員なのですが、
オスカル隊長がパパに殴られた後、アラン@チカたんがパパに向かって
「あまり隊長を叱らないでください」 と静かにお願いしている時に、

後ろに映っている凛くんが、泣きそーな顔で、一生懸命頷いてるんです。

それがもー、めっさ可愛いんですよ!! すんごい一生懸命に頷いてるの!
アランの言葉に合わせて、うん、うんって何度も何度も首を縦に振ってるの!!
その様が可愛くて可愛くてわんこのようで、即座に “わんこちゃん” 命名決定。
母と2人、DVD見る度に 「わんこちゃん最高!!」 と言うてたんですけど。


その、わんこちゃん こと 凛くんが、今回やけに目に入るんですわ(笑)


先ずは、冒頭の “出し物” が終わったあと。 招待客であろう貴族の内のひとり。
「こんな踊りは嘗て見たことが無いいィッ!!」 ととても張り切って一言。
若干気合入りすぎな気もするんですけど、わんこちゃんらしいな、とも思ってみたり。

それから、パリの街角に何度か現れる、愛人を連れた貴族なんですけども。
個人的に面白いなと思ったのが、この貴族、全部、毎回、凛くんなんですよね。
つまりは一度目に現れて、クリスマス募金にお金を入れる善意の紳士と、
二度目に登場して花売り娘のお花を道端に投げ捨てる男とは、同一人物なんです。
些細なことっちゃーそうなんですけど、ムラではコレ↑に気づかなかった私的には
こういう細かいとこでもひとりの人間の善意と悪意が表されていて面白いな~と。


そういや、全然関係無いんですが、あの 「クリスマス募金」 のノリ
かの 『クリスマス・キャロル』 の冒頭を思い出すのは私だけなんですかね?





   ●本日のコムまー。


やっぱり 「光のパ・ドゥ・ドゥ」 は2階席から観るのが最高です。
この日はかなりフライングで泣きが入ったので母に呆れられました(苦笑)

で、そろそろ私の見方にも電波入ってきたよーな気がするんですけど(爆)


この日は。

リリス@まーちゃんが、ルシファー@コムさんの羽に見えました。 私には。


ふたりで踊り始めた辺りから、ふたりが今までより一体化して見えてたんですけど。
舞台真ん中で、リリスがルシファーの背中に寄り添うようにくっついて、
ルシファーがそのまんまの体勢で膝を少し折って回るところがあるんですが
(すげー解りにくい説明で申し訳無い)(伝わる気がしない)(脳内映像見せたい)
あそこで、腕を広げてルシファーに寄り添うリリスが、白い翼のように見えて。

今までは天使がふたり踊ってる!!て感じに見えていたんですけど(既に電波)、
その日はなんだか、ふたりがセットでひとりの天使なんだな、という風に思えて。
リリスはルシファーの “救い” であり、同時に “羽” でもあるんだなあ。 と。
そう感じて、……まあ結局泣かされるっつー結論には変わり無い訳なんですけど(爆)


ラストシーンで、ルシファーが地上で出会った人間達に想いを馳せる時、
リリス@まーちゃんにだけ少し違ったスポットライトが当たっているのが好きです。
あの場面は地上=ヅカ世界=雪組という小憎たらしい演出だと思うんですが(笑)
まーちゃんだけが周りの皆とは違ったスタンス、特別な目線でもって
コムさんを見てくれていたことが表されているようで(電波受信)胸が詰まります。




       *       *       *       




……とまあ、今回は今まで書き逃してきたことを中心に書いてみました。

コムまー語りは今までも散々書いてきたんですけどやっぱり外せません(笑)
これまで、コンビならではの力を発揮出来るよーな作品に悉く当たらなかったコムまーが
最後の最後にこんな素晴らしいコンビっぷりを見せつけてくれてるのが嬉しすぎるので。


さて。 手元にはもう東宝チケットが無いので、あと何回観られるかは解りません。


せめて中継だけでも観られないと死んでも死に切れない気がするんですがね(苦笑)




スポンサーサイト
【2006/12/08 23:37】 | ゆきぐみ観劇日記。 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<近状報告のような。 | ホーム | ものすっごい私信なんですが。>>
コメント
トマさん、初めまして。
時々寄らせて頂いてる雪組ファンです。
えと、エミール@コマちゃんの役どころですが、確か照明担当さん(もちろん実際にライトを動かす人じゃなくてプランナー的な立場かと)という設定だと聞いた気がします。
…でもソースをすっかり忘れてしまいました(´・ω・`) 話半分にしといて下さい。
【2006/12/09 01:46】 URL | もさきち #S3NWFQqI[ 編集] | page top↑
どの雪ん子ちゃんへのコメントも
そうそう壮!!と頷きながら読んじゃった所をみると、
私はやっぱ雪ヲタだな…なんて思いました。

「わんこちゃん」目につきますよね~
堕天使ではラストに下手銀橋の付け根の辺りで、子どもたちにクリスマスプレゼントを持ってくるパパの役をしています♪鬼畜にニヤリ(していた@過去形)サリエルさんのシーンで募金する紳士もわんこちゃんですよね?
…って私もどんだけわんこマニアなんだよ(笑)
あみたんは確かハマコの愛人という設定だったような…
違ってたらごめんなさい(汗)

では♪トマさん、イブまでコムちと頑張ってください!
私は火曜日までかしちと頑張ります!(…って何をだよ(笑))
【2006/12/09 14:49】 URL | さなみこ #fHTsidRs[ 編集] | page top↑

>もさきちさん。

いらっしゃいませ!! お初の書き込み、ありがとうございます。
私も雪組大大大好きなので、雪組ファンの方大歓迎です☆

照明担当さん!! 言われてみれば私もどこかで聞いた気が…(嘘を吐け)
情報ありがとうございました(ぺこり) 話半分に、とのことなので
私もチマチマとソースを探しに行ってみようかと思います。

コメント嬉しかったです。 ありがとうございました。
よろしければこれからも遊びに来て頂けましたら何よりです♪




>さなみこさん。

頷きながら読んでくださったとのこと。 ありがとうございます。
そう言って頂けますと私が勝手に嬉しいです…!!

わんこちゃん、ラストシーンにも出てきていたのですね!(こら)(雪担失格)
ラストはコムさんとチカたんとテルの間をオペラが行ったり来たりしてるうち
視界がぼやけてきてしまうのでいつもろくに見れていないんですよ…。
今度はわんこちゃんチェックもしてみます!! …チケット入手できたら(ぼそ)
わんこちゃん可愛いですよね~~(でれでれ)
アミたんがハマコの愛人というのは、先程 「歌劇」 で確認してきました(笑)
最後の最後までハマアミ!! 私的には景子ちゃんグッジョブです☆

はい~~私は1月にかしちが東上してきてくれるのを待ちつつ
(でも来て欲しいような欲しくないような)(どっちよ)(だってだって)
12月はコムさんとまーちゃんとゆっさんとマコたんとアミたんと(以下略)を
見届けて、お見送りするのにぜんぶの気持ちを注ぎたいと思います。
今ここではこれしか言えないんですけど、さなみこさんも頑張ってください!! 


【2006/12/09 22:29】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
トマさん、再びこんにちは、もさきちです。
で、旦那、例の話ですが、ウラが取れました(いきなり何者)
ソースはとあるブロガーさんが書かれたコマちゃんお茶会の内容からでした。
コマちゃんが「エミールは照明家」とお話されてたそうです。

で、白帆凛くん!!!
いやぁ~良くぞ着目して下さいました。
白帆くんの後に続いて台詞を言っているターバンを被った怪しい人が衣咲真音くんで、この2人は贔屓の和物バウで(誰かバレバレw)遊びを教える遊び人コンビだったんです。
これがまた芸達者な良いコンビで、舞台をしっかり支えてくれました。私の中でとても大切な存在になった下級生さん2人です。
で、衣咲真音くんはパリの街角のシーンでは物乞いをしてまして、これがまた良い存在感で…。
と、語るとキリが無いのでこのヘンで…(汗)
【2006/12/10 00:08】 URL | もさきち #S3NWFQqI[ 編集] | page top↑

>もさきちさん。

更なる情報ありがとうございますっっ!!

なるほど~~お茶会情報でしたか♪
コマちゃんのお茶会…私も行ってみたいです(笑)
でも雪っ子さんのお茶会というと、行きたいとこだらけで困りますねー。

あのターバンさんは、まおっと君(また勝手に命名)だったのですね!!
物乞いは良い味出してますよね。 今回は下級生の雪っ子さん達が
各所でそれぞれ、小さくても適材適所な役どころをもらっていて
雪担としては嬉しい限りです。 娼婦のかぐやちゃんもラヴです(笑)

あ~~もしや、まさきちさんのご贔屓は、あの方ですかっ?
てことはたぶんバレてるでしょうが、私もその方、大好きです(笑)
バウ、何気になかなか評判良かったみたいですよね。
私は和モノ苦手で観ず仕舞いでしたが…ちょっと後悔してきました(爆)

【2006/12/10 20:27】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/78-745ee9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。