スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チカたんへのラヴレター状態(爆)@雪組中日劇場 『星影の人』 感想。

常以上にアッタマ悪い感じの感想しか書いてません申し訳無い(爆)


基本的に絶賛方向です。 書いてる人は駄目な雪組ファンですから。
それから相変わらずネタバレも全然気にしてませんので要注意。




あのですね。 嬉しいことに、最前列センターブロックでの観劇だったのですよ。
チカたんとかとなみとかゆみこちゃんとかがすぐ目の前だったのですよ。

もうね、駄目駄目でした私が。 すっかり 痛いファンモード で。

チカたん可愛いー!! となみ綺麗ー!! ゆみちゃん格好イイー!! きゃー☆と
終始ドキドキウハウハしてるうちに気がついたらお芝居終わってました(爆)
お陰でお芝居の細部は愚か、良し悪しすらもサッパリ解ってません。 阿呆すぎる…。
そんな訳でアテになる感想は言えないんですけど雪担的には楽しかったです☆(笑顔)



……なんっか、もー……全然参考にならない感想しか言えず申し訳無いっす(深々)

仕方が無いので出演者様別に、ツボなポイントを書いていってみますね。
例によって超個人的な観点による感想ですので話半分に読んでやってくださいませ↓




       *       *       *       




   ●沖田総司@チカたん。


ちょーーー可愛かった!!(ハイ、痛いファンがここに1名)(申し訳無い…)

チカたんね、あくまで私の主観ですけど、和モノ得意じゃないと思うんですよ。
沖田君も、だから腰落ち着いてないし(笑)緊張もあってかソワソワした感じで。
でもそんなとこが逆にいかにも若僧って印象で。 自然に若々しく見えて。
爽やかで、ミョ~に初々しくて、すんばらしく可愛かったですとも!!(力説)

偶然なのか、私が観た回はチカたんが凡ミスする姿が多く見られましてね(笑)
冒頭、舞台の真ん中で格好良くポーズ決める筈が滑ってスライディングしてみたり、
そのあとすぐに履いてた草履すっ飛ばしたり、良い雰囲気の場面で台詞噛んだり。
でも草履を飛ばした時には、その時の踊りがひと段落してからきちんと拾いまして
「ちっ」 てカオしながら拾った草履を足元にペイッと投げて履き直しました。
その一連の動作と表情が正しく沖田君て感じで可愛くて格好良かったです(はぁと)

……すみません。 今回の私、本当に駄目なファンモード入ってると思う(爆)

とにかく沖田君@チカたんは(私には)何やっても本っっ当に可愛くてですね!!
個人的に特にツボだったのは玉勇@となみとのデートを目撃されちゃった場面。
隊士達につつかれからかわれるチカたんが、可愛くってしょーがなくて(でれでれ)
見ていて楽しくて仕方無かったです。 私も心から交じりたかった(大真面目)

あ、可愛い可愛いばかり言うてますが、殺陣はめっちゃ格好良かったですよ!!




   ●玉勇@となみ。


“女” の魅力ばかりを抽出して作り上げた京人形が動いてました(意味不明)
すっごい可愛くて綺麗で、色っぽいのに品があって艶やかで…ああ語彙力欲しい。
とにかく目を奪われました。 こんな芸妓さんがいたら祇園に通いますよ、私は!

星組さんに嫁入りしていたとなみが、一段と美しくなって帰ってきました(感涙)

京都弁が本当に似合うの!! となみの仕草が女らしくて、はんなりしてるから
やわらかい京ことばで喋ると品の良さと愛らしさが5割増しなの!!(力説)
玉勇は舞妓ではなく芸妓さんで、だから後輩とかもそれなりいる立場なんですけど
星組さんでトプ娘役を経験させてもらって帰ってきたとなみの貫禄や余裕が
新人舞妓とは明らかに違う芸妓・玉勇らしい説得力を出していたように思えました。

沖田君@チカたんを見上げる時の表情、特に大きな瞳がめっちゃ愛らしくって、
かと思うと、舞を踊る時には涼やかで静かな気迫を秘めた緊張感をみなぎらせて。
そのメリハリと言うかギャップと言うかが最強で、見ている私が動揺します(何故)
今までとなみは洋モノ向けかと思ってましたが和モノも全然いけますよ!!
華やかさはそのままに、洋モノの時とはまた違った色香に即落ちでした私が(爆)

肝心の、チカたんとのお芝居の相性ですが。 あくまで私の主観で見た話ですけど、
ものすごーく良いかどうかは解りませんが決して悪くは無いんじゃないかと。
まだチカたんにあまり余裕が無いので(笑)その辺がイマイチ未知数っぽいですが
今のところは、真ん中で必死こいてるチカたんをとなみが暖かく見守っていて
時々優しくフォローしてくれてる感じで、つくづく良い嫁をもらったなぁと(しみじみ)




   ●土方歳三@ゆみこちゃん。


予想していたよか2倍くらい格好良くて大穴的にびっくりした(失礼)(申し訳無い)
……イヤ、ゆみこちゃんの土方さんがここまでハマると思ってなかったもので。

なんて言うかね、私的にはチカたんよりずっと腰落ち着いてましたね!!(笑)
腰落ち着いててどっしり構えてて、無理に年上を演じてる風味も全然無くて、
すんごい格好良かったです。 加代@杏奈ちゃんとのやりとりにトキメキました。
暗転ラヴシーンの続きが是非とも観たいですよ。 続き続き!(黙りましょう)

そしてお歌は相変わらず上手でした。 聞いていて気持ちの良い歌声です(ほれぼれ)




   ●山崎丞@ハマコ。


私のお席は上手寄りだったので、お芝居だと割とハマコポジションでした(笑)
もうね、達者すぎて楽しいですこのひと。 そのまんま山崎(意味不明)(時事ネタ?)

何よりも書いておきたいのは、殺陣! ちょー格好良かった!!(大絶賛)
ただでさえたくし上げ状態な着物の裾を、ガッと足開いて更に広げるのこの方は!
そこまで女捨ててるの貴方だけですってば(大笑)  勿論、惚れ直しました☆




   ●桂小五郎@テル。


テルを見ていたら、ポスター撮影時の竜馬@かしちを思い出しました。 私は。
あのかしちゃんも綺麗すぎて、竜馬としては何か間違ってる感いっぱいでしたが
でもかしちの場合は演技でカバーしていたので。 舞台上だと違和感無いんですよ。
テルは演技でカバーできてなかった(爆) そんなキザった桂、いませんて!!

……あー、もー、大好きだわテル。 それでこそテル(何を求めてるんだ俺)

幾松@いづる姫との芝居の噛み合わなさっぷりも予想通りに凄まじかった(笑)
片や棒立ちの男役、片や猪突猛進型の娘役なので(私的に) いやはやいやはや。
常時ヒートアップのいづる姫、何度でも正面からテルに突っ込んでは激突・玉砕。
……て感じに、私には見えました(大笑) すげー楽しかった(ゴメンナサイ)
今にして思うと、このテル相手にきちんとラブシーンしてたヒメたんは偉大だった。
(※ 『あの日見た夢に』 のロッキー×フラニーね)(舞咲フラニーは伝説です)

それにしてもテル、ひとりだけぶっちぎりで大きくて格好良かった(ほれぼれ)




   ●山南敬介@ひろみちゃん。


一生懸命頑張ってチカたんより偉ぶってる感じがめっさ可愛かったです(爆)
……うん、基本的に私はひろみちゃんに激甘なので正しい評価下せない気がする。

私の気のせいかもしれませんが、個人的には案外攻め芝居かも?と思いました。
明里@リサリサと会話してる時よか切腹前の演説(違)の方が印象に残った気が。
ま、これまた頑張ってリサリサを包容しようとしてるとこもかわいーんですが。
(ホラやっぱり駄目なファン的視点)(スミマセンひろみちゃん大好きなんです…)

和モノの所作は予想してたより出来てた気がする。 …ってのは甘い評価ですか?




   ●幾松@いづる姫。


テルとの芝居の相性の悪さはもう既に語らせて頂いたから、良いとして(笑)

芝居の悪さはさておき、テル×いづる姫の並びにはめっちゃ萌えました(爆)
テルがおっきくで程好くガタイ良いもんだからいづる姫がちっちゃくて!!
いづる姫は華奢だけどおっきめな娘役さんですが、身長が全く気になりません!
怪我してる桂@テルに幾松が肩を貸してあげて、ふたりで歩いてくとこなんか
テルに肩を包まれてるいづる姫が正に “スッポリサイズ” でもう激・萌 ☆(黙れ)
いづる姫スキーとしては堪らん並びでした。 ショーで組めお前ら!!(暴言)




   ●おみよ@シナぼん。


いるだけで可愛かった~~(ほわほわ) 相変わらずの癒しっ娘でした。
しかも “可愛さ” を武器に笑いを取れるので、何気にオイシイ役だと思う(笑)

おみよ→沖田先生という構図はミズシナ好きの私には堪りませんでした!!
……欲を言えばこの恋愛もきちんと完結させて欲しかったけどな(禁句)




   ●早苗@かおりん。


こんなに動いて喋ってるかおりんを久しぶりに見た気が(それこそ禁句)
お陰で早苗の役やってるのが誰なのか、後半になるまで気づきませんでしたよ…。

こういうオトコマエなヒロイン役、かおりんに案外似合うんだなあと思いました。
ナチュラルにデフォルトに毅然としてて凛々しくて。 格好良かったです。
そして後半に初めて女らしい着物姿で出てくるところがまた、なかなか美人さんで。
沖田君に対する想い、あれは “恋” と捉えて良いんですよね? そうですよね?

……可愛い娘からモテまくりのチカたん(嬉) 私的に美味しいなぁ、この構図。




   ●永倉新八@わんこちゃん。


ヅカにおけるラスト舞台ということで(涙) いちいち頑張って探してしまったよ。
今回は割と肩の力を抜いたお芝居をしている印象で、最後だからかな~と思っていたら
やってくれましたよ、山南さん@ひろみちゃんの切腹が決まってしまう場面で、
人一倍ヒートアップした 「ヤマナミさんッッ!!」 ……それでこそわんこちゃん!!
いつでも全身から “一生懸命さ” が溢れ出ていたお芝居、個人的に大好きでした。

新八君はコミカルな場面に出たりしてたので、楽しそーに演技してたのが印象的です。




       *       *       *       




……とまぁこんな感じで、雪組ファンとしては非常に楽しい舞台でございました。


作品としては、このラストはどうなのかな?と思うところが無くもなかったり、
それより超有名な池田屋事件をラジオドラマで済ますのはどうなの?と思ったり、
不満が全然無かった訳じゃないんですが好きか嫌いかと言われたら好きです(笑)
予想より地味な作品でしたが、小劇場でやるには良い塩梅じゃないでしょーか。

強いて言えば、下級生にチカたんより大人な役ばかり振るのは無理がありますけど
個人的には若手の雪っ子さん達が揃いも揃って一生懸命に偉ぶってみたり、
皆でチカたんを囲んで小突き回したりしてる構図が超絶楽しかったので無問題(爆)
そういや少数派な自信満々なんですけど、私、黒よりも白チカたん派なのですよー。
ついでに受キャラだと思ってますから(何の話) イジメられるチカたんは大好物☆


敬語の似合いっぷりや、意外と高い声、トプさん就任による余裕の無さも含めて
沖田総司という役は思いの外、チカたんに似合っているんじゃないかと思いました。
いっぱいいっぱい感を失わずに(笑)このまま楽まで頑張ってくれたら良いなあ。


てゆーかもう1回中日行きたいよ! チカたんがだいすきだ――っっ!!(絶叫)




スポンサーサイト
【2007/02/12 00:38】 | ゆきぐみ観劇日記。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<水色の雪と、白い花。@雪組中日劇場 『Joyful !!Ⅱ』 感想。 | ホーム | アキバ初体験☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toma723kanon.blog50.fc2.com/tb.php/122-dd3ed76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。