スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ふたりの世界。@花組 『ファントム』 感想。

9月5日の昼公演を観てきての感想です。

全体的にかなり絶賛の方向で。
特にオサあやねについてはフィーバー注意報発令中(苦笑)




予想とはちょっと違う方向性へ、ではありつつも
それでも期待以上だったので驚くやら嬉しいやら、だったのが。

すみれ閣下×さくらちゃん。

なんですかあのバカップル。

さくらちゃんてば。ほんと、オサ様大大大好きだよね!!
それに、閣下。人が違っちゃってますよ。誰ですか貴方(笑)
もー凄いのこの2人。完全にふたりの世界ですって感じ。
ちょっと久々に見たよ、こんな恥ずかしくて楽しいカップル!!




そんな訳で。

すみれ閣下×さくらちゃんの新カプが、あまりに自分的ツボだったので
来週のチケットを1枚うっかり入手してしまいました(爆)
もう笑ってやってください。あははは。男女カップルは大好きなんです。
元々さくらちゃん大好きな私、ツボに入るだろう予想はしてましたが
まさか2人そろってこんな嬉し楽しいことになってるとは、思わなくて。



ところで2年前の宙組版と(頭の中で)観比べてみての感想ですが
作品としてどうかということは、ひとまず置いておくとして。

私の好みは、今回の花組版みたいです。

……や、本当に、どっちが良いとかいう話じゃないですよ?
脚本演出も大幅には変えられていないし、そんなに別物にはなってないし。
ただ、私の好みとしては、花組版の方がすとんと落ちたかな、と。
納得しやすかった、と言えば良いでしょーか。言葉って難しいなあ。




ぶっちゃけ、完成度的には、宙組版のが高かった気がするんですが。

単に私の好みとして、特にファントムとクリスティーヌの関係が
タカハナよりはオサあやねに合っているかなと。そう思っただけです。


私は、タカハナの真骨頂は 『BOXMAN』 だと思い込んでいる人なので。
ハナちゃんクリスティーヌは歌えるわ美しいわで、もう完璧☆なんですけど
良くも悪くも賢そうに見えてしまうのが、ハナちゃんらしいと言うか。
クリスティーヌってある程度馬鹿じゃないと悪女に見えがちだと思うんです。
その辺、さくらちゃんは(精神的に)幼いので、少女の愚かさと言うか
無知ゆえの残酷さ、みたいに見えて。ヒドイ女だけど許せる気がする(笑)

エリックは、タカコさんとすみれ閣下では、だいぶアプローチが違うので
どっちが良いとか悪いとか正しいとかはとても言えないんですけども
何て言うんだろ…すみれ閣下の方が、人間ぽい?感じがしました。私は。
タカコさんは生まれながらに孤独や哀しみを秘めていそうにも見えるんだけど
すみれ閣下は閉じ込められた子どもがそのまま大人になったような雰囲気。




DVDを見て、この発見をし、お教えくださった方がいるんですけど↓

ファントムと出逢った後の、クリスティーヌの衣装なのですが
宙組版では総て 「白」 に統一されているんだそうです。
因みに花組版では水色やら黄色やら、色々着てますよね。さくらちゃんは。

――情報提供くださったYさん、本当にありがとうございました(深々)




これはあくまで私の感性での、勝手な考えなんですが。

宙組版クリスティーヌは 「怪人」 エリックにとっての 「聖女」 であり
花組版クリスティーヌは 「青年」 エリックにとっての 「少女」 である。


……という気がするんですよね。なんとなく。私には。


宙組版はキャリエールを専科から特出のじゅりぴょんが演っていたせいか
(じゅりぴょんは元宙っ子ですが、心構えはやっぱり違う気がする)
エリック@タカコさんとの関係が割と硬質的に見えた、と言うか。
一人の少女を傷つけた代償として生まれたのがエリック@タカコさんであり
だから彼には最初から 「孤独」 が運命づけられてたように見えた気がして。
「怪物」 として生まれることも 「怪人」 として生きることも、さだめ。
エリック@タカコさんにとっての人生は 「絶望」 と決まっていて
そこから一時救い出し、夢を見せてくれたのが 「聖女」 クリスティーヌ。

花組版は…キャリエール@ゆみこちゃん、お子様を溺愛していてね(苦笑)
エリック@すみれ閣下、愛されてることは解っていたんじゃないかと。
でも閉じ込められ、誰とも触れ合わず、幼い心のまま育ってきてしまった。
クリスティーヌ@さくらちゃんは彼が長年求めていた生身の 「少女」 かな。
直接的に触れ合って、愛し愛されることの出来る相手。理想の女の子。


なので。宙組版クリスティーヌには、お衣装も 「聖女」 らしい白。
花組版では様々な色を着せることによって 「少女性」の方をより強調した
……のだとしたら、その演出に私は超納得だし大賛成なんですけど
中村センセがそこまで考えてると思ってイイですか?(←失礼なこと聞くなよ)




まぁいいや(笑) 前置きが長くなり、申し訳無かったんですけど
そろそろ出演者様別の感想いきます。今回はホント長くてすみませんです↓



     *     *     *     



   ●エリック@すみれ閣下。

相変わらずお美しい歌声ですよねえ(うっとり)
すみれ閣下の歌声は大好きです。本当にビロードのようです。

エリックのキャラクタは、思いの外(笑)閣下にハマってました。
ちょこんと真っ直ぐに立っているとお人形のようなそのひとが
(閣下特有の、あの)寂しげな影を覗かせて微笑うと
何だかそれだけで胸に詰まるものがあって。何て言うか何て言うか、

とにかく 可愛かった です(←え、それが結論?/爆)

だってだって。どうしちゃったの、ホント可愛いよ、あのひと!!
クリスティーヌ@さくらちゃんを自分の庭へと案内した時なんて
持参したバスケットからお弁当とか水筒とか出すんですよ(←そこかよ!)
もう本っっ当にね、子どもなの。でも青年なの。けれど幼いの。
あんまり可愛くてちょっと動揺した(笑) とっても素敵なエリックでした。


   ●クリスティーヌ@さくらちゃん。

「パリのメロディ」 のナンバー、歌い出しの声が少し小さくて
ちょっと心配したんですけど予想以上に歌えてましたね。全編通して。
て、言うか。今更気づいた。さくらちゃん、声はふつーに綺麗ですよね?
ただ旋律を覚えて音を取るのがヒトよか苦手なんだよね?
だって音は時々危なげだったけど、声はけっこー綺麗に出ていたもの。
そっかそっか。だから世間的認識が 「歌苦手」 なんだな。納得。

なにぶん、トプさんになったばかりで、全体的にもう必死と言うか
お芝居ではいっぱいいっぱいな感もしばしば垣間見えたりしたんですけど。
でも相手役の閣下が超余裕で(笑)暖かくさくらちゃんを包みこんでいたので
そんな構図もエリック×クリスティーヌらしくて、微笑ましく思えたり。

エリックに仮面を外させた上に逃げ出す、問題のシーン(笑)ですが
クリスティーヌはうっかり本当に愛の力を信じちゃってたのね、て感じ。
とにかく少女性が際立っているので、悪女には全く見えないぶん
エリックとの恋がこの先彼女の人生にトラウマ残さないか心配な気もする。


   ●キャリエール@ゆみこちゃん。

すんごい頑張って中年のオジサマを演じておりました(笑)
どんな非道な役を演っても心からの悪人には決して見えないのは
良くも悪くも、なのかなあ。なんてことを少し思ってみたり。

宙組版じゅりぴょんの時には見えた、人間の、男の、身勝手さなんかが
ゆみこちゃんだとあまり出ていなくて、それは良いのか悪いのか…。
とにかく子どものことは何気にとっても愛して育てていそうでした(笑)
すみれ閣下とお芝居の呼吸が良いのは、やっぱり組子同士だから、なのかな。
ゆみこちゃんが組替えになったら閣下は寂しいだろうなあ…(ほろり)

銀橋でエリック@すみれ閣下に父親だと打ち明け、抱きしめる場面では
2人そろって涙ボロボロの大熱演でございました。流石。


   ●フィリップ@まとぶ。

このひと年々ぶんちゃんに似てくるよーな気がするんですけど(笑)

長髪of金髪で格好良かった!! まとぶ正統派二枚目!!
あれなら劇団員にモテモテなのも超納得ですよ。私も侍りたい(爆)
プレイボーイ然とした態度で、その基本設定を常に体現して見せながらも
クリスティーヌ@さくらちゃんへの真剣な想いは覗かせてくださって
あやねファンとしては非常に美味しかったです。ありがとうまとぶ!!

ラストシーン、クリスティーヌがエリックを抱いているところで
2人の間に割って入れない何かを感じているような表情が絶品でした。


   ●カルロッタ@タキちゃん。

すげ―――巧いっすよ。そんなの今更、ヅカ界の常識かもしれませんけど。
非の打ちどころが無さすぎて、書くこと無くて困ってんですが(苦笑)
隣りで観劇していたパンピーの友人(※いっぽ君ファン候補生)も
休憩時間になるやいなや、タキちゃんのことは一番に誉めていたな確か。

ところで月組への異動は 『ファントム』 千秋楽後、でしたっけ?
こんな器用なひとを組長として迎えられるなんて。良いなぁ月組。ずるい。
……独占禁止法には引っかからないんだろうか(←何言ってんですか?)


   ●アラン@はっちさん。

巧いんだけど、タキちゃんの勢いに少々押されがち…?(に、見えた)
このひとも、憎々しい役柄を演じてもどこか人の好さが覗いてしまうのは
良くも悪くもな気がするなあ、なんて思ってしまうような愛嬌で(笑)

……タハルカ@ 『黄金のファラオ』 は極悪人だったのになあ(←何時の話)


   ●セルジョ/青年キャリエール@みわっち。

あたし、このひとのお芝居けっこー好きかもしれません(←突然告白)
場面の色によってすっと人相が変わるのが、とっても面白くて。
顔もかわいーし。あのすみれ閣下相手でもきっちりガン飛ばすし(笑)
いいなぁ、みわっち。今後は注目しておこうと思います☆

……あ。べラドーヴァ@りりちゃんとのお芝居も、勿論オモロでした。
(↑何その評価/私の中では最大限の誉め言葉なんです!!)


   ●リシャール@まっつ君。

今回の、オサあやねに続くツボその2。まっつ君×いちかちゃん。
えーっと劇団員仲間のフローラ@いちかちゃんとは
友達以上恋人未満ということでよろしいんでしょうかね?(脳内決定)
ビストロの場面なんですけど、ホントかわいーんですこの2人。
終始隣り同士でくっちゃべっていて、どう見てもいちかが強くて、
尻に敷かれてる風味一杯なまっつ君が可愛くって堪りませんです(萌)

まっつ君。注目して見たのは、実は今回が初めてなんですけど
おっちょんさんをだいぶヘタレにしたよーな感じで超好みです(笑)
いいなぁ、まっつ君。今後の注目株がまた増えてしまいました☆

……あ。劇中劇 『フェアリークイーン』 では、まっつ君にソロが有ります。
これがまた美しー歌声なので、観劇される方はご期待くださいませ♪
この場面でオーベロンのビッグなお衣装に明らかに着られているまっつ君も
なかなか可愛かったりするので見ものかもしれませんよ(←なんつう言い草)


   ●ラシュナル@そのか君。

みわそのまつ3兄弟の中では、唯一の漢部門担当?(たぶん/←コラ)
良い意味での男臭さがあって格好良かったです。ほれぼれ。
冒頭、パリの場面では、3兄弟でとても楽しい小芝居をされていて
(そのせいで娘役さんチェックが出来なかったんですが/←超言いがかり)
良いトリオだな~と感じただけに千秋楽後の異動は寂しいですけど
瀬奈くんと仲良しさんらしいので、月組でのそのか君も楽しみにしてます♪


   ●ソレリ@キホーヌ。

……キホーヌがこーゆー役演ると、迫力有るよね……(どきどき)
きっつい美人さんて感じで。宙組版ソレリ@かなみんも可愛かったけど、
ソレリのキャラクタ考えるなら、こういうのも有りかもしれない…。
解りやすくて、良かったです。そして歌は当然のように上手かった(惚)


   ●フローラ@いちかちゃん。

どこにいても可愛いな!!(大絶賛) しかもすぐ見つかる!!
お揃いのバレリーナなお衣装で、皆に混じって踊っていても
独特の愛らしさと華やかさと小ささ(笑)で即座に発見出来ますよ。
この持ち味は、財産ですよね。ホント可愛い。可愛さは武器だ(断言)

配役発表聞いた時には、いちかには勿体無い役だな~と思いましたが
ソレリよりはフローラの方が、柄には合ってるかもしれませんな。
是非とも千秋楽までまっつ君をイジり倒してください。ヨロシク(笑)


   ●ジャン・クロード@さおたさん。

落ち着きが有り、渋くて、格好イイ、素敵なオジサマでした(笑)
さおたさんはもう既に“男役芸”が完成されている上、
よっぽど変な役演らせない限り、何やっても格好良くていいなぁ。
クリスティーヌ@さくらちゃんに対する、限り無い優しさが
父性愛のようなものを感じさせて素晴らしかったなと。個人的には。



     *     *     *     



ところで今回、自分的にとっても意外だったことのひとつが

すみれ閣下がナルシストキャラを封印していたこと(笑)

や、だって、黄泉の帝王を、ナルシストートに演じた方ですよっ?
ぜったいぜったいエリックも自己愛いっぱいになるもんだと信じてて(爆)
いざ観てみたら、まあ自己愛はそれなりに有ったんですけども、
でもナルシストでは無かったですね。可愛い子どもだった。びっくり。


……が。物語中はナルシストを封印しておられた、閣下でしたが。


最高だったのが、フィナーレのデュエットダンスですよ。

ナルシーすみれ閣下復活(大笑)

いや、流石ですよ閣下! やっぱり閣下はそうでなくっちゃ!!
「女を侍らせるオレ格好イイなあ」 的な、その勢いで行ってくれなきゃ!
さくらちゃんをリードする閣下は間違い無くナルシーでしたよ(断言)
期待どおり。素敵すぎ。やっぱ私、すみれ閣下大好きだッッ!!


因みにこのデュエットダンスも、個人的ツボにはまりまくりで。
だってさくらちゃんが本当に、ほんとーーっっに閣下大好きで!!
凄いの。彼女、すみれ閣下の正面にいようと横にいようと背後にいようと
暇さえ有れば閣下のこと見てるの。そして、うっとりしているのよ。

さくらちゃん。貴女そんなにも閣下のことが好きですか(笑)

大好きで大好きで雲の上のスターさんで、尊敬してやまないのね…。

そんな、さくらちゃんですから。自分ダイスキ、ナルシーな閣下も(←こら)
あまりに解りやすいそのラブラブ視線には気づくのね。いくらなんでも。
でもって 「可愛いヤツめ」 て感じに、自信満々に見つめ返すんですよ!!
額をツン☆とかしてそうな勢いなんですよ、もー楽しいのなんのって♪


このバカップルが 『うたかたの恋』 なんて、さぞかし楽しい公演だろな…。

地元のチケットが1枚ゲット出来たのを神に感謝したい気分です(嬉)




……とまあ、秋深まる頃に想いを馳せる、その前に。

花組 『ファントム』 に関しては来週と、それから前楽(!)にと
まだ2回の観劇が残っていますので。先ずそちらを楽しみにしております♪



そんな訳なので、深読み考察は、来週の2回目観劇以降に。



スポンサーサイト
【2006/09/08 15:00】 | はなぐみ観劇日記。 | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
<<メモメモ。 | ホーム | この件に関して、最後のグダグダです。>>
コメント

あ~~~んっ♪
やっぱ、閣下とアヤネ嬢は・・・
立派なバカップルだったのですね~~v-238
【2006/09/09 01:49】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑
大失敗!途中で送信しちゃったよ(泣)
まだまだ書き込みたかったのに・・・はじゅかしい(恥)

えっと・・・そうそう。
閣下のアヤネ嬢猫っ可愛がりオヤジっぷり!
すごいっしょ!?ね?ね?ね?
あんな閣下見た事ないと思いません?
私は未だファントム観てないんですけど・・・
アパマンシネマで思いましたもん!

何、あの閣下は~~~っ!!!って(笑)

そーですか。
アヤネ嬢は更に閣下にデレデレでしたか(嬉)
いやいや、これからが楽しみな世紀のバカップル誕生♪っすな(笑)

マジで楽しみですよね~!

バカップルな・・・う・た・か・た♪
【2006/09/09 01:57】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑
コムばんは~v-238
遅くなりましたが、入れましたv-237
【2006/09/09 23:27】 URL | ゆう #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん。

ええ、本当に、紛うこと無き立派なバカップルでした(笑)
バカップル好きの私としては堪らないトプコンビです。素敵すぎる。

私も、閣下→さくらっちの猫っ可愛がりっぷりにつきましては
事前に舞奈さんから聞いていたこともあり(笑)期待値通りだったんですけど
よもや、さくらちゃんがあんなに閣下らぶ!だとは思わなかったので…
ナルシストさんな閣下にはピッタリなお相手さんだと感動しました☆

『うたかた』 は本当の本当に楽しみですッッ!!
出来れば市川も観たいんですが…月の全ツも入手しちゃったので(←え?)
秋~冬は観劇ラッシュになりそうなんですよね。恐すぎる…。





>ゆうさん。

はい~いらっしゃいませ♪
無事に来て頂けたみたいで嬉しいです。
相変わらず大したことは書いてないブログなんですけど
よろしければ今後も遊びに来てやってくださいませ。


【2006/09/10 00:28】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
聖女と少女の違い……なるほど!!
悩み続けていた宙クリスと花クリスの定義?みたいなものが、ようやく解決した感じ♪(^人^)
森での春野氏いいですよね!
あの場面、急に声とか高めになりますし、少年ぽくて可愛い(笑)

宙エリックは、M・ジャクソンだと思った私です。
何年か前やっていた彼のドキュメンタリー?みたいな番組をご存知ですか?
美しい物を追い求めるのに手に入らなくて、
しかもその追い方は常人の理解を越えている為に更に孤独になっていく。
それでいてどことなく、自分の世界に酔っているような…
彼に宙エリックが凄く重なって見えましたhttp://blog50.fc2.com/image/icon/i/F9AB.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
【2006/09/10 02:52】 URL | 夜霧 #ifS4lTEk[ 編集] | page top↑

>夜霧さん。

いらっしゃいませ!!
情報提供本当にありがとうございました(ぺこり)
自力では気づかなかった可能性大なので…感謝感謝でございます♪
(でも今回の解釈も根拠は超自分感覚ですけど/申し訳無い…)

エリック@閣下in森(←微妙に解り辛い)は良いですよね!!
そう、声とか表情とかが少年ちっくで可愛い~のですよ☆

宙エリックはM・ジャクソン…なるほど、そうかも!!
タカコさんがまた美しーから、余計にそんな感じな気がします。
(閣下エリックは美しいと言うより可愛い/←そればっか)
クリス@ハナちゃんのことも、自分の理想を重ねるあまり
少々美化してしまってるようにも思えますね…私的には。

夜霧さんとお話していて、ちょっと宙版DVDが欲しくなりました(爆)
欲張りだなあ自分。出費控えてるんだから、ケチケチしないと!!

【2006/09/11 01:16】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
トマさん!!!(泣)

TBしようとしたんですが何か大失敗したみたいで(汗)
妙チキリンな事になってますっ!!!
ゴメンナサイ(深々)

取り急ぎココの妙チキリンなTBは消して頂けますか?
明日またゆっくりトライしてみます。
御迷惑掛けて申し訳ありません(滝汗)
【2006/10/10 00:20】 URL | 舞奈 #-[ 編集] | page top↑

>舞奈さん。

TBありがとうございますー!! 光栄です!!
そう、うちのTB、管理人の承認が必要なんですよ確か…。
自分で設定した筈なのにすっかり忘れてました(自爆)

そんな訳で、今は無事にTB表示されている筈!!(自信薄)(こら)
お手数おかけしてしまったみたいで、本当に申し訳無かったです。


【2006/10/15 00:06】 URL | トマ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/14-793c273d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
仮面の下の・・・True Heart♪?
サラッとした感想から・・・ドロッとした考察(笑)いきます!例によって非っ常に自分本位で勝手な考察ですので何じゃこりゃ!?ええ加減にせーよ!!・・・なお怒り勃発かと。因みに・・・私メが常々尊敬して止まない♪トマさんの『ファントム』考察コチラとか... Maina のぐるぐる日和♪【2006/10/11 00:32】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。