スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
熱いひとと、深いひと。@宙組 『バレンシアの熱い花』 感想。

らんとむ・ほっくん比較論。 どっちが良し悪しという話に有らず。


とりあえずは上記おふたりの話しかしていない記事です(爆)
で、総ては 私の主観 ですのでその辺ご了承の上お読みくださいませ。




隣りの人のオペラ上げるタイミングや長さで、贔屓の見当がつきますよね。
……と言うのも、宙組観劇においては解りやすく らんとむ担 らしい、我が母(笑)

今回の公演の目玉(だと私は勝手に思っている)らんとむ・ほっくんの役替わり。
ムラでの初見も東宝での2回目も、ロドリーゴ@らんとむ&ラモン@ほっくん
この組み合わせだったので、かなり慣れてきちゃった頃に逆を観てきた訳なのですが
意外や意外、ラモン@らんとむ&ロドリーゴ@ほっくんも想像以上に良かったです。


個人的におもしろかったのは。 お二方が、役者さんとして真逆に見えたこと。

要所要所がビシッと決まるから、とにかく恰好良い! て感じのらんとむに
役作りが底辺から固まっているのか、流れで納得させてくれる演技のほっくん。

……なんか、雪ベルばらにおけるカシドレとミズドレの違いを思い出しました(笑)
熱く激しくカッコ良かったチカたんと、余韻有るせつなさが美しかったかしちゃん。
私の勝手な印象ですが。 らんとむはミズドレ系、ほっくんはカシドレ系な感じ。
それはどっちがどっち演ってても変わらない。 熱量のらんとむ、余韻のほっくん。


――― それでは、ラモン・ロドリーゴと役別に分けて比較してみたいと思います。
どっちが良くてどっちが悪い、というお話はあまりしていないつもりですけど
それでも 比較論 であることには変わりないので。 お嫌いな方は、読まないでね↓





   ●ラモンで比較。


初めて見たらんとむのラモンには、とにかく登場シーンから目を奪われました。
イサベラ@ウメちゃんとの並びの鋭い美しさ。 最初のポーズから、決まりすぎ!!
もうね、一目見た瞬間からイイ男キタ―――っっ!! …て感じですよ(笑)
まだ一言も発してないのに熱いラテン魂が伝わります。 ヤツは熱い男です絶対に。

らんとむが恰好イイのは登場だけに止まらず。 このひと、いちいちイイ男(笑)
ラモン@ほっくんは軽い兄ちゃん風味でしたが、ラモン@らんとむは真面目っぽい。
イサベラ@ウメちゃんも、ほっくんラモンからの想いには気づいて無さ気(爆)だが
らんとむラモンの想いにはきっと気づいていると思う。 今は答えられないけれど。
そして、とっても頼りにしているんだと思う。 そういう信頼関係が有る間柄に見えた。


ほっくんラモンは、イサベラからそこまで頼られてはいない…と言うよりも、
そこまで長い付き合いには見えなかったかな。 ダンスで組んだのも、惚れたのも
1ヶ月前からとか3ヶ月前からとか、そんな感じに見えた。 あくまでも私には。
らんとむラモンとイサベラだったら少なくとも1年2年は付き合いが有りそうな感じ。

だから、ラモンとしてはらんとむの方が、しっくり来るかなーと思ったのですが。

でも個人的には、ほっくんのラモン、ものすっっごく捨て難い(笑)んですよねえ。
ウメちゃんとの相性的には、らんとむラモンのが好きなんですけどね。 恰好イイし。
だが私には。 ほっくんラモンのメリハリ有る二面性が堪らなくツボなのですよ。
いっつもヘラヘラしてて軽くて、でもそれは彼の本心では無くて。 単なるポーズで。
本当は真摯な男なんだなっていうのが時々、表情にふっと陰が落ちた時に覗くのね。
あれがもう、堪らない(笑)し、ラモンというキャラに説得力を与えているとも思う。
ヘラヘラしてるのがポーズだからこそ、バレンシアのために闘おうと迫られた時に
「俺は今でも自由なんでね」 と軽くかわすその台詞が嵌るというか、奥深くなるから。

ラモンってギャグキャラなのかシリアスキャラなのか、難しい立ち位置だからなあ。
ほっくんのように二面性で見せるっての、良いアプローチだと思うんですよね。
でもそれは、ほっくんのように器用な役者さんだからこなせるやり方なのであって
らんとむのラモンは良い意味で不器用だから、シリアス一本の方が良かった気もする。
ラモンがおちゃらける場面とか、らんとむだとあんまり可笑しくないんだよなあ…。
らんとむラモンは真面目で恰好良くて不器用な男だから。 笑い飛ばす気になれない。
(ほっくんラモンは狙ってるの解るから遠慮無く笑える)(二枚目と三枚目の違い…?)


だから、らんとむラモンの場合には、銀橋で仲間になれよって迫るナンバーも
ギャグじゃなくてシリアスにしちゃえば良かったのになーって、私は思うのですが。

しかし。 仮にそれで想像してみると、作品自体が私の好みから大きく外れる(爆)

私はあのナンバー、ギャグテイストにやってるからこそ、この作品が好きなので。
と言うのもアレをシリアスにやっちゃったらフェルナンドが 義賊 になっちゃうから。
義賊って好きじゃないんですよ(苦笑) これも、もう、個人的な好みの問題で。
悪いことするなら悪いことするで、開き直ってやって欲しいの。 正義の為でなく。
なので私は 『バレンシア』 のラスト、ルカノールが2対1状態で倒されるのも
別に主人公側を卑怯とは思いません(きっぱり) だって動機は正義じゃなく、私怨。
正義を名乗って剣を振るう時、1人の悪に対して多数でかかったらそりゃ卑怯だが
私怨のためなら話は別。 ルカノールが複数から恨み買ってるのが悪いんだもの(笑)
フェルナンドだってロドリーゴだって、自分の手で息の根止めたいと思うじゃん。
でもルカノールは1人しかいないじゃん。 それなら2対1でも仕方ねえよな、と(爆)

なので 「バレンシアのために」 のナンバーがギャグテイストだと確認した初見で
ギャグってことは本気でバレンシアのために、とは思っていないんだろうな、と(笑)
私は勝手にそう解釈したので、このお話キライじゃないわ! と思いました。
そういう訳なので、あのナンバーはギャグテイストでないと私が個人的に困る(爆)
でもラモン@らんとむの場合には、シリアスの方が良いと思う。 ……うーん、複雑。



ぶっちゃけてしまうと、ほっくんラモンの方が脚本には則してる気がするんです。
でも大好きなんですよ、らんとむのラモンが。 だって、もの凄く、カッコ良いから!!


特にツボだったのが、イサベラ@ウメちゃんに 「辛いわ」 って抱きつかれる場面。
ほっくんはアッサリ逃げられた(爆)のに、らんとむは 抱きしめ返した からね!!
あの時のらんとむの腕の強さと、痛みと愛おしさを堪えるような表情がもう、絶品で
あぁこの男は生涯をかけてその女を守り続けるんだろうな…と思いました本気で。
(ほっくんラモンは一生逃げられ続ける気がする)(超失礼)(でも撤回しない)(最低)

他に印象的だったのはお祭りの場面。 出てきた瞬間から目をひく、らんとむラモン。
……さすがショーの花組から来たひとと言うか、ほんとうに華がありますよね!!
ニコニコ笑いながら銀橋を駆け抜けてくのも恰好良いやら可愛いやら、て感じで
ひきつけられた目が離せなくなるもの。 ほれぼれしてしまったよ。 イケメンすぎて。


あれでもう少し器用になれれば、ラモンとして完璧なんだろうなぁと思うんです。
でも、らんとむのラモンは不器用さがまた魅力的なんですよ。 ……うーん、複雑。





   ●ロドリーゴで比較。


らんとむって “いかにも形式芝居” みたいなの、苦手なんじゃないかなあ。
……と、勝手に思ってしまいました。 ほっくんロドリーゴを見て(爆)(スミマセン)

失礼承知で言ってしまうと。 らんとむは 『ベルばら』 とか似合わない気がする。
て言うか、大芝居を必要としない役なら大丈夫なんだろうけど(アランとかね)
アンドレやジェローデルは難しいんじゃないかな。 …と、私は思ってしまいました。


らんとむの形式芝居って、ほんとうに “芝居” っぽい。 気がするんですよ私は。


ナチュラルな演技がすごく上手なの、知ってるから余計にそう感じるのかもしれない。
今回の 『バレンシア』 、男役さんも娘役さんも台詞回しにとても気を遣っていて
みんなして形式芝居な喋り方してるのは、…柴田センセの指示だと思うが(決めつけ)
この、ロドリーゴという役が。 一番注文つけられたのか、誰よりも芝居口調で。
ほっくんはね、割と自然なんですよ。 芝居口調だけども、範疇内で上手く崩してる。
らんとむはその口調を生真面目に守ってる感じがして、不自然じゃないけど、窮屈そう?

……いや、らんとむって本当に、私が思っていた以上に不器用なんだなあ、と。
不器用なひとって個人的には大好きです。 真摯で、懸命で、いとおしいですよね。



んーと、ロドリーゴに話を戻すと。 私的には、ほっくんの方がしっくり来ました。
それは、ラモンはらんとむの方がしっくり来たのと、少し似たような理由で。
ラモン@らんとむとイサベラ@ウメちゃんの相性が良い! と思ったみたいに
フェルナンド@タニ君とロドリーゴ@ほっくんの相性の方が、良さそうに見えたから。

てか。 私、3回見て、フェルナンドとロドリーゴが友人だと初めて知った(爆)
フェルナンド@タニ君とロドリーゴ@らんとむ、私にはさほど親しそうに見えなくて
てっきり社交界で3回顔を合わせた程度の仲かと思ってた(のですよ実は本気で)
フェルナンドがロドリーゴ@ほっくんと言葉を交わした瞬間、間違いに気づきました。
あの2人、旧知の仲だったんですね!(超今更) 結構仲良しなんじゃん。 納得。


役者さん同士の相性って難しいですね。 まぁ、観る側の主観も大いに入りますが。
今だから時効と思って言うけど、前回の宙組大劇公演 『竜馬伝』 を観た時は
私には竜馬@かしちゃんと中岡@タニ君が全然仲良さそうに見えなくて困った(爆)
友人って言うてるけど君ら、どう見ても竜馬が一方的に友情感じてるよ? みたいな。
(かしちゃんはらんとむと相性が良く、タニ君とは限り無く微妙だった)(と私は思う)

……あ。 相性って言っても、お芝居の話ですから。 オフのお話には有らず(笑)
実際に誰と誰が仲良いのかなんて知りません。 あくまで私にはこう見える、てだけ。
(でもタニ君とほっくんは、元月同士だから芝居が合うのかなぁ、とは思ってます)



らんとむロドリーゴでツボだったのは、もう皆さん言われてるとは思うのですが
シルヴィアの呼びかけを遮ってのキスシーンですね。 あれは本当に、反則!!
イケコ作の月組公演 『LUNA』 でも少し似た感じのラヴシーンがありましたが
(アイリーン@ダンちゃんの台詞を遮って強引にキスする ALEX @マミさん最高)
ほっくんロドリーゴの場合は遮らないので、これは らんとむオリジナル ですよね。
……っかー、憎い男だなヲイ!!(何言ってるのトマさん)(少し落ち着きましょう)

ほっくんロドリーゴには、らんとむのような滾る情熱(笑)は感じられませんが
個人的にイイ!! と思ったのが、シルヴィアにルカノール暗殺計画を話した後。
シルヴィアを抱きしめて暗転していく時、らんとむロドリーゴは切なげでしたが
ほっくんロドリーゴは 笑顔 なんですよ。 しあわせそうな顔で、微笑んでいた。
ルカノールさえ倒せばしあわせだった過去に戻れると、そう信じているみたいに。
ふたりの行き着く先を知っているからこそ、あの笑顔はかえって胸に刺さりました。
だってあまりにしあわせそうだったから。 あまりに信じきって、笑ってたから。

らんとむの切なげな顔も、見た瞬間心臓撃ち抜かれたくらい(笑)好きなんですが
脚本上の効果や伏線を考えると、笑顔の方が良いのかなあ…なんて考えてみたり。
最後の 「私のシルヴィアが死んだ!」 の時にね、ほっくんの笑顔を思い出して
私は胸が締め付けられたので、あれは凄く良い余韻だったんだなぁと思ったのです。





   ●そんな訳で、自分的結論。


私は、 らんとむラモン&ほっくんロドリーゴ の組み合わせの方が、好きです。

……好きって言うか、色々と納得がいく(笑)から。 コッチのが良いかな、と。


それにしても、 “今までとは逆のパターン” を実際に観てくるまでは
らんとむロドリーゴ&ほっくんラモンのが絶対良いだろうと信じきってた(爆)ので
やっぱり何でも観てみるまでは解らないものなんだなあ、と改めて思いました。


あー、役替わりって本当におもしろい。 生徒さんは大変だろうが、観客としては。
そして、この2役を演じきったらんとむとほっくんは、改めて素晴らしい役者さんだ。




スポンサーサイト
【2007/09/23 00:07】 | そらぐみ観劇日記。 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<プランタン銀座のスウィーツレポート♪ | ホーム | きみがそばにいてくれるだけで。@宙組 『 宙 FANTASISTA !! 』 感想。>>
コメント
らんとむ@ラモン話が出たとあっちゃ黙っていられない舞奈さんですこんばんは♪
お久し振りです~☆(・・・・・・汗)

私は残念ながらラモン@らんとむ&ロドリーゴ@ほっくんしか観てないので
両者比較してアージャコージャ言えないんですが(爆)

蘭とむ・・・本当に何やらせてもイケメンでイイ男過ぎてエロくて憎い野郎ですよねェ(涙)
本当に女泣かせですよ!!!奴は!!!(おい)
私もロドリーゴ@蘭とむの遮りキス観たかった(泣)(おまえ・・・)

ほっくんのロドリーゴはトマさんが仰る通り・・・
芝居の奥深い襞まで丁寧ですよねェ。
確かにあの時のシルヴィアを抱き締めたあの幸せそうな微笑は
ラストで胸に迫る切なさに変わる!!!
ロドリーゴの衝撃が姿を観なくても解ってしまう処がね・・・堪らない(号泣)
私はあの笑顔に「シルヴィアが僕の所に戻ってくる!」と純粋に信じてる彼と
シルヴィアの「そう簡単に元の鞘に戻れる筈のない悲哀」って言う落差を
凄く感じて切なかったんですよね(泣)
まちゃみとの相性も良かったんじゃないかと思います。
ほっくん、本当に立派になって!(母心)

蘭とむの凄さはトマさん同様!
私もあの縋るイサベラを抱き返すラモンの熱情と哀切感ですね!!!
もう客席でオペラ握り締めて悶絶してましたからね私(大丈夫か)
あ、あ、あの手ェ~!!!指ィ~!!!萌えェ~!!!みたいな。
いかん!いかん!人様のブログで興奮してしまった(汗)
また何処ぞでじっくりまったりと蘭とむの色男振りをお話しませんか?(おい)
それにしてもトマさんのお母様と私、趣味が凄く似てる気が・・・(爆)
マミさん→カシちゃん→蘭とむ・・・!?
【2007/09/25 00:36】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん。

こんばんは!
いや~~……コチラではお久しぶりですよね☆(笑)
コメントありがとうございました♪

らんとむは本っっ当に、女泣かせな憎い男ですよ!!
『ネバスリ』 のヘタレ坊ちゃんは何だったの? て感じです。
(や、アレはアレで超絶可愛かったんですけど)(めろめろ)
らんとむロドリーゴの遮り強引キッスは私も見て頂きたかった!!
あれ反則です本当に。 あんなんされたら心臓止まりますって。

ほっくんロドは、あそこで微笑んだのでびっくりしたんですが
ラストシーンで 「あぁ、あの時の笑顔は…!」 と胸につまって。
なんかね、シルヴィアとのすれ違いっぷりが可哀想で堪らない。
だからこそあの結末が、より一層胸に沁みて痛かったです(涙)

らんとむの色男ぶりについて(笑)いいですね、是非語りましょう!!
“見せ方” を心得てますよね彼(違)は。 イヤ “魅せ方” でしょうか。

舞奈さんと、我が母上…ほんとうだ、辿る経歴が殆ど一緒(笑)
因みに私と母上は必ずと言っていいほどシンメ2人は見る先が違います。
オサアサ@花組時代の場合は母が瀬奈くん、私がオサさん。
今の宙組さんでは母がらんとむ、私がほっくん(最近激ツボなんです)
揃ったのはW2番手時代の雪組くらいですかね。 今のところ。
チカたんも大好きな私ですが、あの頃はかしちゃんにオペラロックで
観劇後に2人で超盛り上がっていたのが昔のことのようですよ(遠い目)
(オペラ向けてる先が違うと話が根本から合わないこと多し)(苦笑)


【2007/09/26 00:05】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/244-7c47fa28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
らんとむ
★☆★らんとむのお勧めアイテム!★☆★ 魅惑の君よ・・君こそ私の そら全ツ ニュースネタ 全ツ二日目 らんとむ=女優!? THE SECOND LIFE SMAP×SMAP 録画 るりっぺ、koputaちゃん、koroさん、愛音 ! 【DVD】宙・FANTASISTA!! スマスマ出演者 スマスマのあさ ブログ検索結果BLOG【2007/11/02 14:39】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。