スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
それは、思いがけない邂逅。@東京芸術劇場 『蜘蛛女のキス』 感想。

内容についてはまだ全然理解も整理も出来ていないので。
とりあえず、萌え語りです。 て言うか9割方朝海さん賛美です。


……あ、でもコム担様にはオススメしたくない記事かも(何故)




なるべく素直な、正直な気持ちをそのまま文章にしたいと思ってるのですが
理解して頂ける自信が全く無い(苦笑) てゆーか、受け入れられる気がしない。

でも、仕方無い。 お世辞や嘘が書けるほど器用じゃないのですよ。 私は。



実を言うと。 『蜘蛛女のキス』 を観に行った最大の理由は、オギーでした。
私はもう中毒かってくらいにオギー大好きだから。 オギーの演出作品なら観たい。

2番目に大きな理由は、石井一孝さん。 『マイ・フェア・レディ』 を観た時に
短気で気難しいヒギンズ教授を魅力的に演じていたそのひとに一目惚れ(笑)して
以来、再会を願い続けてきた役者さんだったので、どうしても会いたいと思った。

3番目の理由は、浦井健治くん。 同じく 『マイ・フェア・レディ』 を観て一目惚れ。
青年らしい、爽やかな真っ直ぐに伸びる声と、真摯さが伝わってくるお芝居が大好きで
このひとも主要キャストに入ってると知った時には、もうこれは絶対観なければ、と。


……そんな訳で。 今だから白状しますが、 “コムさん” は4番目の理由でした。
オギーと石井さんと浦井くんがいなければチケット探さなかったかもしれない(爆)
私は、自分が純粋なコム担ではないということを 『ベルばら』 辺りで自覚して
去年の冬を迎える頃にはもう、卒業後までは追いかけないだろうことも解ってたから。
コムさんがたまたま、私の食指を動かすような作品に出ることがあるなら観に行く。
その “たまたま” が思いのほか早く来てしまって、少々戸惑っていたくらいで。

だから、私が楽しみにしていたのは、主にオギーの演出と石井さんと浦井くんで
正直言うとコムさんが出ているということをそんなに意識してた訳じゃなかったので
劇場の前まで来た時、ものすごいアウェイな気分に陥って大変困りました(苦笑)
「私もう4回目だから台詞覚えちゃったわー」 「昨日のコムちゃん綺麗だったわねえ」
そんな言葉を背で聞くたびに狭くなっていく気がする肩身。 …なんか、理不尽(笑)


いやあ、本当に久々でした。 観劇前に、ここまで胃が縮こまる思いを味わったのは。
正確に言うなら東京ヅカ劇場に 『竜馬伝&クラシック』 観に行った時以来です(爆)
あの時も何でか敵地に乗り込むよーな気分で、開幕まで胃がキリキリしてたんですけど
今回も正にそんな感じでしたよ。 席まで背中丸めてコソコソ行ったもん(挙動不審)


私いちおうコムファンだったのに何でこんな肩身狭い気がするんだろう…と思いつつ
それでも幕が上がってしまえばもう夢中で、そんなこと気にならなくなるんですが。
作品は思っていたとおりに暗くて(笑)重いわ痛いわ、イイ感じに私好みでしたけど
なんだか煙に巻かれたような印象でもあり、まだまだ上手く語れる気がしてません。
色で言うならきっとモノクロームなんだけど、なんか鮮やかな感じ?(伝わんないよ)

そんな、混沌とした作品世界の中で。 そのひとは鮮烈な輝きに見えました。

再会、という気はしなかった。 全く。 ――― 私にとっては、それは、出逢いだった。



変だな、とは思いつつも。 それでも、そうとしか思えなかったんだから仕方無い。
舞台上にいるそのひとに、確かに見覚えは有るんです。 覚えの有る顔なんですよ。
でも、なのに、上手く繋がらない。 “雪組のトップさんだったコムさん” と。
私の中で、目の前の舞台に立っているそのひとと “コムさん” が上手く繋がらない。
『テネシー・ワルツ』 でグンちゃんやじゅりぴょんを見た時に感じた、懐かしさ
それを感じない。 湧き上がってこない。 まるで知らない女優さんを見ているようで
大好きな雪組を見て積み上げてきた愛着は、そのひとには重ねられない。 何でか。

その上で。 初めて出逢ったような感覚で、私はそのひとにめろめろになった(笑)

だって、可愛いんだもの。 ほんとうに。 私の好みの、ど真ん中だったんだもの。
……最初に登場した時は、そこまでツボに入るとは思わなかったんだけどなあ(苦笑)
今にして思えば、あのボブカット私の好みじゃないんだよね。 オトナっぽすぎて。
先ず気になったのは、看守スタイルかなあ。 中性的な恰好が嵌ってて、お?と思って
そのあと、モリーナ@石井さんの語る映画の中の、ショーガールのようなオーロラが
男性アンサンブルにリフトされまくりながら歌い踊る姿を見たら、目が釘付けになった。
なんて面白い女優さんが出てきたんだろう。 こんなひと初めて見るぞ。 そう思って。


体温を持たない、よく出来た、精巧なお人形みたいな。 そんな印象でした。


どこから見ても完璧に綺麗なのに、なにか凄く大事なものが欠けているような感じ?
自分の魅力を自覚しているようなんだけど、ほんとうは何ひとつ解っていないみたいな。
おもしろい。 あんなひと、初めて見た。 少なくとも、私は他に知らない。
かれこれ15年くらい舞台観てきましたけど、あんな女優さんには出逢ったことが無い。

たぶん、ひとめぼれ しました(笑) あまりに可愛くて目が離せなかったよ。
今まで歌声がツボとかお芝居がツボとか、技術的な面で惚れることは多かったけれど
見た目と雰囲気とキャラクタにこんな強烈な一発KO食らったことは、一度も無い。




記事の冒頭に、コム担様には読んで欲しくない、なんてどうして書いたかと言うと。
理解して頂ける気もしないし、共感して頂ける自信なんかカケラも無いからです(笑)
と言うのも。 当ブログを読んでくださってる方なら、ご存知のことと思いますが
私はタカラヅカの、雪組の、天勢いづる嬢という娘役さんが大好きなんですけどもね。
それは、いづる嬢が転向してからのことで。 男役時代は正直興味無かったんです(爆)
いづる姫が私の視界に入ってきたのは、あくまで娘役さんに転向してから、なので
それ以前の、男役・天勢いづる君に対しては、申し訳無いくらいに愛着が無いんです。
だから男役アマセ君を(映像とかで)いま見ても、いづる姫とは殆ど繋がらない。
私の中では、両者は別人という判定が出てしまってるくらいに違うものになってます。

勿論、男役時代を無かったものにしたいとか、ないがしろに考えたい訳では無くて。
でも繋がらないものは繋がらないんだから、私にもどうしようも無いのですよ(爆)
男役だった頃のアマセ君なんか、天勢いづるじゃない! と言いたい訳じゃない。
そのひとの通ってきた道だもの。 それだって大事な歴史だってことは、解ってる。
けれど例えば、 『霧のミラノ』 で初めてチカたんを見て、好きになったというひとは
“宙組時代のチカたん” を知らないから、その頃に愛着を感じたりは出来ない訳で。
でもそれは決して、チカたんが宙組にいたことを否定している訳ではないですよね。
ただ自分の知らない、見ていなかった時代を見ていたことには出来ないというだけで。


上手く説明出来てる気もしないんですが(爆)もう少しだけ具体例を出してみますと
娘役・天勢いづるに惚れ込んで “いづる姫” “いづる姫” とブログで愛で始めた頃に
「私は男役の頃からいづるんが好きなので、姫呼ばわりされるのは微妙ですが…」
…てな感じに(苦情じゃなかったんですけど)言われてしまったことが有りましてね。
その方の気持ちを酌んで、違う呼び方に変えるべきかなって少し悩んだんですけど
私の中で、 “姫” と呼んで思いっきり愛でたいのは天勢いづる嬢ただひとりなので
どーしても呼び方を変えたくなくて(爆)結局、未だに姫と呼び続けてる訳なのですが。

この時と同じ理由で、コム担さんを微妙な気持ちにさせたくないなと、思ったんです。
“男役さんだったコムさん” に今でも想い入れが深い方は、たくさんいらっしゃると思う。
私は、自分でも思いがけないけれど、 “女優の朝海ひかるさん” に惚れてしまった。
タカラヅカにいたことも、雪組にいたことも、男役をされていたことも全然関係無しに。
これから先、私は “女優さんとして” 朝海ひかるさんを愛でていくんだと思います。
ヅカのOGさんだとかいう感慨は一切ナシに。 雪組時代の愛着を引き摺ることもなく。
勿論、雪組にいたコムさんのことは、今でも大好きだし変わりなく大切ですけども。
でもそれとは全然関係無く、オンナノコとして朝海さんを猫っ可愛がりもするんだと思う。


そーゆー風にされるのが嫌だなって思う方は、今のうちココを見限ってください。

純粋なファンの方の想いっていうのは、私が考えてる以上に強いものだと思うから
私も今のうちに警告しときますです。 ……以上、めずらしく真面目なお話オワリ(笑)




私は 『蜘蛛女のキス』 観劇以後の朝海さんを、コムさんと呼んでいないのですが
それは以上のような理由からです。 私の中では、朝海さんとコムさんは別モノ(爆)

朝海さんとの出逢いには、久々に感じるような衝撃を受けたのですよ。 私は。
こんなにガーン!! ときたのは島田さんとの出逢い以来じゃないかなあ。 たぶん。
島田歌穂さんは私にとって、ミュージカル界における神のような女優さんで(大真面目)
べつに追っかけたりはしていないんだけど、出演情報が耳に入ると必ずチェックする。
その作品の内容はきっちり調べて、共演者も調べて、興味が湧けば即座にチケットを探す。
朝海さんも、同じような感覚かな今のところは。 神サマとまでは思いませんが(笑)
舞台に立たれるのならばどんな作品か知りたいと思うし、積極的に観に行きたいとも思う。


『エリザベート』 も、コムさんが出ると知った時にはちょっと凹みましたけど(爆)
朝海さんのシシィだったら大歓迎ですよ私(しゃあしゃあ) ちょー楽しみになってきた。
『蜘蛛女のキス』 観た限りでは、歌唱力も私的には十分なくらいのレベルでしたし
(難しい音も取れてたし、歌声には変な癖も無く、声量も不足無く、綺麗に伸びてた)
(たぶん私の評価は人より甘いと思いますが、私の中では合格点なので無問題)(何様)
あれだけ可愛くて綺麗で、あのくらい歌えるひとなら、期待できます。 そんな感じ(笑)
恋のプリンセス大作戦も最初に聞いた時は正直フザケンナと思いましたが(正直すぎ)
朝海さんなら美青年だろーがプリンセスだろーが全然オッケーですよ。 どんと来い!!


………私って奴は。 我ながら、どーしてこんなに現金なんだろうか………(嘆息)


うっかり 『チャングム』 ブームが(私の中で)起こった時にも、少し思ったけど。
この現金さ、心から無駄な切り替えの良さ、自分でも時々呆れ返りそうになりますよ。
(でも自分のことだけに、見捨てるわけにもいかないんですよね)(半ば諦めの境地)

ま、大好きな作品である 『エリザ』 が純粋に楽しみになったことは嬉しいですけど。
それから、自分の中の “可愛い女優さんリスト” に名前が増えたことも喜ばしいが。
(それが誰かさんと同一人物であるということは置いといて)(てか、あまり考えてない)




そういう訳で、本当に朝海さんについてしか語ってないよーな記事なんですけど
これはキッチリ語っておかないと今後、朝海さん関連の記事が書けなくなるので(笑)
念のため、を含めて書き残しておこうかと。 … 『蜘蛛女』 全然語ってないけど。

要するに、思いがけない出逢いで、好きな女優さんがまたひとり増えたというお話。

作品について、それから石井さんや浦井くんについては、また別記事で語ります。
『蜘蛛女のキス』 は予想してた以上に、トラウマになりそーなくらい痛かったけど
観に行って良かったなぁと思いました。 それは、朝海さんとの出逢いも含めて。


でも考えてみれば、オギーの好きな役者さんを私が好きにならない筈無いけどな。

なんたって私はオギー病末期患者で、中毒症で依存症で、信望者で信者だもん(爆)


さすが、オギーが惚れ込むだけのことは有る。 朝海さんは素敵な女優さんだったよ。










     ●少しだけ、こっそり追記●


阿呆みたいに “朝海さん” に惚れ込んでしまい、今後に対する不安だの不満だのが
いっぺんに吹っ飛んでしまった現金な私ですが。 ひとつだけ、引っかかるとしたら。

ダンちゃんの卒業後の活躍を素直に 「嬉しい」 と感じて見守りつつも
誰かの奥さんだの恋人だのという役を演られると、少々複雑な心境になる。
反面、その美しさを、自分の好きだった男役さん(=マミさん)が
いっときでも独り占めしていたのだと思うと、誇らしい気持ちにもなったり。

……て感じの、至極複雑な想いだったら微妙に燻っていたりもするんですが(爆)
あ、上に書いたのは比喩です一応。 誰が誰を喩えてるかは御想像にお任せします。
(でも単なる比喩でもなく、これもまた本音です)(マミダン大好きだったなあ…)


すみません。 解るひとだけ解ってくださったらいいやと思って(逃)(卑怯)


私の中では。 現役時代から実は、コムさんは2人いたようなもんだったからなあ。
男役やってる時と娘役やってる時と、私の中ではどうしても上手く繋がらなかったよ。




スポンサーサイト
【2007/11/10 23:24】 | ヅカ以外の観劇日記。 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<映写機と煙幕。@東京芸術劇場 『蜘蛛女のキス』 感想。 | ホーム | 見えるものと、見えないもの。@月組 『MAHOROBA』 感想。>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/10 23:53】 | #[ 編集] | page top↑
このHN(!?)では初めまして(笑)
先ずは正体がお解りになるか少々不安ですが。
色んな波風を回避する為に敢えてコレで・・・宜しくお願い致します(深々)

『蜘蛛女』さんの・・・と言うより朝海さんの記事拝見して
素直に思ったのは「えええええ~~~っ?」
・・・でした。
衝撃的と言うか吃驚仰天と言うか青天の霹靂と言うか。
で、もう1度姿勢を正して読ませて頂いて・・・
今度は逆に「ニヤニヤ」が止まりませんでした。

トマさんは本当に素直な方で、何の駆け引きもなく
(それは策がないと言う事ではありません/ニヤリ)
ご自分の気持ちに気持ち良いほど正直な方なんだなぁと改めて思いました。
や、チョッと偉そうな言い方ですね・・・ごめんなさい。

難しい所ですよね・・・宝塚の現役生→OGを引き続き愛でると言うのは。
私も先般ご贔屓男役さんの卒業後の初舞台を観劇しましたが
観るまでは彼女への期待感や不安と言うよりも
自分が彼女を受け容れられるのかどうか不安の方が勝ってました。
観劇して思ったのは・・・
「これで彼女の宝塚時代と今を確実に区切りを付けられる」って事でした。

それがどーゆー事なのか実は私自身感覚でしか把握出来ずにいたんですが
トマさんの記事を読んでいて「あ~なるほどね」と(笑)
宝塚時代のお互いのご贔屓さんも勿論大好きで否定なんぞしません。
でも卒業後、全く別物のご贔屓さんに出会った時・・・
それが新たな「邂逅」になり得るんだってこと。
ただ、それを何%の確立で受け容れられるかは千差万別でしょうし、
「全く別物」と受け止められる事は稀なのかも知れませんが。

その上で初めて気が付きましたが。
オギーの作戦は卒業後も続いていたのか!!!って事ですね(笑)
トマさんの反応はオギー信者として極めてまともなのでは!?
あの時「断ち切れ」とファンの背中を押しておいて
程よい加減で「ニューヴァージョン」を差し出してくる。
クローンの様でいて実は全く別物で・・・
や、全く別物の振りで実はクローンだったり。
そんなオギーの騙し絵の様な世界観に私も来週喜んで嵌って来ます。

それからマミ壇は私の中でも格別です。(その前のマミゆうこも大好きですが)
そして多分トマさんが言わんとしてらっしゃる・・・もう1つのカプ。
私の中では他の追随を許さない勢いで今も尚、愛でてますが(笑)
もうそろそろ・・・心の深淵に沈めて外気に触れさせない様にしようかと。
何処か誰にも見られないような場所でコッソリ愛でようかと思ったりしてます。
ある意味、殿堂入り!?

初コメントで長々と申し訳ありませんでした(深々)
途中、もしも気分を害される表記がありましたらお許し下さい。
若しくは削除願います。
【2007/11/11 10:01】 URL | Ritsuko☆ #-[ 編集] | page top↑

>Fさん。

こんにちは。 メッセージありがとうございました♪

待っていてくださったみたいで、嬉しい限りです!!
……なのに大した感想書けませんで、本当に申し訳無い(汗)
チケット、なかなか入手困難でしたよね~今は少し落ち着いたようですが
私も実はヤ○オクで3連敗したりして(爆)今回はヒヤヒヤしました。

私は普段あんまり演劇系の雑誌を読まない方(だと思う)ので
ほんとうに久しぶりにコムさん、いや朝海さんに会ってきたんですけど
雪組時代と繋がってくれなかったことは良くも悪くもって感じでした(笑)
上手く言葉にできないのですが。 嬉しいような、寂しいような、という。
素敵な役者さんでしたよ!! って私は自信持って言えますけども
でも私の好みは大いに入ってますからね(苦笑)むしろそれが大部分です。
単純に、ああいう童顔でサバサバっとした女の子が好きみたいです私。
(年上に対して女の子って)(でも女というより女の子って感じ)(………)

けれど舞台を観て、……これもあくまで主観論なんですけども
Fさんが仰るのと少し似てるかもしれない印象を、私も感じました。 実は。
なんて言えばいいか…枷が外れたような感じ?(伝わる気がしない)(爆)
今は束縛もあまり無く、良くも悪くも自由なんじゃないかなあ、と思いました。

Fさんのご贔屓さんにも、来月、久しぶりにお会いしてくる予定ですが
一度は “男役さんとして” 私の中で歴代最高値を叩き出した方だったりするので
(あ、最高値ってのはツボバロメーターの、です)(頭の中を説明するって難しい)
楽しみな気持ちも有る一方で、正直ちょっとだけ恐かったりもするのですが。
それでもいーかげんに、過去にばっかりしがみついてる訳にもいきませんしね…。

私の方こそちっともまとまりのない文章です(爆) こちらこそ申し訳無い。

でも、Fさんの仰るとおり、役者さんてホント飽きないですよ。 常に未知数で。


【2007/11/11 18:02】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑

>Ritsukoさん。

はい、はじめまして(笑)
コメントありがとうございました。
私には解りますので、全く無問題です(天下の自己中)

私も自分のことながら 「ええええーっ?」 て感じでした(爆)
今回ほど自分を現金だなぁと思ったことはございませんよ。
現金て言うか、この切り替えスイッチは自分でもよく解らないなぁと。
ええ、私は正直です。 だからトラブルメイカーなんです(最悪)
嘘もお世辞も、何より苦手分野ですからね…言うのも、言われるのも。

そうですね。 卒業された生徒さんを愛で続けるのは難しい。
私は無理にファン続けることないじゃんっ♪…と思ってるんですけど
それは、私が特定のひとりだけを応援してないから言えることで。
「ご贔屓」 を固定している方は皆様、きっと迷われるんだろうなぁと。
私は元々が “男役のコムさん” にそこまでこだわっていなかったと言うか
正直言ってしまうと、男役としてはそこまで好きだった訳ではないので
(正直に言いすぎ)(だからトラブル招くんだよ)(解っちゃいるが減らぬ口)
今回の観劇でアッサリ切り替えられたのは、そのお陰もあると思います。
本当に男役さんとして愛していたらこうは行かなかった…ような気もする(笑)

「ご贔屓」 の卒業を機に、区切りをつけて愛でる方もいらっしゃれば
区切りをつけずに追い続ける方も、別の 「ご贔屓」 を探す方だっている。
本当に千差万別ですよね。 それは、人それぞれで良いんだと思います。
私はたまたま、頭の中にある “コムさん” と “朝海さん” の各回路が
繋げるつもりだったのに繋がらなかったから、こうなってしまいましたが(笑)
それは、ヅカのOGさん誰でもに適用される訳でもないんだと思いますし
(現にグンちゃんやじゅりぴょんには現役時代と変わらぬ愛着を感じてます)
これも正直に言うと、コムさんは今いずこ? な気持ちも少し有ったりします。
……今いずこって、私が上手く繋げられてないだけなんですけどね(苦笑)

客観的に見て。 コムさん御自身はさほど変わられてはいないんですよ、多分。
顔はあのままだし、声低いし、共演の男性陣に媚びたり甘えたりも一切ナシ。
“男役コムさん担” が 『蜘蛛女』 観られても全然大丈夫だろうと私は思います。
卒業されてから、まだそんなに時間が経ったという訳でもない時期ですから
ファンに優しい作品なんじゃないかなあ、と。 まぁ今後は解りませんが(こら)

なので自分の中では全くの別モノになってしまったこと、心底不思議なんですよ。
これはたぶんオギーのお陰ではなくて、私のせいなんじゃないかなあ(苦笑)
朝海さんがね、私の “女の子の好み” に悉くツボなんですよ。 直球ど真ん中。
まぁこの辺は語り出したら長くなるので今は謹んで口を閉ざします(笑)が
思い出してみれば、コムーレットにも見事にめろめろしてましたからねぇ私は…。
男役のコムさんも好きでしたし、何年も見てきた想い入れがあるんですけど
娘役というか、女の子の方がツボには直球で入るってだけかもしれません(単純)
でもオギーに背中を押してもらったことは、本当に感謝いっぱいですけどね。
未練は感じない卒業でしたけど。 勿論、オギー演出のお陰は凄く大きいです。

マミダンは…最近ダンちゃんが活躍されてるので、頓に思い出します。
一度もナマでは見られなかったけれど、今でも大好きなカップルですよ。
もうひとつのカプは……ふふ、Ritsukoさんには伝わると思ってました(笑)
解って頂けて嬉しいです。 私の中でも永久殿堂入りですよ、きっと。
……でも私は、今後も時々思い出したら語ってしまうかもしれませんが(爆)
やっぱり超えてくれるものが出ないことには、封印するのは辛いみたいで。
でも超えるものが出てきてくれそうな気配も無いし、困ったものですが(苦笑)

無駄に長いお返事なってしまってごめんなさい。
脳内をなるべく誤解無く伝えたいと思うと、どうしても文字数が多くなる(爆)

Ritsukoさんも観劇が近いんですね。 楽しんできてくださいませ♪
(尤も、楽しい内容ではございませんが)(そこ、余計なこと言わないように)
朝海さんが、Ritsukoさんの好みに入るかは、私には解りませんが
「トマのタイプはあんな感じなのか、ふーん」 という参考にはなるかと(何が)
……や、私の好みはともかく(笑)是非オギーワールドに浸ってきてください☆


【2007/11/11 18:03】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
はじめまして!
蜘蛛女関連を検索してましてここへたどり着きました。
朝海さんにひとめぼれをされたんですね。

>男役のコムさん” にそこまでこだわっていなかったと言うか
正直言ってしまうと、男役としてはそこまで好きだった訳ではないので

トマさんと同じというか、私は、男役自体にあまり興味がないタイプなのかもしれません。

私はベルばらでコムさんを観て少しずつのめりこんでいった「にわかファン」です。
退団までの作品どれも夢中になりました。
でも退団後は果たしてどうなんだろう?という気持ちを抱きながら、5月のprimary Collarを観劇したんです。それは、トマさんの文章と同じ衝撃だったんですよ。
あれを女優の仕事と言う人は少ないかもしれません。
でも私、あの舞台で客席降りされたコムさんにほれました。(笑
完全ノックアウト。元々ファンなのですが、男役のコムさんと同一人物に思えませんでした。
女優というか、天使に心奪われてしまったのかもしれません。
こんな気分になったのは生まれてはじめてなんです。というかトマさんはたくさんの好きな方がいらっしゃるようですが、私は、長い人生はじめての経験なのです。
だから自分の気持ちにとまどいながら、恋に不慣れな幼女のように気持ちを落ち着かせるべく、努力しています。

あー、蜘蛛女のことは、トマさんのように新たにコムさんを好きになる方もいれば、哀しいけれど離れて行く人もいると思います。でも新しい魅力で新しいファンが増えたら嬉しいと思います。
【2007/11/12 01:55】 URL | 通りがかり #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑

>通りがかりの訪問者さま。

こちらこそ、はじめまして♪
検索で辿り着かれてしまったのが運の尽きですね☆(こら)

はい、ひとめぼれしました。 ハートを射抜かれました(大真面目)
自分の好みをそのまま具現化した感じで、ちょっと本気で驚きましたです。
『PRIMARY COLORS』 は気になりつつも観に行かなかったのですが
つい先日、友人様より映像戴いてしまいまして、ようやく拝見致しました。
確かにあれを女優の仕事と言うかどうかは難しいところかもしれない…(笑)
でも、めちゃくちゃ可愛らしいですよね!! ノックアウトされたの解ります。
私には 『PRIMARY COLORS』 ならまだ “コムさん” て感じに見えたのですが
それでも相当ツボには入ります。 本当に愛らしい女の子だと思います(真顔)

『ベルばら』 からのファンの方でしたら、それ以前の作品は未見でしょうか。
個人的に 『風と共に去りぬ』 とか是非見て頂きたいなぁとか思ってみたり(笑)
でも映像はもう販売中止されてるんですよね…現役時代のコムさんの女役は
なんでか映像に残らないことが多い気がします。 数は多い筈なんですけどね。
『風共』 では轟さんの相手役としてスカーレット役をされたんですが
微妙なお芝居とかどうでもよくなるくらい(爆)超キュートだったのですよ♪
機会がございましたら、写真で是非!! …と宣伝してみましたスミマセン(爆)

本当に私は浮気者で(苦笑)仰るとおり、好きな方はたくさんいるんですが
でも主に外見がこんなにツボに入っちゃうことは実は滅多に無かったりしますよ。
なので私も、ちょっと戸惑ってます。 ……お互い頑張りましょう!(何を)
本当、ドギマギしちゃって困ってるのですよ。 評価甘くなるし(そこかよ!!)
朝海さんが可愛いからいけないんだと思います(本気) 可愛いと得なんです。
(何言ってるのか段々解らなくなってきた)(いよいよ駄目なファン視点っぽい…)

すみません。 共感して頂けるかもしれないと思ったら、つい暴走しました(爆)

仰るとおり、これから先離れていかれる方もいるとは思うんですけど
新しい魅力で新しいファンを獲得していって欲しいですね。 私のよーな(笑)
浮気者な私ですが、プリンセス大作戦とエリザはとりあえず観る気満々なので
こんなブログですが(爆)また遊びに来て頂けましたら、とっても嬉しいです♪
私と同じような過程で朝海さんにハマったひとが、今んとこ周りにいませんので
少々寂しい思いをしてるんです(笑) 女優な朝海さんファンの方、大歓迎です!!


【2007/11/12 16:49】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
トマさん、コメントありがとうございます。
オスカルに続き、スカーレット・アンシアちゃん、見ました!!
もう私のコムさんの好きキャラベスト3です。大好き♪
見た目も性格もツボに入りまくりです。きゃわいいい~。
とこれが言いたくて、しつこく来ました。
一般のコムファンには多分なれそうもなれないのでここで叫べて嬉しかったです。
ですが、男役のコムさんに関心がなかったわけでは勿論ありませんし、
コムさんの作る男役は、見かけと違って骨太でアウトローなところは、とろけそうです。
それにコムファンがあげる好きな男役ものは殆ど見てないのですが(汗)これから、新たな発見あるかもしれません。(言い訳)
でも、普段の少年ぽいコムさんにものすごい魅力を感じました(映像のみですが)

退団した朝海さんは、私も同じ人には思えません(きっぱり)
蜘蛛女は、魅惑的ですが、私としては、メイクはプラカラの方が好きかな。
とプチ反対意見なども吐かせていただき書き逃げをさせていただきまーす。
【2007/11/12 19:15】 URL | 通りがかり #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑

>通りがかりの訪問者さま。

いえいえ、こちらこそコメントありがとうございますです♪

あら、ご覧になられてましたか! カッワイイですよね~~!!
実を言うと私、スカーレットってそこまで好きキャラじゃないのですが
コムーレットちゃんは大好きなんです。  可愛くて綺麗だから(笑)
歴代の他の方が演じられたスカーレットは綺麗でないという意味ではなく
ただ単純に、女の子な朝海さんが私のツボを突きすぎるというだけで。
アンシアも可愛いですよね。 こだまっちアリガトウ!という感じです(笑)

コムファンが挙げる好きな男役もの…ヴァンサン辺りでしょうかね?
他、シルバ、ロベルト、ルドルフ辺りでしょうか。 個人的見解ですが(爆)
私も現役時代の “男役なコムさん” も、それはそれで好きでしたよ~。
ツボど真ん中とは微妙に違うんですが、6年見てきた想い入れもありますし。
そう、見た目に反して(笑)骨太で。 すごく男らしかったですよね。
私的にはルドルフがイチオシです。 未だに歴代で一番、私好みのルドです。
(見た目だけでなく、狂気と儚さが共存していて私のイメージぴったりでした)

蜘蛛女のメイクはちょっと特殊と言うか、濃いめ?ですよね。 たぶん。
私は 『PRIMARY COLORS』 ナマ観劇していないので何とも言えないのですが
お芝居は、今回の蜘蛛女よりも、アチラの方が自然体で好きでした。
誰かと会話した方が、朝海さんの “良さ” が出るような気がするので。
独り芝居とかより受身芝居の方が好きです。 あくまで個人的な好みですが。

私も “一般的なコムさんファン” には多分なれないんだろうなぁと思います。
“一般” という言葉が何を指すのかは難しいところなんですが…。
現役時代の面影を追う方もいれば、スッパリ切り替えられる方もいますし
或いは新しいご贔屓を現役男役さんの中に見つける方もいらっしゃいますしね。
私にも、朝海さんは、現役時代と同じひとにはどうやら見えないらしいので
もう開き直って(笑)別人のような感覚で愛でていくしかないんだと思ってます。

私は現役時代のコムさんのことも、男役の時と、時々演じられた女役の時とで
別人のように見ていたところがあるので、そのせいも大きいのかもしれません。
今の朝海さんは、どちらかと言うと “女役コムさん” と繋がって見えます。
でも現役時代の女役以上に、今の朝海さんはめちゃくちゃ可愛いです(めろめろ)


【2007/11/14 00:43】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
ご無沙汰しております。
ちょっと脚が遠のいていたのですが
蜘蛛女のキスは観られるって書いていたので
どんな感想をもったのかなって見にきました

そしたら嬉しい記事が
女優朝海ひかるさんに惚れたんですか♪
昔、男役朝海ひかるさんのファンじゃなくなった(ちょっと違う?)という記事をみて悲しくなったのが、解消。

私は朝海ひかるさんそのものに惚れてしまったので、男役にこだわりないのですが
そもそも最初に惚れたのが、ベルばらの小雨だったので・・・娘役むしろ大好きです
おかげで退団後も楽しいですね
蜘蛛女のキス、観てこれたので、思い出しつつトマさんの感想を読みたいと思います
【2007/11/19 20:52】 URL | Kei #-[ 編集] | page top↑

>Keiさん。

お久しぶりですね。 いらっしゃいませ!!
実は、そろそろ忘れられてしまったかな~~と思ってましたので
また遊びに来て頂けて嬉しいです。 ありがとうございます♪

ハイ、私はコムさんファン卒業宣言をしておりましたね、確かに(笑)
前ブログの時だったでしょーか。 『ベルばら』 の後頃だったかな…?
ちょうどその頃、自分の “好み” みたいなものがようやく確立してきまして
男役としてのコムさんが、私の “男役の好み” から少し外れているんだな、と
そういうことに気づいたのもあってのファン卒業宣言だった気が致しますが。
勿論、理由は他にもあったし、コムさんを好きじゃなくなった訳ではなくて
何年も見てきたゆえの、特別な想い入れは未だにあったりもするんですけども。
私の中では色々考えた末での、けじめとしての “卒業宣言” でしたが
後々、何人ものお客様から 「悲しいです」 と言われて、申し訳無かったです。

そのひとそのものに惚れ込んで、男役とか女役とか関係無しに好きだと思える。
それこそが真の、ぴゅあなファンの姿勢だと思いますですよ、私は。
そこまでガッツリ惚れ込める相手が、今の私には見つかっていないんですけど
でも女優・朝海さんは大好きです♪ 端的に言って、ちょー好みです(爆)
私の好みを具現化したよーな女の子が、舞台女優さんにもいたなんてッッ!!と
すっかり骨抜きにされてしまいました。 自分でも予想外の展開でございます(笑)
もう本当に、可愛くて可愛くて可愛くてしょーがないって感じですよ(めろめろ)

正直言うと、男役としてのコムさんが自分の好みから外れてきたと気づいた時
私自身も寂しくて仕方が無かったのですが、それが晴れて解消しました(笑)
とりあえず春が楽しみで堪りません。 早く美青年で王女な朝海さんが見たい!!

因みに私も、 『ベルばら』 小雨のコムさん大好きでございますよ♪
映像でちらっと見ただけなのですが、お人形さんみたいで超可愛かったです。


【2007/11/25 01:28】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/269-33862e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。