スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ふたりと、ひとり。@DVD 『ME AND MY GIRL(月組)』 感想。

久しぶりに見ましたタカラヅカの映像。
国外に居る間は仕事仕事の日々で、それどころじゃなかった(苦笑)

そんな訳での感想ですが、自分的な書き方をすっかり忘れてる気が。



……やっぱり海外ミュージカルは良いですねえ(ほれぼれ)


何が良いって先ず 楽曲 ですよ。 なんて素敵な曲ばかりなのか!!
私的な基準として、その作品を観終わった帰り道なんかに
作品中の曲がひとつでも頭に蘇ってきて、口ずさめたりしたならば
それは良い楽曲・良い作品ってことで合格点☆て感じなんですけど。
(合格点☆とかって妙に偉そうでスミマセン)(相変わらずですね私…)

『ミーマイ』 は、観終わった後で2曲も鮮明に思い出せました。
主題歌の 『ME AND MY GIRL』 と、それから 『THE LAMBETH WALK』 と。
どっちもテンポが良くて覚えやすくて、本当に素敵な曲ですね!!
お陰で1日中歌いまくっていて母上から呆れられましたよ(苦笑)


…………うん。 このDVD、買って損ナシ(断言)


勝手な私論ですが、月組さんは海外ミュージカルのプロですね!!
ハイソだし御洒落だし息ピッタリだし。 コーラスもダンスも素晴らしい。
主演者は、こーゆーライト系やらせたら右に出る者無しの瀬奈くんだし
その右には何でも出来るきりやんが、左には歌の女神であるタキちゃんがいて。

しかし。 それ以上に凄かったのが、ヒロインを演じたかなみんですよ。

ナマ観劇じゃないのに、DVDだっつーのに私は2回も泣かされました。
一番キタのはサリー@かなみんのソロ 『TAKE IT ON THE CHIN』 です。
辛い心を胸の内に隠して、明るく笑ってみせながら歌いあげるサリーが
もう本当に切なくて可愛くて。 気づけばズビズビと呼吸困難に(爆)
笑顔だから余計に辛いんですよ。 可哀想で可愛くて、見ていてキッツイの。


とりあえず出演者様に関しては、個別に書きたいことがいっぱい有るので
役者さん別にいこうと思います。 長くなりますので、よろしければどうぞ↓




     *     *     *   




  ●ビル@瀬奈くん。


……瀬奈くんは何やっても格好良いのな、本当に(嘆息)

なんてゆーかもう、ずるいよこのひと!!(何だこの言いがかり)
どんなに崩してもふざけても格好良いんだもの。 お得すぎる。
しかも、 “男の子” 的な可愛さも持ってる。 可愛くて格好良い。
……それがまた超絶自然体なリアル系男子でさあ……(ほれぼれ)
素敵すぎるってあんな男の子。 サリーじゃなくても惚れるって!!

第2幕で久々に御披露してくれました、ヨッパライなお芝居もね。
瀬奈くんは酔っ払う真似が上手すぎる…とても素面とは思えない。

加えて特筆すべきは、かなみんとのラブラブっぷりなんですが
それについては後ほど改めて書かせて頂こうと思います。
とにかく可愛くて格好良くて決めるとこ決める、素敵ビル君でした☆





  ●サリー@かなみん。


かなみんのソロだけでもチケット代とれると思うよ(真顔)
…ってくらいに歌が素晴らしかった。 もう本当に絶品すぎた。
上にも書いた 『TAKE IT ON THE CHIN』 はもう、切なすぎて痛いし
『ONCE YOU LOSE YOUR HEART』 の歌いあげは美しすぎます!!
本当に天使の歌声ですよアレ。 限りなく純粋に澄みきっていて。
そんな歌声を披露しながらも、下町っ娘な感じも十分なんですよ。
ていうかサリーそのものでした。 喋り方から立ち振る舞いから。
頭のてっぺんから爪先までサリー!!て感じで。 演じてる感ゼロ。

お衣装も、どれもこれも似合っていて可愛かったなあ(でれでれ)
特に第1幕の、サリーといったらコレ!!という赤ベレー+ワンピ。
あれがもう、かなみんに合わせてデザインした?てくらいに似合ってて。
本当に華やかで可愛らしかったです。 持って帰りたいくらい(危険)

これが卒業公演になったかなみんですが、良い役でよかったなぁと。
アサかな解散は超残念なんですけど(それについてもまた後ほど)
ヅカでのラストがこれで良かった。 かなみんの集大成を見た心持ちです。





  ●ジョン卿@きりやん。


きりやんは相変わらず、オジサマ演らせると素晴らしいな…!!
(※力いっぱい誉めてます)(超素敵なオジサマだったってことです)

何より先ず、 タキちゃんと並んで違和感無い のが凄すぎる。
30年間お互いの想いに気づかなかった男女、とか何気に語ってるのに
その 30年という数字に違和感を全く感じさせない のが凄い。
……きりやんのリコ@コパカバーナとか一度見てみたいわ(笑)

更に凄いのが、上記の如く、オジサマ演って何の違和感も無いのに
フィナーレでヒゲ取って出てきても普通にスターさんなのだから凄い。
お芝居中とのあまりの変化に、そういや2番手だった!!みたいな。
(失礼なこと言ってすみません)(それだけきりやんが上手いと言いたい)
(てゆーかジョン卿って年齢設定的には専科さんの役どころですよね)
(でもこの作品は役が少ないから2番手が演る、みたいなね)(禁句禁句)

歌声はこれまた相変わらず、滑らかで美しくて聞かせてくれるし。
何でも出来る2番手さんて心底便利です。 1組に1人は欲しい(笑)





  ●ジェラルド@あひ君。


ヘタレボンボン演らせたら、あひ君に勝てる者はいないな(断言)

……いや、誉めてますとも全力で(笑) 私あひ君大好きですから!!
なんてゆーか、どんなにヘタレでも阿呆でもへなちょこ風味でも
(※くどいようですが誉めてます)(そういうあひ君が好きなんです私は)
決して品を失わないのが貴族のお坊ちゃまそのもので大変良いのではと。
要するに “ジェラルド的に” すごくイイ!!と思った訳ですよ。
めっさハマり役だったと思います。 超かわいらしい駄目男でした(笑)

それでまた、見た目は格好良いから余計にオイシイですよね、あひ君は。
ジャッキーとの並びはみりお君でもあいあいでも美しくて眼の保養でした☆





  ●ジャッキー@みりお君。


カッワイイ!!(絶賛) 男役さんだなんて言われなきゃ解らない。
……でもごめん、私は男役さんとしてのみりお君のが好みだわ(爆)

いや可愛いんですよ本当に。 自然に愛らしい美女なんですよ。
……しかしジャッキーは計算高いお色気キャラだからな(笑)
みりお君は可愛いんだけども、可愛すぎてジャッキー的には微妙かと。
気持ちもビルに向いてるのか、それともジェラルドに残ってるのか
ハッキリしない感じだから、ビルに迫るのも計算って感じがしなくて。
なんかこう、もうちょっと、小ズルい感じが欲しかったのかなあ。

でも歌声はソプラノまで凄く綺麗に出ていて驚かされました。
今からエリザが楽しみですよ。 超絶可愛いと思う、みりおルドルフ。





  ●役替わりジャッキー@あいあい。


収録されていた 「役替わりハイライト」 で少し見ただけなんですが
私的理想のジャッキーはこちらでした。 あくまで私の好みですけど。
何が良いって、溢れる色気と、自信たっぷりな誘いっぷりが!!
こーゆー “ズルい女” 演らせると、あいあいは天下一品と思います。
ビルに対しても、下町っぽい下品さが見える度に厭な顔をしつつも
金の為なら仕方無い、て感じで打算だらけに誘惑してるの見え見えで
だからこそ最後は結局ジェラルドと丸く納まるのが、とても納得できて。

ズルいんだけど、でも色気の中にもチラリと覗く可愛さがあってね。
それがちょっと憎めない感じで(笑)とっても魅力的なジャッキーでした。





  ●マリア公爵夫人@タキちゃん。


……歌で語らせてしまうと、本当タキちゃんは自由自在ですね!!
高音から低音まで何でもござれ。 劇中歌の素晴らしさは勿論のこと
エトワールもめちゃくちゃ綺麗でした。 劇場に響き渡ったんだろうな。
タキちゃんも確か、この作品が卒業公演になってしまったと思いますが
ヅカでの最後がこの役で、本当に良かったと思いました。 …私が(おい)

いや、でも本当に、色んな意味で良い卒業だったんじゃないかと思うのです。
第2幕終盤、ビルと今にも別れようっていうあのシーンが素晴らしかった。
瀬奈くんと、それからタキちゃんの、何ともいえない表情が最高でした。

タキちゃんて、実は私の、ベスト・オブ・エトワールなんだよな(嘆息)
ヅカからまた1人、素晴らしい歌姫がいなくなってしまった。 寂しいなあ。




     *     *     *   




……ところで最後に触れたいのは、瀬奈くんとかなみんについて。


今まで、ものすっごいラブラブ!!て感じは薄かった2人なんですけど
(※私の中での勝手な感想です)(ふつーに仲良く可愛いカップル、て感じ)
この作品では凄かった。 愛に溢れていて、ときめきまくってしまった。

顔を近づけ、目を合わすたび、お互いだけを見て微笑み合うふたり。
あまりにラブくてお似合いで可愛すぎて、だからこそ途中経過が辛くて。
このふたりを引き離しちゃ駄目だよ、そう叫び出したいくらいに。


愛したのは彼女だけ、彼女しかいない、ビルがそう言うように。
貴方はいつも私に微笑みをくれるの、サリーがそう歌ったように。
お互いにお互いじゃなきゃ駄目。 それを強く感じさせるふたりだった。
このふたりが離れるなんて考えられない、本当にそんな感じだった。


なのに。

なんだかまだ私、信じきれていないな。 このふたりが解散済みだなんて。


観られなかった公演の映像を後で入手して見るのなんて、初めてじゃない。
なのにこんなにも、そのタイムラグを歯痒く思ったことは無かった。
画面の中で微笑み合って、固く強い絆を見せてくれている、このふたりが
どうして今いっしょに居ないんだろう。 どうして離れているのだろう。

どうして今、瀬奈くんは、たったひとりで真ん中に立っているのだろう。


……わからない。 現在の歌劇団も、月組さんも、今はまだ酷く遠く感じる。




スポンサーサイト
【2009/02/20 00:20】 | ヅカ系戯言(映像等)。 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今後のこと。 | ホーム | もどってきました!!>>
コメント
おはようございます・・・てか「「初めまして」ですね。
朝には滅法弱いんですが・・・
ひとこと言いたくて闇の国から出て参りました。

【アサかな】
コレを生でリアルに観ちゃった者は堪らなかったですよ。
もうすぐ1年になりますが、未だに後遺症で心のアチコチが痛む。

『マノン』で恋に堕ちて『ミーマイ』で完璧に成就した2人は
輝くほど美しかったですよ。
いや、実際白銀の如く輝いて眩しかったですよ(感涙)

宝塚のカプと言うのが・・・実は非常にセンシティブなもので
一朝一夕で簡単に出来上がるものじゃないと言う事を
下級生達に、歌劇団に、そして我々ファンに対して
身を持って示してくれた2人だと思います。

「相性」もあるでしょうが、観客を感動させられるだけの
完成度を問うなら「培う時間」と言う軸も無視は出来ない
・・・と言う事をこの2人を見ていて思いました。つくづく。

この【アサかな】のやり遂げた功績を
歌劇団はどう捉えているのか正直聞いてみたくなりますね。
すみません・・・アサかなカプ命な人間なので(汗)
これ以上は人様の所で吐く事ではないので退散致します。
それでは又・・・失礼致しました。
【2009/02/20 10:13】 URL | Reira #-[ 編集] | page top↑

>Reira さん。

はい、初めまして♪
朝っぱらからの御訪問、ありがとうございます!!

そっかあ…もう1年になってしまうのですね。
季節感の全然無い国に居たので、浦島太郎な気分です(苦笑)

宝塚のカプは一朝一夕で出来るものじゃない…本当ですよね。
観てる方は本当に見ているだけなので、ついアレコレ言っちゃいますが
考えてみれば、本来は同性同士なのに男女として演技するというのは
演技力だけでなく技術も相性も必要で、凄く大変だと思います。
そして Reira さんの仰るとおり、観客に強く訴えかけるためには
相性だけでない、それ以上に、培う時間というものが必要で…
……だから個人的には、相手役さんを他組から引っ張ってきたりとか
あんまりして欲しくないんですけどね(苦笑) あくまで私の好みですが。

そうですね、総ての責任を劇団側だけに求める事もしたくないけれど
(その劇団が作るものにキャーキャー喜んでるの自分ですからね)(爆)
それぞれの組、それぞれの主演カプ、そしてジェンヌさん1人1人を
きちんと考えてくれているのかな? というのは私も時々疑問です…。
もう少し、ちゃんと考えているんだよ、と結果で示して戴きたいですね(笑)

……私の方こそなんだか愚痴っぽくなってしまって申し訳無い(自爆)

【2009/02/21 23:36】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/305-7bb752be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。