スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あのひとの面影と、彼の華。

最近、ちょっとした理由があって、息を潜めてたんですけど(笑)
このこと↓を書きたいがためにとっても久しぶりに出て参りました。

だいすきなタニくん、トプさん内定おめでとう。




今の私には、嫌いだったり苦手だったりする生徒さんはいない。
視界に入りにくい生徒さんならいるけど(申し訳無い)
基本的に生徒さんはみんな好き。 全員を、素敵だな~と思って見ている。

その中でも、とくべつな想い入れの有る生徒さんと、無い生徒さんはいて。

タニくんは私にとって、とくべつな想い入れの有る生徒さんだ。 実は。
だからこの度の内定発表にはただ素直に、嬉しいな、という想いだけがある。




特に好きだった歴代トプさんの中に、月組の真琴つばささんがいる。


私は実は、マミさんの舞台をナマで観たことが無かったりする。
だから胸を張って 「マミさん最高!!」 と語ったりは出来ないのだけれど、
マミさんはちょうど私がヅカに興味を持ち始めた頃のトプさんで
初めて買った 「歌劇」 や 「GRAPH」 で、いちばん話題に上っていたひとで。

下級生によく慕われている、格好良いトプさんという印象があった。

だからマミさん関連の記事は、いつも読むのが楽しみだった。
現在はかしファンな我が母上の初恋ジェンヌでもあったマミさん。
その影響もあってか、私もマミさんの話となると、何故か妙な力が入って。
そんなマミさんには直属の手下、もとい、下級生ユニットがあった。
知る人ぞ知る “シューマッハ” 。 その最下級生メンバーが、タニくん。


シューマッハの中では、最下級生でありながら、序列ではいちばん上だった。
少しばかり長くヅカファンやってるひとなら皆知ってることだろうけど
タニくんは入団時からユリさんの再来と言われ、劇団から期待されまくり、
新人公演の主演は独占状態。 バウでの単独主演デビューもめちゃくちゃ早かった。
常にあからさまなほどの、破格の待遇。 と、それについて回る、厳しい批判。

タニくんの新公初主演は1997年の月組公演 『EL DORADO』 。 当時、研3。
そしてコレ、実はマミさんのトップお披露目公演だったりもする。
それからタニくんは新公の主演をいっぱいやった。 本役は勿論、いつもマミさん。
『WEST SIDE STORY』 『黒い瞳』 『LUNA』 ……そしてマミさんが退団する。
その作品 『愛のソナタ』 の新公もやっぱり、タニくんが主演だった。
マミさんの背を追って成長したタニくん。 雪組で言うところのコムキムみたいに。


マミさんのナマ舞台を知らない私にとって、だからタニくんは、 “特別” だった。

マミさんの面影を継いでくれたひと、のように、勝手に思って、見ていた。
タニくんを見ることで、マミさんが残した夢の断片を見られるような気がしていた。


シューマッハが解散になり、タニくんが宙組に異動した時は、少し寂しかった。
私は、タニくんにはゆくゆく月組のトプさんになって欲しいと勝手に思っていたし
大好きだったシューマッハが、タニきりコンビが、解散してしまったのも残念で。

でも、宙組でチカたんとW2番手的に並んでくれたことは嬉しかった。
チカたんもタニくんと同じ、研3で新公主演した、劇団のイチオシなスターさん。
拮抗してオーラのある(そして、きっと同じ類の苦労を背負ってきている)
そんなふたりが対極にいる、なんて豪華なんだろう、そう思って見ていた。



ずっと気にして見てきていたタニくんが、満を持していま、トプさんになる。


私にはそのことが、ただ純粋に嬉しくて。
ついにマミさんと同じ位置に立つタニくんが、ひたすらに楽しみで。



スターさん、特にトプさんが生まれる過程には、必ず何らかの犠牲が伴なうと思う。
それは本人の意思に関わらず。 本人が望んでいようが、そうでなかろうが。
あのマミさんですら、そうだった。 当時の月組はW2番手状態だったから
マミさんとずんこさん、どちらが月組トップに就任するかで、ファンは揉めに揉めて。
だからマミさんも万人から祝福されてのトップ就任では、決して無かった筈で。

名声にはいつだって、非難の声がつきまとう。 タニくんだってそうやってきた。
数いる上級生に先立って新公の主演を務め、バウホールのセンターに立つたび
それを応援する、喜ぶ声に混じって、時には罵声だって聞こえた筈だと思う。
劇団から推されまくってきたタニくんのファンは、その抜擢を喜んでいたんだろうか。
私には、解らないけど。 そしてこれから、タニくんは、もっともっと大変だろうけど。


私が初めて買ったREVUE本は2000年度版。 その年の、若手さんの特集記事は
自分のターニングポイントをボードに書いて語ろう! というものだった。
タニくんのボードには 「LUNA新公で真琴さんにいただいた一言」 とあった。
その一言がどんなに自分に影響を与えたか、タニくんは熱く、真摯に語っていて。

今年の 「GRAPH」 では自分の大切にしている言葉を語る企画があるけれど、
先月号だったか、登場したタニくんが選んでいたのは、やっぱりその言葉だった。
6年という歳月を経てもまだタニくんの中では、マミさんからの一言が息づいている。
その言葉自体より、記事の内容よりも、私はなんだかそのことに感動してしまった。



だからやっぱりタニくんは、私の中ではマミさんの一番弟子で、後継者。

私が注目し、その生き方を知って尊敬し、でも一度も舞台姿に出逢えなかった
そんな “マミさん” を引き継いで、見せてくれるひと。 勝手にそう思っている。



マミさんはトップ就任時のゴタゴタを乗り越え、そのスター性と誠実さでもって
退団時にはトップ of トップとまで呼ばれてその卒業を惜しまれたひとだ。
タニくんもその後継者と思われるにふさわしいほどの “華” を備えていると思う。

そう。 タニくんは稀に見るほどの “華” の持ち主だと私は思う。
ひとたび舞台に立つと、その立ち姿には否が応無しに目をひきつけられる。
抜群のスタイルに。 愛くるしい笑顔に。 キラキラ輝く、スターオーラに。
正直言うと、いまからトプさんになるのはむしろ遅いくらいだ、とも思う。
あの華やかさは脇に置いておくにはもう限界なんじゃなかろうか、と
『ネバセイ』 と博多座 『コパカバーナ』 を観た時、私は痛切にそう感じたから。




ほんとうにおめでとう、タニくん。 

私はタニくんがセンターに立つことをずっと楽しみにしていたから
真ん中できらきらと輝くタニくんを見に、きっと劇場に行くと思います。


マミさんの面影とタニくんの個性とで織り成す “華” に出逢えると信じて。




スポンサーサイト
【2006/11/07 23:54】 | ヅカ系戯言(その他)。 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<川口リリアより帰宅中。 | ホーム | 東京ヅカ劇場より帰宅中。>>
コメント
トマさん。
お久しぶりです(ぺこり)
たった今、自分とこのブログで言葉少なに
タニ君次期トプ内定の事を書いて来た所で・・・トマさんの所に来て。
吃驚しました。
そして・・・感涙です。

私は小心者ですから今のこの段階で声を大にして
「タニ!おめでとう!!!」って言っちゃっていいのか迷いに迷ってて。

でも大好き(私にとって神!)なマミさん月トプ時代に
シューマッハの末っ子だったタニ君が・・・
何よりマミさんが可愛がってたタニ君が・・・
女神のタンリーが愛してた弟タニ君が・・・
トプになるんだ~~~!!!ってのは本当に感慨深くて嬉しいです。

正直色んな事が絡んで、タニ君に罪はないのに
何か喉に引っ掛かってたんだけど。
トマさんのストレートで男前な意見を読ませて頂いて
目の前がサーッと明るくなった感じです♪

何か変かも・・・だけど。
「トマさん、ありがとうございました」
そして改めて・・・
「タニ~~~♪おめでと~!!!」

【2006/11/08 01:25】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん。

はい、お久しぶりです。 ここでは(笑)
いつも迷惑直メとか迷惑直メとか、送りつけててスミマセン。
そして今回も、内心ビクビクして、と言うか
十分にびびった後で胎をくくってUPした記事だったので(苦笑)
反応戴けて嬉しくて、安心致しました。 ありがとうございました。

なんかね…胸張って、大きな声で、ただ 「おめでとう!!」 って
そう叫べないのが悔しいですよね。 誰が悪いわけでもないのに。
今はオンライン上のどこをウロウロしててもそんな感じなので哀しいです。
いつだって一生懸命な、大好きなひと達を、ただ応援したいだけなのに。

私はマミさん関連の記事を読むたびに、その誠実さに感銘を受けて
舞台に懸けるひたむきさも、滲み出る人柄も大好きだと思って。
でも一度もその舞台姿をナマで拝めなかった、幻のトップさん。
それが私にとってのマミさんなので、シューマッハは皆とくべつで
特にマミさんに可愛がられてたタニくんのトプさん内定は、ほんと嬉しいです。
マミさんの誠実さはタニくんに受け継がれてると、私は信じてるので
そんな勝手な想い入れでもって、胸を熱くしながら見守ります(笑)

今はタニくんファンの方々がいちばん、複雑な心持だと思うんですよ。
4年前にコムファン(※私含め)が素直に喜べなかったみたいに。
今、ミズファンの方々が肩を縮めながら雪組を応援してくださってるように。
何度同じこと繰り返したら気が済むんだよ、って思いますけど
(それは、某歌劇団に対して、だけでは無く)
でもだからこそ、タニくんのファンとまでは名乗れない私だから
無責任に喜んで、エール送って、応援していられるのかな、なんて。
だったらこの状況下で、私はとことん応援しようじゃないか!!と
……色々勝手なこと考えて、書いた記事だったんですけどね。

こ~んな独りよがりな記事を、受け入れてくれる方がいて嬉しかったです。
本当に本当に、ありがとうございました(深々)

いつも私は肝心な時に舞奈さんに助けて頂いてばっかりで。
こちらこそ、いくら感謝しても、全然足りない想いでいっぱいです。


【2006/11/10 00:25】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
ト、トマさんってば!!!
何を仰いますやら・・・(汗)

ただ、とっても嬉しかったんです。
トマさんのお陰でモヤモヤがぶっ飛んで
ほーんとにとってもとっても嬉しかったの♪
ご存知かと思いますが、私はマミさんが大っ好きで(笑)
マミさんが愛する月組メンツはやっぱりいつまで経っても大好きで!
だから・・・どんな事があってもタニ君を恨むなんて事は出来っこないし
色んな宙組の問題もタニ君がどーこーなんて微塵も思ってないんですが。

でも何となくネット上であっても不穏な空気を感じて、
まして私は自分のブログで散々アホな毒吐き散らかしたから(苦笑)
「タニ~~♪おめでとう~~!!」ってはっきり言えないのがもどかしくて情けなくて。

トマさんがキチンとそれを書いてらっしゃるのを読んで
心から「よかった~!」って思ったんです。
今現在、ヅカ1大好きなカシちゃんを送ってくれるのが
嘗てヅカ1大好きだったマミさんの愛弟タニ君ってのは・・・
マミさんの巡り逢わせだったりね(笑)

あのね、トマさん。
いつも助けて頂いてるのは私の方なんですよん♪
ぐるぐるバタバタしてる私の心の嵐を穏やかに鎮めて下さるのは
いつだってトマさんの・・・
ピシッと来てバシッとしてフワフワッとした言葉なんです。
ホント・・・何がなくてもトマさんのブログさえあれば生きていけます!
【2006/11/11 20:39】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん。

ビシッと来てバシッとしてフワフワッ(笑)

いえいえ~こちらこそ本当に、感謝感激なんですよ。
私はいつだって無遠慮な上配慮が足りない奴ですし
ヅカファンとしても異端というか、たぶん、ピュアじゃないので(苦笑)
何を書いて良くて、何がいけないのか、解らないことも多くて。
舞奈さんはいつでも私の言葉を好意的に取ってくださるから。
自分では悪意で書いているつもりでなくても、悪意に取られることは多いので
舞奈さんの一言一言には、いつもいつも励まされているんです。

マミさんの巡りあわせ…本当にそうかもしれませんね。
我が母上もマミファン→かしファンと移行した人間なので
なんだか舞奈さんが、他人のような気が致しませんです(笑)

私、マミさんのナマ舞台は一度も観ていない似非ファンなんですけど
マミさん主演作の映像ならば、実はけっこー持っております(笑)
今度よろしければマミさん語りに付き合ってやってくださいませ♪
因みに一番のお気に入り作品は 『practical Jake』 です!!(主張)(こら)


【2006/11/12 12:54】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/53-1ce943cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。