スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
たどりついた場所。@雪組 『タランテラ!』 感想。

はい、気持ち切り替えて行きます! 頑張れ自分!!


そんな訳で東宝観劇3回目の感想。 と言うよりむしろチカたん語り。
……ショーの感想そっちのけでほとんどチカたんを語ってます(爆)




東上した雪組さんを3回観て、改めて実感したこと。

私、チカたんが大好きだ。

思い返してみれば私、ヅカ初観劇時にぶんちゃんに惚れてハマりこんで、
次に観た雪組公演ではコムさんに一目惚れして更に抜け出せなくなり、
そして3番目に惚れた相手が他でもない、チカたんだったんですよね。
タカコさんのお披露目公演から気になって、バラク@鳳凰伝で本格的に落ちて。


私はもともと、1公演につき1回しか観劇しない人間だったので。
リピートするようになったのは雪組さんの 『ドリキン』 がきっかけで、
その頃にはもうすっかり雪担だったから、リピートするのは雪ばっか。
宙組さんは 『ステラマリス』 を2回観たくらいで、他は殆ど1回観劇。
それでもチカたんは大好きだからいつだってオペラで追っていた。

雪組に来るのを聞いた当初は、馬鹿みたいに喜んだことを覚えてます。
それが後々どーなるかなんて全く考えもせずにね。
私の好きなひとは雪組に集まるんだあ!!なんて。 単純馬鹿もいいところ。


当時の自分は殴ってやりたいくらいですが、まぁそれは一旦置いておいて(笑)


『タランテラ!』 におけるチカたんの出番は、実は案外、多くないと思う。
そこにオギーの意図が隠れてるんじゃないかというお話は以前にしましたが、
そのうちのひとつ。 「アマゾン」 の場面。 ムラ遠征時から泣かされてました。
今回のショーの中で唯一と言って良い(と思う)、明るい歌に彩られた場面。
顔をあげれば太陽が輝く、そんな希望の光の中に、コムさんがいないという現実。

さびしくて、泣いていたんですよ。 ムラで観ていた時には。 確かに。

東京に来てからも泣かされる場面だけれど、私の中で、その理由が変わった。


嬉しくて泣いている自分に気づいたのは、東宝観劇2回目辺りから。


チカたんが銀橋にいて、キラキラと輝いていて、たくさんの手拍子に囲まれて、
ハマコと笑い合い、シナぼんに迎えられ、真ん中に立つといっぽ君とキム君もいる。

雪っ子さん達に囲まれて、センターで、チカたんが笑っている。

それだけのことがただ嬉しくて、泣くようになった。
で、改めて実感した。 私、チカたんのことだいすきだったんだ。




チカたんを好きになった頃には、雪組のトプさんになるなんて思ってなかった。
宙組で、タカコさんの後を引き継いでいくもんだとばかり思っていた。
だからチカたんが雪に来た最初の頃、私はどうしてもそれに慣れなくって
宙にいた頃の、クールで悪役っぽい(笑)チカたんが好きだった、と思っていた。

雪組に来てから、なんでかチカたんは、クール仮面を脱ぎ捨ててしまったらしく。
言い方悪いけど少々ヘタレて見えた。 あからさまにコムさんにめろめろだし(苦笑)
それが私には、すっごい違和感で。 不満で。 ずっと受け入れ難かった、けど。

がらりと考えが変わったのは、いつだったかな。 雪の次期さんに内定した時かな。

チカたんの変化が、雪組に染まったってことなら、それで良いんじゃないかなと。
雪組は良くも悪くも生温い組で(笑)馴れ合いが多いし、のほのほしてるし。
そーゆー組の中でひとりだけクールぶってたって変だもんさ(爆) きっと浮く。
私は雪組大好きで、チカたんの変化が “雪っ子らしくなった” ってことなら
それは喜ぶべきことなんだろうな、と。 そう思えたら、すんなりと納得がいった。


今の公演でチカたんを見ていると、いつも思う。 やわらかくなったな、って。
お化粧も少し変わった気がするけど(笑)それだけじゃなく、表情が柔らかくなった。
……勿論、私にはそう見えるってだけで、他の方が見たらどうなのかは謎ですが。
でも少なくとも私の目にはそう映るから。 そして、私は今のチカたんが大好きだから。

色々あったけど、今ここにチカたんがいてくれて良かったと、心からそう思う。

私は頭の固い人間で、変化を受け入れるまでにもの凄く時間のかかるカタブツだから
雪組のチカたんを見慣れて受け入れるまで、実はとても時間がかかっていたけれど。
とりあえずは、コムさんの卒業に、そしてチカたんの新しい出発に間に合って良かった。
今のこの公演をこんなにもスッキリした気持ちで観ていられるのがほんとうに嬉しい。




いつもいつも大好きでガン見している、コムさんとチカたんが握手する場面。
毎回すごく良い顔で客席を見てくれるコムさんがとても嬉しいんだけれど、
今日はチカたんがコムさんをプチリフトする時、コムさんがめちゃくちゃ笑顔だった。
チカたんに持ち上げられて両足ぶん回しながら心底楽しそうに笑っていた。
その一瞬に胸が詰まって、ただ嬉しくて、良いもん見られたなーと心から思った。

今回のショーではチカたんに手厳しいオギーだけど(笑)良い場面を本当にありがとう。




ところで。

この先ちょっとコムチカ電波を受信してる記事なので、ご注意頂きたいのですが(汗)




パレードでチカたんが歌っている、 「メメント・モリ」 の一部分なんですけど
私にはどーしても、あれがチカたんのことを歌ってるように思えてならないんです。

“光と影とが揺れる道を駆け抜けて いつしかようやくたどりついた 朝の海”

コムさんもそうだけど、チカたんも組替えが多くて、居場所が定まらなかったひとで
そのチカたんがようやっと得られた、確固たる、揺らぎ無い “自分の場所”


…………それが “朝の海” とか言ったらやっぱ相当電波でしょーかね、私(自爆)




スポンサーサイト
【2006/12/05 23:59】 | ゆきぐみ観劇日記。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ものすっごい私信なんですが。 | ホーム | 明日のおめざ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/76-69178a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。