スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
まさしく、切り貼り。@雪組 『レ・コラージュ』 考察。

お盆休みに懐古主義シリーズ(?)の続きです。
考察なんて大それたこと言ってますが、萌え語りに他ならない。


感想としては、割と誉めてます。 てか、時々フィーバーしてます(笑)




観劇当初は何でか、あんまり印象に残らなかったんですけど
改めて見てみたら普通に面白かったです(笑) うーん、なんか不思議。

タイトルどおりの作品ですよね。 コラージュ。 つまり、切り貼り。

ショー全体を通してのテーマは正にこの “切り貼り” に限る、て感じで
場面ひとつひとつにはストーリーがあるんだけど全体的にはまとまってない(爆)
でもタイトルが “切り貼り” だからそーゆーもんかな、と許されると言うか
……これ、良い手だよな(ぼそ) いざとなったらこの手で逃げ切れると思うんだが。
(他の演出家さんも、まとめに困ったら同じような手使っちゃえばいいのにー)
(たとえば 『ザ・パッチワーク!』 とかさ)(しかしネーミングセンス皆無だな俺は…)


戯言はこのくらいにして(笑) 場面ごとの感想を書いていってみます。
冒頭でお断りしたとおりに単なる萌え語りですので。 お暇な方のみどうぞ↓





       *       *       *   




   ●プロローグ~夢のコラージュ~


実はこの主題歌けっこー好きなんです。 主に、サビのメロディーが(笑)


最初に 「ショー全体はまとまってない」 としょっぱなから苦言を呈しましたが
このプロローグからして正に “コラージュ” なのである意味まとまってるのかな。
キム君は歌といいカラーといい、本当にピッタリな演出されてるなぁと思います。
えりとなみも良いですね~~麗しい並びで!! 2人とも、品良く華やかだなぁと。

タブーの女@コムちゃんは……うーむ、中日版のがピンとくる(爆)(本音すぎ)

じゅりぴょん&かしちのミドリムシは改めて見てみるとトンデモ系のお衣装だ(笑)
これ着こなせるひといるのかなあ……あ、瀬奈くんとか!!(困った時の瀬奈頼み)


ところでタブーの女が終了した後、結構な早替わりで再登場するコムさんですが
確かタブー前はかしちゃん、後はキム君がお手伝いしてるんでしたっけ?(聞くな)




   ●なっつくらっかあ?~バレエのコラージュ~


人選が素晴らしいですよね(絶賛) これ間違い無くキム君の誇るべき名場面。
なんかもう、後にも先にもこの時のキム君にしか演じられません(微妙に日本語変)

この場面見ると改めて、まーちゃんて柔軟な娘役さんだったなぁと思います。
少女からアダルトまで出来るんだよなあ……どっちもちょっと個性的だけど(笑)
でも舞台人なんて没個性じゃしょうもないんだし、長所だよなと思う訳ですよ。
お芝居でもショーの一場面でも、シリアスからコメディまで出来る方なんですよね。
(因みに個人的にはコメディが好きでした)(まーちゃんは笑顔で輝くと思うのー)

それにしてもラッツキング@キム君は凄い。 すんごい、とことん邪悪(爆)
キム君(と、せしる)は邪悪系をキラキラ可愛く出来ちゃう、稀有な方だと思う。




   ●ナイチンゲール~童話のコラージュ~


これもナイス人選だなあ!!(大絶賛) かしちの誇るべき名場面です私的に。
……サヨナラショー、アラビアよりこっちやれば良かったのに(ぼそ)(個人的趣味です申し訳無い)


童話 『ナイチンゲール』 愛好家としては内容に少々の駄目出ししたいですが(こら)
場面としては大好きです。 超好きです。 王子、ブラッキーで素敵すぎる ―― !!
だって、私のために “歌え” ですよ。 命令形なんですよ、命令形!!(だから何)
黒王子(私は時々かしちをこう呼んでます)(爆)からそんな風に命令されちゃったら
跪いて忠誠誓いたくなりますよね! あのブーツに踏まれてみたくなりますよね!!
(と力説したら、母から真顔で 「アンタ大丈夫?」 と心配されました)(そりゃあね…)

や、でも真面目な話、この場面の人選はとっても大成功だったと思うんですよ。
ナイチンゲール@いづる姫、儚げで良いです。 動きが素晴らしく、鳥(誉めてます)
またそれを誘惑したり振り払ったりする王子@かしちが素晴らしく、鬼畜(誉めてます)
アミたんの歌声も雰囲気たっぷりで、この場面だけでかなりウハウハ楽しめます☆


今だったら私、この場面のために通えたかもしんないなあ。 イヤ、かなり本気で。




   ●時のコラージュ


すみません。 正直言ってこの場面がいちばん面白くなかった(正直すぎ!!)
場面のコンセプトは悪くないのになあ。 問題は振り付けだよな。 なんだか単調。

場面の冒頭とラストに登場するとなみちゃんが非常に良い仕事されております。
なんだかあの、纏ってる “ほわん” とした雰囲気がかえって狂気の沙汰って感じで
ミッキーの使い方が上手いのか、となみちゃんのお芝居の賜物かは謎ですが
場面に良いアクセントを与えているのかな、と……スミマセン素人の戯言です(爆)


ところでタブーの女より、この少年王(にしか見えない)の方が可愛く見えるのは
私だけじゃないよーな自信があるんですがどうなんでしょうかね(だから聞くなって)




   ●リズムのコラージュ


冒頭でかしちゃんと絡んでいる金髪さんは一体誰なんでしょーか?(首傾げ)
お顔が上手い具合に映ってくれないのでよく解りません。 頼むよN○K~~!!

タンバリンを使ったこの中詰め、楽しいですよね。 個人的には大好きですっ♪
……東宝でナマ観劇した時、どうしてこのショー印象薄かったんだろう(心底疑問)




   ●記憶のコラージュ


音楽って大事な要素ですよね。 曲ひとつでこんなにも印象が変わるとは!!
そんな訳で ☆斉藤恒芳氏ダイスキ☆ の私的にはとってもツボ場面でございました。

……このショー、初見の時なんで印象に残らなかったんだろう~?(まだ言ってる)

それにしても、じゅりぴょん→ハマコ→かしちゃんと歌い継いでいくと
それだけですっごい豪華な歌になりますね! 素晴らしい三重奏(じゃないけど)


コムさんが恋人@まーちゃんと再会するまでの間、色んな人と絡みますけど
かしちゃんと少し(※本当に少し)絡んだだけでギャアギャア大騒ぎする私と母は
相当に駄目なカシコム党員なんだと改めて自覚してみたり。 末期も末期だよ…。

……この作品。 唯一文句つけたい点はカシコムの絡みが無いことだわ(言ってろ)




   ●フィナーレ~波のコラージュ~


ビスマルカン@かしちゃんに見覚えが無い!! と思って驚いたんですけど
よくよく考えてみたら確かこの場面、東上する時お衣装が変わったんでしたっけ?
そんな訳でホネロックは新鮮におもしろかったです。 母は嫌がってましたが(笑)
私個人としては、かしちのコスプレ(コスプレ言うな)全然オッケー、大歓迎です♪
美形はコスプレしてなんぼだ ―― !!(えー)(スミマセン調子に乗りすぎました)

じゅりぴょん&となみのデュエットダンスから、コムまーデュエットダンスへと繋がる
この場面の流れはとっても好きです。 もちろん、音楽もダンスもぜんぶ含めて。
コムまーと言えばデュエットダンス!! てくらいにダンスなコンビだった訳ですけど
(その割にはさほどデュエットさせてもらってませんが)(しっ)(禁句禁句!!)
この “タイタニック” 私的にはコムまーデュエットのベスト3に入る場面だったり。
因みに他2つはワンダーランドのガイと 『あの日~』 の劇中ダンス(誰も聞いてません)





       *       *       *   





なんか、久々に見てみたら思いがけずおもしろい作品だったのが嬉しくって
ワクワク感想書き始めたのですが、書いてみたら大した感想じゃないですね(爆)
いつも以上に実の無い感想っぽくて……考察なんて嘘ばっかです申し訳無い。

でも見返してみたお陰で、ミッキーに対する評価がちょっと上がった気がしてます。

なんだかんだ文句付けつつも、ミッキーとは感性が合うのかもしれません。 私。
『ファンシー・ダンス』 も 『ジャズマニア』 も好き嫌いで言うなら好きですもん。
オギーやサイトー君の作品みたいに、ハマって深読みしたくなれる訳じゃないけど
気楽な気持ちで、最後まで飽きずに、楽しいなって思える類なのかな。 そんな感じ。




スポンサーサイト
【2007/08/30 22:26】 | かしこむ想ひ出語り。 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<雪の朝に見つけた白い花。@雪組 『A Little Flower』 考察。 | ホーム | こんな夢を見た。>>
コメント
こんばんは☆

自分のブログにコメント返しをしてから覘きにきたら、
なななんと「レコラ」語りをしてくださっているではありませんか!!
これはコメントをさせていただかなければ(使命)(違)

この前ちょろっと記事にさせていただきましたが、
ホント大好きです、このショー。
ぜひとも生で見たかった…

気づけば主題歌口ずさんでるし、
えりたんの赤スーツが鼻血もんだし、
ねずみ@キムは似合いすぎだし、
記憶のコラージュが好きすぎて好きすぎて死にそうだし(死ぬな)
じゅりぴょん中心の黒場面×2も好きだし・・・
ツボが多すぎてうまく語れません(笑)

あとかしちゃん。
ブラックとは行きませんが、
ドリキンの夢先案内人とか、Joyful!の中詰めとか、
ああいう感じのかしちゃん大好きです☆
ちょい鬼畜入りの雰囲気というか何というか…
美形の鬼畜ほど美味しいものはない!!


そして…
ホント、時のコラージュはつまらんですよね(直球)
えりたんが出てるのにすっ飛ばします(爆)

長々と失礼いたしました!!
【2007/08/31 00:29】 URL | なぽろん #oME6NTcM[ 編集] | page top↑

>なぽろんさん。

こんにちは~~コメントありがとうございます!!

そういえばコレ、最近CSで放送されたんでしたっけ?
私はかな~り前にBS2で放送されてたやつを
DVDに録っておいたので、それを久々に見てみました♪
ナマでも見たんですけどあんまり覚えていないのですよ(爆)
すみませんこんな奴で。 当時はツボらなかったらしい。
今見るととっても楽しいだけに、不思議なんですけど(笑)

記憶のコラージュは良いですよね~~私も死にそうです!!
あの場面のじゅりぴょんも難しい歌を軽々と歌いこなしていて
本当カッコ良いんですよ……黒場面も勿論ですけどっ☆
どこがツボかって言われたら全場面ツボって感じですよね。
……時のコラージュ以外は(ぼそ)(大変失礼)(ゴメンナサイ)
時のコラージュも冒頭と結末はけっこう好きなんだけどなあ。

私は、かしちゃんは断然ブラック派です(爆) すみません(笑)
『ドリキン』 の夢先案内人めっちゃ好きでしたよ~~!!
でも私は2部派だったので、砂漠の詩人にメロメロ(死語)でしたが。
美形の鬼畜ほど美味しいものは無い。 激しく同意です!!
可愛い子を苛めてニヤリ笑いして許されるのは美しいひとの特権!
(というのが持論です)(こんなこと言ってるから母に呆れられる…)

いえいえ~~長いコメント戴けますと、読んでいてめっさ楽しいです☆
て言うか私の方がなぽろんさんのとこで長いコメントしてますよね(爆)
(いつもいつも荒らしのよーに出没してゴメンナサイ)(謝られても…)


【2007/08/31 15:50】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/230-8bba6ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。