スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
運命はひそやかに忍び寄る。@花組 『TUXEDO JAZZ』 感想。

オギーは鬼なんじゃなかろうか、という至極勝手な作品考察。


なんか色々と電波を受信している記事ですので(爆)立ち入り要注意です。




 見 慣 れ ろ 。 ……と、言われているよーな気がする。


今回のショー、我が母上はあんまりお気に召さなかったらしい。
と言うのもオサさんとあやねちゃんの絡みがあまりに少なかったから。
私もなんだけど、オサあやスキーな我が母が花組さんを観劇する時は
トプコンビの絡みがいちばんの見どころと言っても過言ではない程なので。

同じくオサあやスキーな私にとっても、ちょっと物足りない感は多分に有る訳で
ムラ初見時には母と同じく、オサあやの絡みの少なさに文句たらたらで(笑)
東上後に2回観たら、ふたりの絡みは私の印象ほど少なくもなかったんだなと思った。
絡む回数自体は、少なくはない。 ただ絡み1回1回の時間がちょっと短いだけで。
少し踊って、或いはデュエットして、すぐ離れちゃうから。 印象に残り辛いだけで。


このショーの中では、あやねちゃんはオサさんと絡んでもすぐに離れてしまう。
むしろ他の花っ子さん達と並んだり踊ったりしている方が多いような印象。
特によく並んでいるのが、まっつ君。 それから、それ以上によく絡む、まとぶ君。
まとぶ君となんて2回もお揃いの衣装を着ている。 コンビ組んでるみたいに。

…………見慣れろ、と、言われているよーな気がしてしまう。 どうしても。




オサさんの卒業が近いんだろうな、ということは誰もが予想しているだろうと思う。
トプさんになってもう5年。 誰の目から見ても、今は余裕たっぷりの充実期。
そんなオサさんの、次の大劇場作品はイケコ脚本の 『アデュー・マルセイユ』
このタイトル見た時 『NEVER SAY GOODBYE』 を連想したのは私だけではない筈だ。

ディナーショーの予定までキッチリ立っている。 考えるなと言う方が無理だろう。
私だって考えたくなくて、だからずっと目を逸らして、知らないふりをしてきたけれど
小さな静かなカウントダウンは頭の隅の方でずっと響いていた。 そんな気がしてた。
それが自分の考えすぎ、勘違いであることを願いつつ。 頭の隅へ隅へと追いやって。


今回の 『TUXEDO JAZZ』 を見て、頭の隅へと追いやった、忘れていた筈だった
それを突きつけられたように思い出してしまった。 ……オギーって心底鬼だと思う(涙)




幕開けから、オサさんとあやねちゃんはすれ違い。 オサさんが舞台上に現れた時
あやねちゃんはオサさんに気づかずに、ほぼ入れ違いに舞台から去っていってしまう。
オサさんはずっと、歌っていたのに。 あやねちゃんが舞台にいる間、姿は見えなくても。
僕はここにいるのに君は気づかない、そんな歌を。(歌詞からしてすれ違い風味満々)

長いプロローグの間、それでもオサさんとあやねちゃんは、絡みますけどね。 少しだけ。
ふたりで赤いお衣装を着て銀橋デュエットするとこなんか、超かわいーですよ!!
……ただし。 ふたりがお揃いの衣装で並ぶのは、たぶんここだけ(だと思う)
この後はもう、フィナーレまでふたりは殆ど舞台上で出逢わないし、ろくに絡まないし。


「街角」 の場面は役名とお衣装から判断するに、プロローグから繋がっているようですが
ここにオサさんは全く登場しません。 あやねちゃんを中心としたカートゥン風味の世界。
他に登場するのはいっぽ君&みわっちペアに、いちかちゃん、それからまっつ君。
今回のショーでまっつ君は、オサさんがいない時、代理のよーに真ん中付近に出てきたり
やたらと要所要所のソロをもらったりとひとりだけ微妙に特別扱いされておりますね。

いちかタクシー(?)のクラッシュと共に、最後までドタバタしたまま 「街角」 は幕。
続いて 「アンタッチャブル」 ですが、ここへきてよーやくオサさんが出てくる訳です。
この場面は 「街角」 とは真逆に、最初から最後までシリアスでハードボイルドな印象。
で、おもしろいのはこの場面、登場人物が 「街角」 の時とかなり被るんですね。
いっぽ君・みわっち・まっつ君が前場面の 「街角」 から引き続きで登場。
「街角」 に未登場だった新キャラはののすみ、ゆまちゃん、そしてまとぶ君。
(まとぶ君も今回、一貫して同じ役周りっぽいですがその辺はまた後ほど)
そしてこの場面も 「街角」 と同じように、車のクラッシュ(音)で幕となります。


なんとなくですが。 私にはこのふたつの場面が、表裏って感じに見えるんですよね。
時間軸は平行してるんだけど同じ場所、みたいな。 パラレルワールドのようなものかな。
で、オサさんにとってのあやねちゃんは “運命の恋人” みたいなものなのかな、と。
オープニングでお揃いの赤いお衣装を着ていたふたりなので。 超個人的な感覚ですけど
“赤” って運命とか宿命とかを暗示する色のように思えるんですよ(感覚論で申し訳無い)
因みに今回のショーの中では、 “赤” は後々もう一度だけ印象的に出てきますね。
「ナイト・ジャズ」 の場面。 ひとりだけ赤いスーツのまとぶ君は強烈な印象でした。


中詰めへと続いていく仕立て屋の場面ですが、これは 「アンタッチャブル」 からの続き。
ここでようやく、 “オサさんの世界” にあやねちゃんが登場する訳なんですけど
ふたりはあまり絡まず、あやねちゃんはむしろまっつ君やまとぶ君と一緒に行動してます。
トプコンビは中詰めで少し絡んで踊りますが、中詰めはオサさんの幻想みたいなので
プロローグからなんとな~く繋がってきた物語とは、あまり関係はしていないのかなと。

……そういや書き忘れてたので今書きますが(爆)このショーも3部構成なんですね多分。
プロローグ/ 「街角」 ~ 「ナイト・ジャズ」 /フィナーレ、て感じでしょーか。
で、なんとなく繋がった物語になっているのは 「街角」 ~ 「ナイト・ジャズ」 で
プロローグは登場人物紹介、フィナーレはエピローグ部。 『タランテラ!』 と似てる。


そして 「ナイト・ジャズ」 ですが、やっぱりこの場面が一番気になってしまいました。
今まで出てきた登場人物総出演で、狂乱ムードいっぱいの世界になるんですけど
ずっとオサさんの対角として動いてたまとぶ君がここで本格的に牙を剥いてきたので。
まとぶ君はせっかく同じ世界で出逢えたオサさんとあやねちゃんをひっぺがし(笑)
そりゃもう、あからさまにオサさんに見せつけながら、あやねちゃんを連れ去ってしまう。

私にとって何よりひっかかったのは、あやねちゃんがオサさんに全く気づかないこと。
……気づかないと言うより、相手役として認識しない、と言った方が正確でしょうか。
それからもひとつ。 まとぶ君の表情に、敵意のようなものはカケラも見られないこと。
やってることはあんなあからさまなのに、ですよ。 いかにも適役、なカオはしないの。

私の勝手な解釈ですが。 この場面のあやねちゃんは、オサさんの相手役ではなく
そしてまとぶ君もオサさんの敵役ではない。 ……ということなのかな、と思います。

この場面のあやねちゃんは、薄緑色の綺麗なドレス。 オサさんは白のスーツ。
まとぶ君は場面冒頭では赤スーツでしたが、再登場後はオサさんと同じ白スーツです。
でも中のワイシャツの色は違いますね。 あやねちゃんと同じ、薄くて綺麗な緑色。
オサさんのワイシャツはと言うと、水色のような灰色のような、そんな感じの色です。
これを見て、私はまるで、あやねちゃんとまとぶ君がコンビみたいだなと思ったんです。
オサさんのお衣装の色だと、……どっちかと言うと、みわっちとペアっぽく見える。

初見の時は、オサあやねを引き離すまとぶ君という感じにしか見られなかったのですが。
もしかしたら。 まとぶ君こそが、あやねちゃんの本当の相手役さんなのであって
この狂乱の世界に迷い込んだオサさんこそが、 “異邦人” なのであって
まとぶ君はそれを正しただけなんじゃないかと。 2回目以降は、そんな風に見えました。




フィナーレでは待ち望んだオサあやねデュエットダンスが見られて、嬉しいけども。

でも、そこへ辿り着くまでの間、オサさんがろくに出てきてくれないことや、
まとぶ君・いっぽ君・みわっちという組み合わせで、長々一場面使っていることや、
それからパレードのお衣装は、まとぶ君とあやねちゃんがお揃いちっくなことや、

…………見慣れろ、と言われているような。 そんな気がしてならないんだ。




自分の勘違いや思い込みだったら恥ずかしいよなあ、なんて思いつつ。
……や、でも勘違いや思い込みだったらどんなに嬉しくて、気が楽になるだろうか。


私はね。 もう何年も花組さんを見てきて、今までも勿論、大好きだったけれど。
でも今の花組さんが大好きなんですよ。 オサさんがいて、あやねちゃんがいて、
まとぶ君もよーやく花っ子さんらしく見えてきて、ほのぼのした空気に満たされてて。
トプさん代替わり直後とかの、変動期真っ只中な組には出せない雰囲気だと思う。
変動期が良くないって言ってる訳じゃなくて。 ただ、今の充実期な花組さんは
他のどの組よりも安心して観に行くことの出来る、落ち着いた組だなぁと思うんです。

オサさんのことも。 お披露目公演の 『エリザベート』 からずっと見てきました。
相手役さんがみどりちゃんから、ふーちゃんになって。 今は可愛い幼な妻(笑)で、
逆隣りに瀬奈くんがいた時のことも知ってるし、ゆみこちゃんとの絡みも好きだった。
色々あったと思います。 ずっと安定した、平坦な道のりって訳じゃなかったと思う。
少しずつ貫禄や余裕を見せられるようになって、5年かけてようやく充実期に入って。


5年もやれば十分だろうって、言っているひとがいるのを聞いたことがあるけど。

私は、5年は長くないと思う。 6年だって7年だって、長すぎるとは思わない。
何年までが長期で何年までが短期で、なんて、そんな線引きは出来ないと思うから。
ファンにとっても、ご本人にとっても、1回1回が真剣勝負の舞台だと思うから。
何年やろうが 「長すぎる」 なんてことは無い。 十分だろうなんて、私は言えない。



だから、正直言うと、もっと見たい。 オサさんの舞台を。 今の花組さんの舞台を。



―――― 見慣れろ、と言われたって。  「イヤだ」 としか答えられないよ。




スポンサーサイト
【2007/05/09 17:56】 | はなぐみ観劇日記。 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<組ファンってワガママ。@花組 『TUXEDO JAZZ』 感想。 | ホーム | 男はロマンを、女は現実を。@花組 『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴』 感想。>>
コメント
トマさん♪
お久し振り・・・・・・ですよね!?(おい)
その節は、このイジケ虫@舞奈を励まして下さって本当にありがとうございました(深々)
ホンット物凄く嬉しゅうございました(感涙)
未だ色々問題は残ってるんですが・・・
何とか日1日回復して元の「普通のおバカさん」に戻りつつあります(それもどーかと)

さて、先日イジケ虫は突発的に黒蜥蜴ジャズに参戦しました。
と言うか現実逃避したい余り関東在住の友人に無理言って頼んで(爆)
本当に行って観て帰るのみのとんでもない強行軍だったんですが(笑)
お会いしたかった・・・貴女に!(え?)

実はトマさんのこのJAZZレポを1回だけ読ませて頂いて
居ても立ってもいられなくなったてのも理由の1つで(笑)
観劇して思うのは私もトマさんのご意見に共感します。
とてもトマさんみたいに巧く言葉が出て来ないのが悲しいけど(涙)
私もやはり「ナイトジャズ」が凄く印象的でした。
「擦れ違いのオサ彩音」が1番衝撃ですね・・・やはり。
何だかとっても切なくてね、あ~近いんだなって思わざるを得ないっすね。
見慣れろ!ってのは・・・心が拒絶して感じたくなかったんだけど(苦笑)
オギーは容赦ないなって思いますね。

今、別宅ブログで感想書き掛けてますが・・・
本音の本音の所を色々書こうかどうか躊躇してます。
いつの間にか別宅にも色んな方が飛んでいらっしゃるので(笑)
トマさん、もし良ければ聞いて頂けますか?
イジケ虫の愚痴も含めて(爆)(迷惑だよ!)
あ~長々とごめんなさいっ!!
では失礼致します(ぺこり)
【2007/05/17 01:07】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん♪

こんばんは。 いらっさいませ☆
ここでは本当に、ちょっぴりですけどお久しぶりですよね。

黒トカゲ&ジャズ観られたそうで。 おめでとうございますっっ!!(?)
や、舞奈さんとこの作品のお話出来るのがとっても嬉しいです♪
……って、どうやら私の戯言レポのせいもあるみたいで申し訳無い(汗)
私はホントいつでも電波受信しまくってる奴(爆)なんで
あまり本気にしちゃ駄目ですよ。 話半分に聞いてやってください~~。

とか言ってる私も、初見の時には心が拒絶反応バリバリでしたが(自爆)
誰にでも必ず訪れることだって、アタマでは理解してるんですけどね…。
もう本っっ当にここ数日は恐くて恐くて、落ち着かなくて仕方無くて、
……でも楽から5日経ったしもう大丈夫と思って良いかしら、なんて(爆)
そんな都合良いことばかり考えてます。 だって本気で嫌で堪らない。
ここまで嫌だと思ったの、正直、最近ではオサさんが一番だと思います…。
(コムさんの時は覚悟が決まっていたし、かしちゃんは寝耳に水だったし)

別宅ブログさんの方へは、明日にでも伺わせて頂きますね!!
本当は今夜すぐにでも飛びたいのですが、タイムオーバーみたいなので
落ち着いて読ませて頂きたいですし、きちんと時間を取ってから伺いますです。

こちらこそ、無駄に長いレスになってしまい申し訳ございませんでした!!


【2007/05/19 00:22】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/167-244001b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。