スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
人生の休息時間。@銀河劇場 『TAKEOFF ~ライト三兄弟~』 感想。

25日に、友人に誘ってもらって これ を観て参りました♪
……いや~……笑った笑った。 客席でジタバタしまくったわ(傍迷惑)

そんな訳でのサクッと感想です。 上手く語る自信無いので簡単に。




私の考える “良質な笑い” の定義。 ……あくまで私の考える、ですよ?

下品でない。 無理がない。 わざとらしくない。

この、みっつの条件を備えているのが好きです。 個人的には。
……で、これを見事に総て満たしてくれていたのが今回の作品だった訳ですよ。



下ネタで笑いを取るのは、私は苦手です。 そんなん飲み会でやっとくれ。
笑わせるために突拍子も無い設定を捻じ込んだ結果、無理が生じてるのも苦手。
わざとらしいのは時と場合にもよるけど、いかにも狙ってるのはあんまり…。
…という理由での、みっつの条件なんですけどね。 大した理由では無いな(爆)

ネタバレになるから詳しくは書けないのですが。 この作品の素晴らしいところは
“笑いを誘うために突拍子も無い設定やキャラを捻じ込む” 作りではなくて
“用意した設定やキャラを生かして笑いを取る” 作りになっているところかと。
なので用意されたひとつの設定を生かして、何度も笑わせてくれるのですよ。
笑わせるためにいちいちヘンな設定が付け加えられていくような安っぽさが無い。

上から目線で申し訳無いのですが、すごく “考えて” 書かれているのだな、と。

私は賢ちゃん(=作・演出担当の小林賢太郎さん)(馴れ馴れしくて申し訳無い)の
プロデュース公演を観たのは初めてでしたが、一発でめろめろ状態になりました。
綿密に考えて作られた作品は大好きです。 悔しいくらいに気持ちよく笑ったわー。


1時間45分ノンストップで、役者さん達はさぞかし大変だと思いますが
(ものすっごい体力使う公演だと思う)(2回公演の日とか疲労困憊だろうな…)
その間笑いっぱなしの観客もけっこー大変っすよ(笑) 腹筋が鍛えられた。

でもこれ、チケット料金考えたら、絶対に 観て損は無い と思う(断言)

あたしはお笑いなんて嫌い、超悲劇モノしか認めない! て方は別だろうけど(爆)
笑って笑って笑って、合間に少しほっこりできる、そんな作品が好きなひとなら
きっと満足できること請け合いだと思いますです。 少なくともあたしは大満足!!



……ああ、それにしてもネタバレ考えると書けることが少なすぎる!!(泣)

や、べつにネタバレしちゃっても充分に問題無く楽しめる作品なんですけど。
でもやっぱり、ヤマ場や結末はバラしてはいけないですよね。 コメディだもの。
(コメディと言うのも何か微妙に違う気はするけど)(しかし他に思いつかない)



初期設定だけ書いてしまうと、登場人物は3人だけです。 舞台もあまり変わらず。

自転車で旅をしながら自分探し中のモラトリアム(?)青年@オレンヂ君。
旅行代理店勤務のサラリーマンで飛行機ヲタク(と言うかマニア)@賢ちゃん。
人情味溢れる、でもちょっとおバカな通りすがりの(?)大工@久々沢徹さん。

この3人が、ひょんなことから1ヶ月間を共に過ごすことになるお話(だと思う)(え)
それぞれにキャラが立っていて、その噛み合いっぷりがホント可笑しすぎです。
個人的に大好きなのは飛行機ヲタクかな。 マニアだけに、台詞がすっごいの!!
小難しい専門用語の嵐。 ……賢ちゃん、自分が喋るって解ってて書いたの?(笑)


3人は喋ってるだけでとにかく可笑しいんですが(笑)それだけの作品ではなくて
それぞれが抱えている問題…って程では無いのかな。 ちょっとした、しこり?
人生における “つまづき” のようなものが、お互いに出逢い、影響し合ったことで
綺麗さっぱり解決した訳じゃないんだけど、少し軽くなったのかな、という感じで。
観終わった後に、あぁこういう時間を過ごせるって羨ましいな、と思いました。
3人が共に過ごした1ヶ月間。 人生における “つかの間の休息” なんだと思う。

ひとことで言うなら、めちゃくちゃ良い作品だった!! …ってことです。

長い人生、いいことばっかりじゃないけど。 大変なことだってたくさん有るけど。
だから歩き続けていたら疲れてしまうし、時々なら立ち止まって良いんだと思う。
たまたま一緒に立ち止まって休憩したのが、この3人だったんだと私は思うの。
たまたま出逢って、休んで、笑い合って、そしたらまた、その場所から歩き出す。
笑うと、元気になれると思うから。 元気になったらまた歩き出せるんだと思うから。


私も最近、実は色々考えて悩んだりすることがあったので、少し疲れてて(笑)
でもこの公演観てめちゃくちゃ笑ったら、なんかちょっと元気になれちゃいました。
それに、焦ることも無いんだな、と。 疲れたら休むことも大事なんですね。
休んで元気を取り戻したら、また動き出したくなる。 人間てそんなものだもの。


私もまた前を向いて歩き出せそうだよ。 ありがとう賢ちゃん!!(馴れ馴れしい)






   ●ついでに、ちょっとだけ飲食店情報をメモ●


銀河劇場(旧名:アートスフィア)改名後では初観劇です。 久しぶりでした♪
しばらく見ないうちに周辺に飲食店が増えまくっていたらしくて、びっくり。

今回、開演前にご飯を食べましたのは コチラ のお店です。 「212カフェ」 。

たくさん種類のあるベーグルの他、アメリカンマフィンも美味しそうなお店♪
私は迷った挙句にマーマレード&サワークリームのベーグルをチョイスしましたが
2つに切ってあるので食べやすく、甘すぎず、後味サッパリで美味しかったです。
飲み物は、好奇心から “ホットのジンジャーエール” を選んでみましたが
洋風のショウガ湯って感じでした。 ショウガが強すぎなくて、飲みやすいですよ~。

このお店、難を言うならセットものが少ないので、お得感はあまり無いのですが
ベーグルと飲み物を単品で頼んでも¥1000未満に収まるから、高くはないかなぁと。
スウィーツホリックとしてはマフィン&飲み物セット(¥700強)も気になりました。
イートイン仕様のマフィンは各種ソースをトッピングしてくれるので豪華なんです…☆


因みに、劇場入り口から徒歩1分無いくらいなので、観劇にも非常に便利(笑)
観劇される方には超オススメでございます。 ギリギリまでまったり出来ますよ~♪




スポンサーサイト
【2007/10/27 21:48】 | ヅカ以外の観劇日記。 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<きっと、何処にも無いものだけど。 | ホーム | 秋の大収穫際♪>>
コメント
わぁ~何か凄く楽しそう~♪
いいないいな♪♪
観たくなっちゃう!(けど到底間に合わないな)

・・・と言いつつ私も昨夜松尾スズキさん演出の『キャバレー』観て来たんですよ。
すっごく楽しくてね!!!
でね、帰宅してトマさんの記事読みに来て
何だか同じ様な事考えながら観てるのかも!?なんて畏れ多くも思ったりなんかして(爆)
(いや、思考レベルは到底トマさんに敵いませんが/汗)

ミュージカルとかショーってのは根本的な所で楽しめてナンボだから
意味があろうがなかろうが笑ったり泣いたり
スィングしたり立ち上がっちゃったり(え?)
舞台の役者さんは楽しませて幸せだし、
観客は楽しめて幸せになる。
それでいいんだよなぁ~なんて漠然と思ったりしました。
最近はチョッと舞台を楽しんでなかったのかな(苦笑)

それと・・・人生も又然りで。
爆走しっ放しは短距離で息切れしちゃう。
あ~しんどっ!て偶には立ち止まって道草したり
どっこいしょ♪って道端に腰掛けたり。
そーすると又違う人や別の選択肢に出会えちゃうかも知れないもんね。
私も人の事言えないけど・・・時々サボってます(笑)
笑って泣いてスッキリして又走り出すと前よりいいペースだったりしますもん♪
オマエに言われたくないって!?・・・ですよね~♪(笑)
いつもトマさんに言われてることだも~ん!

もしも・・・
私で良ければ、いつでも愚痴や泣き言爆裂トーク付き合いますよん♪
お茶飲みながら、スィーツ突きながら・・・
「だからさ~嫌になっちゃうんだよ!!!」って話して♪(直メも歓迎)
寝ないでちゃ~んと聞いてっから♪ね!?(当たり前だ)
だけど・・・時々もう少しトマさんとの距離が近かったらな~って
本気で思いますよ(笑)
せめて近所のコンビニ前で座って話し込めるくらいの距離・・・(高校生か君らは)

先ずは・・・『キャバレー』の話聞いてくれます?(笑)
【2007/10/28 12:50】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん。

ええ、とっても楽しかったです~~♪♪♪
……でも舞奈さんも、楽しいものを観られたそうで(ニヤ)
『キャバレー』 いいですね! 私もちょっと気になってたんです。
ナマ未來くんを見て来られたなんて、羨ましいッッ!!(笑)
私も舞奈さんのレポート、楽しみにしておりますです☆

いやいや私の思考レベルなんて、たかが知れておりますよ(笑)
むしろ嗜好レベルって感じです(うわー面白くない)(てか洒落にならん)
や、でも私と舞奈さんって、感性とか結構近いですよね?
…と私は勝手に思っとるのですが(舞奈さんにしてみたら大迷惑だ)

楽しめてナンボ。 本当にそうだと、私も思いますですよっ♪
勿論、ギャハハって大笑いするだけが楽しむってことじゃないですけど。
悲劇を見て思い切り泣くのも、お腹痛くなるくらいに大笑いするのも、
どちらも余計な考えを洗い流してスッキリさせてくれる気が致します。
悲劇にせよ喜劇にせよ、役者さんは思いっきり演じてくだされば良いし
観客は余計なこと考えずに(笑)素直に騙されてりゃ良いのかな、なんて
今回はそんな生意気なことを考えてみたりも、しましたですよ(笑)

ええ、走りっぱなしじゃいられませんよね~~死んじゃいますって!!
長い人生、生き急ぐことは無い(笑) 回り道だって必要です♪
実はこの作品を観劇し終えて、元気になった自分を自覚していた帰り道、
ふと、真っ先に舞奈さんのことを思い出したんですよ。 私。
頑張って走りすぎてしまう方だから…今頃息切れしていないかなあ、って。
しかしどうやら、ほぼ同じような時に、同じようなこと考えてたみたいで(笑)
とっても安心致しました。 割とお元気そうで、何よりでございます!!

そうですね~~物理的距離がもう少し近ければ、嬉しいんですけどね。
時々、シャチホコシティに今すぐ飛んで行きたいッッ!!と思いますもん。
……来年頭にお会いできたら、そのぶん一杯、お喋りしましょうねっ♪


【2007/10/29 00:42】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/260-f8d7427c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。